税込「500円均一」に感謝!【はま寿司】ガチすぎる「寿司屋の丼」贅沢すぎて感涙級3連発

  • 2021年04月15日公開

こんにちは、お寿司を電話予約して店舗にいったら、“はま寿司”と“くら寿司”を間違えて受け取り時間をかなりロスしたヨムーノ編集部グルメ担当です。

新年度は進級や進学の季節。春休み期間中は家族でお祝いする機会が増えたと思います。
そんなお祝いグルメといえば「お寿司」!そんな我が家は進級はあったとしても年中から年長。小5から小6と、お祝いするほどでもありません。

でも、春休み最後という理由と、ランチや夕飯作りを小休止させてくれ……という思いから、はま寿司おすすめの「お持ち帰り専用丼ぶり」を買ってみました。
税込み500円という値段もポイントです。

寿司屋のまぐろ丼(税込500円)

寿司屋のまぐろ丼

うっかり見落としそうになりそうですが、大葉の上にも“まぐろ”が乗っているので3種のまぐろネタが楽しめる、はま寿司の「寿司屋のまぐろ丼」です。

女性には、500円でこのボリュームは丁度いいと思いますが、男性には500円の安さですが、ボリューム的には物足りないかもしれません。
いちおう、プラス50円(税込)でシャリ大盛りにできます。

寿司屋のサーモン丼(税込500円)

寿司屋のサーモン丼 ※プラス50円(税込)でシャリ大盛りにできます。

子ども達が大好きなサーモンもあります。
お寿司とは違って、率先してサーモンだけ食べるのでシャリだけが残る……(汗)。

残ったシャリはお父さんが食べる役目です。
未就学児と食べるなら、プラス50円でシャリ大盛りにしなくても十分かもしれません。

寿司屋のまぐろサーモン丼(税込500円)

寿司屋のまぐろサーモン丼 ※プラス50円(税込)でシャリ大盛りにできます。

まぐろとサーモンのハイブリッド「まぐろサーモン丼」です。
みんな大好き「まぐろ」と「サーモン」の組み合わせは嬉しいですね。

小学生には丁度いいボリュームでした。
未就学児は「まぐろ」と「サーモン」ネタは完食しましたが……酢飯だけ少し残すくらいのボリュームです。

税込500円のはま寿司お持ち帰り専用丼をご紹介しました。
ボリューム満点でコスパ良し……という印象はありませんが、手軽に食べられるという魅力はあります。

丼容器なので、茶碗サイズよりも量があります。
幼児にはシャリが多いと思うくらいあるので、食べ残す可能性も考えると、大人分はプラス50円でシャリ大盛りしなくても、バランスよく食べきれるかもしれません。

※一部店舗で商品内容が異なる場合がございます。
※天候等の状況などにより、商品内容が変更となる場合がございます。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事