【漫画】愛しさ故…!?どこまでもかみ合わない猫と飼い主の日々【ビビり猫・米子さんに懐かれたい。⑬】

  • 2021年05月18日更新

あらすじ「ビビり猫・米子さんに懐かれたい。」

お膝に乗るまで、あと少し……猫と人間のジリジリ歩み寄りストーリー!

保護猫と新米飼い主の歩み寄り奮闘記!

保護猫カフェ出身、ビビりで人間嫌い猫嫌いな米子さん。 そんな米子さんに一目ぼれした、猫を飼ったことがない初心者の著者。

スター猫さんのようにかわいいポーズもせず、猫雑誌に載っているような「猫らしい動き」もなかなか見せてくれません。それでも惚れた弱み、いつかは心を開いてみせる! 飼い主の奮闘の日々が始まります。

まったく懐かない米子さんの行動に右往左往し、一喜一憂する人間の姿、そして米子さんが少しずつ心を開き(?)歩み寄っていく(??)過程を描きます。

うちの子と違って…

どうして遊ばない?

愛が溢れて…

続き(第14回)はこちら!

前のお話(第12回)も合わせてチェック

この話を最初から読む(第1回)

※このコミックエッセイは書籍『ビビり猫・米子さんに懐かれたい。』(著者:浜村ごはん)の内容を一部掲載しています。

【書籍情報】
タイトル:ビビり猫・米子さんに懐かれたい。
著者:浜村ごはん
発売元:KADOKAWA
価格:1,210円(税込)

販売ページを見る(Amazon)

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事