【悲報】2.5畳はさすがに狭すぎた!悪戦苦闘でたどり着いた「洗面所収納」スッキリ最終形態

  • 2021年04月21日公開

こんにちは、ヨムーノライターのmapleです。建売住宅を自分好みのおうちにするべく日々奮闘しています。

お部屋の広さがなくても、収納を工夫することでスッキリ見せることはできます!
ここでは、脱衣所の収納を事例にあげて、スッキリ見せるために工夫していることをまとめました。

脱衣所は2.5畳の狭さ!

この他にランドリールームなどもありません。脱衣所には収納をしたいものが沢山ありますが、あれこれ置くと窮屈になりがち。
限られた空間だからこそ、収納を工夫することで、すこしでも広く見せたい!

私が脱衣所の収納で取り組んでいることをまとめてみました。

収納するものを限定する

以前は脱衣所にシーズンオフの部屋着などもしまっていました。けれど全部しまうとなると大きな棚を使う必要が……。

背の高い家具はやはり圧迫感がありました(地震の時のことを考えてみても、やはりちょっと怖さはあります)。

部屋の広さに限りのある空間なので、持ち物を厳選することで、なるべく省スペースに収納できるよう考えてみました。

なるべく置くものの色数を減らす

歯ブラシだったり、洗剤だったりの日用品類は、色味が派手なものが多いです。

そういったものはなるべく隠す収納にして、目に入ってくる色の情報量を減らすようにしています。それだけで、全然スッキリと感じられます。
(色味を統一しているからこそ、ウタマロスプレーの色がやたら目立ちますね笑)

収納アイテムは、我が家はなんとなく白系メインで揃えるようにしています。

浮かせる収納を活用する

マグネットでくっつけたり、フックなどで引っ掛けてしまうようにしてみたり……。
浮かせることで、掃除がしやすくなるだけでなく、普段使われない縦の空間を有効活用できるので、床に物が広がらず広々として見えます。

山崎実業「tower」を活用!

ゴミ箱までしっかり浮かせています!
洗濯機の側面に取り付けたアイテムは全てtowerのものです。

ホースを収納しながら、小物を置いて使えるアイテムなんかもあります!
towerの商品は痒いところに手が届くアイテムばかりです。

マグネット折りたたみ棚は、ちょっとしたモノの一時置きに。我が家でかなり重宝しているアイテムです!
これがやってくるまでは、洗濯機の前にカゴを直置きして、その中にタオルなどを収納していました。

床の見えている面積が増えるだけで、視覚的にも広くなったように感じられるものですね。

我が家で工夫していることをまとめました。空間が狭くても私はスッキリした空間を諦めません。
工夫することでどんな空間もスッキリみえるので、ぜひ皆さんも色々やってみてくださいね。


こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事