無印には無い【リビング収納の神5選】「書類ごちゃごちゃ解消」「置くだけで高見えおしゃれ」

  • 2021年04月18日公開

こんにちは、ヨムーノライターのTOMOです!

2021年になってからすっかり季節も移り変わり、新年度を迎え、新生活に奮闘している方も多いのではないでしょうか。

そんな中、自宅のリビングはくつろげる空間を作りたいですよね?ごちゃごちゃしていると、落ち着かずにゆっくりできない。しまいには掃除するときが大変です。

そこで今回は、リビングを快適空間にしてくれる収納アイテムをご紹介します。

ハンドメイドマーケット「minne」の作家さんやブランド考案のアイテムなので、無印やニトリにはないアイテムをたくさんご紹介していきたいと思います!

空間を広く見せられる収納!ワイヤーバスケットラック

最初にご紹介するのは、ナチュラル仕立てのワイヤーバスケットラックです。日常的に使うものを収納するには、棚よりも引き出しのほうが使い勝手がいいのでリビングにおすすめ!

タオルやマスク、書籍やティッシュのストックなど使用頻度の高いものだとすぐに取り出せるのでとても効率的です。

キッチンに置くと野菜ストッカーや備蓄品の管理、子ども部屋では衣類や幼稚園へ持っていくものの準備棚としても活用できます。

また、背板がついていないので空間が広く見える効果も抜群!ワイヤーバスケットを使うことで、中に何が入っているかひと目でわかるので在庫管理も便利ですよ。

定番の浮かせて収納!ウォールシェルフでインテリアを楽しもう

「床に物を置きたくない!」でも「おしゃれに収納したい!」と思っている方は、ウォールシェルフでインテリアを楽しんでみてはいかがでしょう。

こちらのウォールシェルフは杉材を使用。木目をそのまま活かし、アンティーク調な仕上がりになっています。

カギを掛けられるフックも雰囲気を壊さないように、あえてくさびれた釘を使い、細部にまでこだわり抜かれたシェルフです。

殺風景だった壁に設置するだけで存在感は抜群!棚には観葉植物やお気に入りの雑貨でおしゃれを楽しむのも◎。

お家時間を快適に♪マガジンラック兼サイドテーブル

外出自粛や在宅ワークが増えている昨今。家にいる時間が長くなっていることかと思います。

少しでも快適にできるくつろげる空間を作れる、収納アイテムがこちらのマガジンラック兼サイドテーブルです。

アイアンフレームが最大の特徴で、場所を取らずに新聞や雑誌などを収納可能!シンプルなデザインだけにリビング以外にも、トイレや玄関などラックとしても活用できるスグレモノ♪

1台あればシーンを問わず、どこでも使える収納ラックとして便利なアイテムです。

書類や郵便物は分けて収納!アンティーク調レターケース

こちらのレターケースは書類やお手紙を、カテゴリや子どもたちなどで分けて収納できるラックです!

4月は入園・入学があり、新生活スタートに向けて通常よりたくさんのお手紙をもらってきますよね。兄弟姉妹が多ければ、把握するのも一苦労。

子どもごとで分けて収納しておけば、確認もしやすくて見た目もスッキリ♪お手紙を一時的に保管しておく場所としても◎。必要なくなった手紙はファイルにとじるなどしても便利ですよ。

棚横には本を置けるスペースもあるので、ファイルを立てておくことも可能。大きめの資料なども一緒に収納して置けるので、書類の収納にお困りの方におすすめです。

飽きのこないシンプルデザインがモットー!杉のブックシェルフ

杉の無垢材を使用して丁寧に作られたブックシェルフ。木のぬくもりが感じられて、飽きのこないシンプルなデザイン。

雑誌などを置くブックシェルフとしてはもちろんですが、実はサイドテーブルやイスとしても活用できる多目的ツールです。

シンプルさゆえにどんな雰囲気でも溶け込めます。だからこそ家に一個あれば、どんなシーンでも活躍してくれるツールであることは間違いありません♪

本や雑貨を置いてインテリアを楽しんだり、ときにはイスやサイドテーブルとしても活用できるツールをお探しの方におすすめ!

リラックスできないと感じたら、インテリアを見直してみて!

新年度がスタートして家族の生活リズムが変わったり一人暮らしを始めたりされた方も多いでしょう。

一日が終わりリビングで休んでいても、どうもリラックスできないと悩まれている方は一度収納やインテリアを見直して見ましょう!

もしかして、ごちゃごちゃしているのが視界に入り、気持ちが休めていないのかも…。

minneにはまだまだたくさんのおしゃれな収納インテリアが揃っているので気になる方はご覧になってみてください♪

▶「なすの味噌汁が黒くなる」を一発解決!簡単すぎる裏ワザはこちら

▶無印にはない!おしゃれ【デスク周り便利グッズ】はこちら

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事