お玉おすすめ6選|シリコン・金属など素材別にご紹介

  • 2021年06月18日公開

料理を作るときに欠かせないお玉は、シリコンや金属など素材もさまざまで、何を使っていいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、お玉選びのポイントとおすすめのお玉をご紹介します。ぜひ、毎日の料理で使いたくなるお玉を見つけてみましょう。

お玉選びの5つのポイント

お玉を選ぶ際は、以下のつのポイントに着目しましょう。

素材で選ぶ

お玉は素材によって、使いやすさやメンテナンスのしやすさが異なります。下記のような素材が使われていることが多いので、ぜひチェックしてみてください。

・ステンレス:ステンレスは合金鋼の一種で、錆びに強くキッチン用品によく使われる素材です。耐熱性や強度を持ち合わせているため、安心して使えるところが特徴。一方で、熱が伝わりやすい、お鍋やフライパンの底を傷つけやすいというデメリットがあります。

・シリコン:シリコンは熱や寒さに強く、軽くて扱いやすい素材です。水をはじく特徴もあるので、お手入れが簡単にできます。シリコン自体は無色透明で自由自在に変形できるため、カラーバリエーションやサイズが豊富でおしゃれな商品が多いところも魅力です。

・木製:天然素材ならではの、温かみのある風合いが特徴です。熱が伝わりにくいため柄の部分が熱くならず、使いやすくなっています。一方で、ステンレスやシリコンなどに比べると耐水性に欠けるため、劣化しやすいところがデメリットです。

・ナイロン:特徴や使い心地はシリコンと似ており、軽くて扱いやすいところが特徴。丈夫さに長けており、カレーやシチューなど重量があるものも安心してすくえます。ナイロンもカラーバリエーションやサイズが豊富で、使用用途に合わせて選べるところもポイント。

使い方で選ぶ

お玉ですくいたいものに合わせて、商品を選ぶことが大切です。例えば、カレーや味噌汁など水気が多いものをすくうときには深いお玉がおすすめ。一方で、中華丼の具などをすくう場合は、浅いほうがすくいやすいです。

また、肉じゃがの具や汁物の具だけをすくいたいときには、穴あきタイプが便利。このように、どのような料理に使うのかによって選ぶお玉が変わるので事前にチェックしてみましょう。

カップ部分のサイズで選ぶ

お玉はカップ部分のサイズによって、すくいやすさや使い心地が異なります。一人暮らしや少量の汁物にしか使わない場合は、小さなカップのほうがすくいやすく無駄なスペースを取りません。

ファミリー向けや一度に大量の料理を作り置きする場合は、大きめのカップのほうが使いやすく重さに対する耐久性もあります。

中には、サイズの異なるカップのお玉がセットになっている商品も。普段作る料理の量に合わせてカップのサイズを検討してみてください。

柄の形状や素材で選ぶ

お玉の柄の部分は、意外とメンテナンスや使いやすさを左右するポイントです。カップ部分から柄の部分まで同じ素材でできている場合は凹凸がなく、隅々まできれいに洗えます。一方で、熱が伝わりやすいステンレス製の場合は、柄の部分も熱くなるので注意が必要です。

柄の部分だけ異なる素材を使用している場合は持ちやすくはなるものの、汚れが溜まりやすくなる一面があります。また、柄の部分が手のひらにフィットしやすい形状になっていると、長時間使用しても疲れにくくなるメリットが◎。

このように、柄の部分の素材や形状にも着目して選ぶことで、使いやすいお玉に出会えます。

プラスアルファの収納で選ぶ

お玉は商品によって、下記のような機能が備わっていることがあります。

・醬油やみりんなどの量を測れる目盛り付き
・カップ部分が机上に付かない台置き付き
・お玉の耐久性をアップさせるコーティング加工

目盛り付きの商品を選べば、計量カップなどを使わなくても簡単に計量ができます。また、台付きのお玉を選べば、混ぜ終わった後やすくい終わった後の置き場に困りません。どのような目的のお玉を購入するのかに合わせて、ぜひチェックしてみてくださいね。

料理や配膳がしやすくなる!おすすめお玉6選

ではさっそく編集部が厳選したお玉を6つご紹介します。

耐熱温度250°で長時間調理もOK

  • ティファール(T-fal)「インジニオ プロフレックス レードル K12502」
    参考価格:1,210円(税込)

人気のキッチン用品ブランド「ティファール」のおしゃれなお玉。目を引くカラフルなデザインで、キッチンを鮮やかに彩ってくれます。

シリコン素材を使用しており、耐久性が高く安心して使えるところがポイント。耐熱温度は250°なので、高温調理や長時間調理に使っても変形しにくくなっています。毎日の料理でハードに使えるおしゃれなお玉を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天市場】販売ページを見る

三角断面のグリップで使いやすさ◎とにかくすくいやすい!

出典:楽天市場

  • マーナ(Marna)「トライアングリップシリコーンお玉 ブラック K534BK」
    参考価格:786円(税込)

このお玉は、使いやすさにこだわった独自の形状が大きなポイント。柄の部分は手のひらにフィットしやすい三角断面状で、混ぜる、すくうなどの動作がスムーズに行えます。

また、カップ部分も三角形になっているので、お鍋の淵にピタッと沿って簡単にすくうことが可能。カップ部分の左右には角があるので、零れずにきれいに注げるところも魅力的。毎日の料理でストレスなく使えるお玉を探している人は、要チェックです。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天市場】販売ページを見る

目盛り付き!お玉で計量できる優れもの

出典:楽天市場

  • 下村企販「量れるお玉 50ml」
    参考価格:880円(税込)

お玉のカップ内に目盛りが付いているので、計量カップ等を使わなくても手軽に計量できるところが特徴。使用する用具を最小限にして、料理の手間を省くことができますよ。

素材にはステンレスを使用しており、つなぎ目のないシンプルな形状。汚れが溜まりにくいので、長い間愛用しやすくなっています。料理に役立つプラス機能を兼ね備えたお玉が欲しい方におすすめです。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天市場】販売ページを見る

天然木ならではのナチュラルな雰囲気が◎

  • 三好漆器「ブナの木 浅め お玉」
    参考価格:1,187円(税込)

ブナの木を使用した木目が美しいお玉。ステンレスやシリコンでは作れないナチュラルな風合いが大きな魅力です。柄の部分に熱や冷たさが伝わりにくいので、料理の温度に左右されることなく使えますよ。

また、お玉の表面にはウレタン塗装がされているので、防水性が高く劣化しにくいところもポイント。テーブルウェアに合う木製のお玉を探している方におすすめです。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天市場】販売ページを見る

重量32gの超軽量!なのにコスパ抜群◎

出典:楽天市場

  • サンクラフト「ナイロンミニおたま」
    参考価格:362円(税込)

素材に強化ナイロンを使用した小さめのお玉。重量32gと軽いので、長時間調理をしたり汁物をすくったりしても疲れにくくなっています。

フッ素樹脂加工のフライパンやお鍋を傷つけにくいため、調理用具を大切に使えるところも嬉しいポイント。目盛り付きや250°までの耐熱性能など、使いやすさをサポートしてくれる性能も備わってます。500円以下で購入できるため、コスパ抜群のお玉を探している方にピッタリです。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天市場】販売ページを見る

水切りや味噌とき、これひとつでOK!

出典:楽天市場

  • オークス「ウチクック 水切りおたま」
    参考価格:1,255円(税込)

野菜の水切りや味噌とき、おでんや味噌汁の具をすくいたいときに重宝する穴あきお玉。カップ部分が深くなっており、しっかりと水気が切れるよう穴の開け方が工夫されているところがポイントです。

柄の部分には台置きが付いているので、キッチン台やテーブルの上にそのまま置いてもカップ部分が机上に触れることがありません。料理の盛り付けや調理に使える便利なお玉を探している方におすすめです。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天市場】販売ページを見る

料理や配膳が楽になるお玉を選んでみよう!

使いやすいお玉を選べば料理や配膳が楽になり、忙しい方でも手軽に料理が楽しめるようになるはずです。今回ご紹介した選び方を参考に、機能性やサイズ、素材に着目しながら目的に合うお玉を選んでみてくださいね。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事