水回りに革命!【ダイソー】が「スポンジの置き場所が無い(泣)」問題解消!キッチン便利2選

  • 2021年04月14日公開

こんにちは、ヨムーノライターの小町ねずです。

シンク周りで邪魔に感じるのが、キッチンスポンジの存在です。これまでラックに置いていましたが、狭いシンクで場所をとるしラックの掃除も面倒で……。
そんな煩わしいスポンジ収納に革命を起こしたのが、今回ご紹介するスポンジホルダーです。

ラックとは違い、スポンジホルダーは「引っ掛けて」収納するアイテムです。置き場所を取らず、見た目がスッキリするのが長所。

ダイソーには数種類のスポンジホルダーがありましたが、その中からスポンジを「浮かせる」タイプを2種類購入してみました。

浮かせるタイプはスポンジの水キレがよく、衛生的に収納できるのが嬉しいところ。我が家の日当たりが悪いキッチンでは、清潔に保つために水キレの良さは重要なポイントなんです。
2種類の浮かせるスポンジホルダーの使い心地をレビューしていきます!

①浮かせるスポンジホルダーUK!UK!mini

購入店:ダイソー
価格:110円(税込)

丸い形が特徴的なこちらは吸盤つき。シンクに吸着させて使用します。

角度がついているためスポンジを引っ掛けると斜めになり、しっかりと水が切れる仕組みです。
角度は固定されていて、変更はできません。この点はちょっと残念。

グルっと囲むようについた6個の爪で、スポンジを引っ掛けます。
素材はポリプロピレン製。真っ白だし、使い続けていると汚れが気になるかも。
価格は100円なので、汚れたら買い替える、と割り切った方がよさそうです。

商品台紙に書かれた使用方法を参考に装着してください。
シンク以外に、鏡や洗面台などにも取付けが可能なようです。

使い勝手は?

シンクに貼り付けてみました。
スポンジがシンクからしっかり離れるようになっています。
小ぶりサイズですが、白色なのでちょっと目立つかな?

吸盤タイプは設置場所を簡単に変えられるのが長所。
もっと高い方が手に取りやすい、もっと手前の方が目立たない、と自分の好みの位置に調節ができます。

普段使用しているのは、目の粗いウレタンスポンジと汚れ落ちのよいナイロン不織布が貼りあわされたこのスポンジ。

↑ウレタンスポンジ面 ↑ナイロン不織布面

両面で引っ掛けることができましたが、引っかかりやすのが、ナイロン不織布の方でした。表面がワシャっとしているからか、雑に置いても落ちないんですよね。
爪にグッと押し付けるのが、上手に引っかけるコツです。

ちなみに、メラミンスポンジのような表面がツルッとしているスポンジは使用できません。爪に引っかからず、落ちてしまいます。

引っ掛ける方向は、縦でも横でもOK。

縦方向の方がスッキリと見えるかな。

スポンジをサッと手に取りやすく、使いやすいスポンジホルダーです。
誰でもが使いやすい、クセのない商品だと感じました。

②水キレの良いスポンジホルダー

購入店:ダイソー
価格:110円(税込)

ネコのデザインがかわいいこちらは、ステンレス製。シンクに馴染む素材なので、さり気ないかわいさです。

スポンジを引っ掛ける場所には、爪が9個ついています。
首の部分を曲げて、スポンジが浮かせる仕組みです。ネコのデザインには意味があった……!

裏には貼り付け用の両面テープがついています。新築のキッチンだとテープ跡が気になるかも……。

こちらも基本的な使い方は同じ。取り付けられる場所も同様です。

使い勝手は?

まずは、首を曲げずにそのまま設置してみました。
さすがステンレス製。しっくりと馴染んでいます。
でもこの状態だとスポンジの乾きが悪いんですよね。首を曲げて設置してみることに。

こんな感じになりました。
……とサラッと言いましたが、実は少し手間取りました。両面テープの粘着力が強くて剥がすのに一苦労。
さらに、素材がしっかりしていて首が簡単に曲がらない!ぐぐぐっと力を入れてようやく曲げることができました。
簡単に落ちたり曲がったりするのも困りものですが、気軽に微調整がしにくい印象です。

ちなみに、首は逆方向にも曲げられます。側面に設置したい場合は、外側に向けて曲げると良さそうです。

スポンジは、縦横どちらの方向にも使えます。

縦方向でスポンジの中央部分を引っ掛けると、ぴょこんとシンクから飛び出してしまいました。使用上に問題はないけど、ちょっと不格好。

引っ掛ける部分をずらせばいいかな?と上部に引っ掛けると……

引っ掛けた後に、ポトリと落ちてしまいました。

ステンレス製だし爪の数も多いので落ちにくそうと期待していましたが、予想に反してホールド力は若干弱め。
ケガを防ぐための配慮だと思うのですが、爪が鋭くなく、角度も寝かせ気味なんですよね。

何度か試してみましたが、全部の爪で引っかかるのではなく、数個の爪にしか引っかからないことが多く、これが落ちやすい原因なのかも。
引っかかるけれど落ちやすいと感じました。

ただし、使用するスポンジによって結果は変わると思います。表面が網状のスポンジだと落ちにくいかもしれません。
あくまで私が使っているスポンジでの感想ですので、実際に使って確認してみてくださいね。

生活感が出ないデザイン性と、角度が自由に変えられるのが特徴です。商品自体が薄いので圧迫感がないのもメリット。
使う人を選ぶかもしれませんが、自由度が高い商品です。

スポンジ収納をもっと楽に、もっとスッキリと

スポンジだけをスッキリ収納するなら、スポンジホルダーがおすすめです。
ラックよりも存在感が薄く、斜めに置けるので水きりも抜群!狭い&暗いキッチンの方にイチオシです。
価格は両方とも110円なので、気軽に試せるのも嬉しいところ。新発想の収納アイテムを体験してみてくださいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事