「夏場のエアコンの電気代」問題を【室外機カバー】で解決!簡単取り付けで冷房効率がアップ

  • 2021年07月06日更新

こんにちは!入社して5年以上経っているのに未だに「こんなのうちにあったんだ!」という驚くことがある、リビングートスタッフのフィルです。 はるか昔にリビングートの店長をしていたこともありました。

夏の暑さを乗り切るのに、エアコンは欠かせない存在ですよね。 ほぼ丸一日付けっぱなしにしていると、「夏場のエアコンの電気代が気になる」という人は多いと思います。

そんな方におすすめしたいのが、簡単にエアコンの節電対策ができるアイテム。エアコンの「室外機カバー」です! 使ったことがない人も多いと思いますので、今回はおすすめの室外機カバーや室外機カバーの取り付け方などをご紹介します。

クラスフィル

日差しガードパネル

1,000 円 (税込)

販売ページへ

※紹介している商品は、ヨムーノで販売しているのではなく、各サイトでの販売になります。各サイトで在庫状況などをご確認ください。 ※記載の情報や価格については執筆当時のものです。価格の変更の可能性、また、送料やキャンペーン、割引、クーポン等は考慮しておりませんので、ご了承ください。

エアコンの「室外機カバー」ってどんなもの?

室外機カバーは、その名の通りエアコンの室外機を覆うカバー。 室外機が強い日差しを浴びて熱くなってしまうのを防ぎ、エアコンの冷房効率を高めてくれます。

室外機カバーには収納機能もついた家具調のラックタイプや、カバーというより屋根のような形をした大きなものなど、種類もいろいろあります。 ですが、意外と取り付けが複雑なものもあるので、初めて室外機カバーを初めて取り付けてみようと思っている人には、取り付けが簡単なタイプを選ぶのと良いでしょう。

初めて使ってみるなら「パネルタイプ」がおすすめ

比較的取り付けが簡単なのは、「パネルタイプ」の室外機カバー。 軽いアルミ製のパネルを室外機の上にかぶせてベルトで固定するだけのものが多いので、誰でも簡単に取り付けできます。

実際に室外機カバーを取り付けてみた

日差しガードパネル(販売ページ)

リビングートで販売している、「日差しガードパネル」を使って、実際の取り付け方をご紹介していきます!

取り付ける前に、室外機に付いている汚れやコケなどがあれば、拭き取って綺麗にしておきましょう。

今回事務所の裏に置かれていた室外機カバーに取り付けてみました。

日差しが当たる時間が少ないのか、室外機にも周りもコケがびっしりでした…。

パネルタイプの室外機カバーの取り付け方法

パネルタイプの室外機カバーは折りたたまれた状態で販売されているので、まずは室外機の上に広げます。 ベルトを通す穴が開いているので、間隔が狭い方を室外機の背面にくるようにします。

留め具が付いていない方から穴に通していきます。

間隔が狭い方の穴から通して、室外機の下にベルトをくぐらせます。

このとき、室外機の土台の内側を通すようにしてくださいね。

前面に持ってきたベルトを、下側から反対の穴に通します。

最後はベルトを固定して完了!

余ったベストは室外機に巻き込まれないよう、10cmくらいを残してハサミでカットしてください。

パネルタイプの室外機カバーを取り付けるときのポイント

取り付けるときのポイントは、ベルトをきつく締めすぎないこと!

きつく締めすぎるとパネル部分にかかる負荷が大きくなり、歪んだり破れたりする原因になります。 また、パネルやベルトは日差しや風雨にさらされることで経年劣化していきます。

目安としては1年に1回、夏にエアコンを付け始める前に、変色や破損がないかチェックしてくださいね。

お手軽設置!おすすめの「日差しガードパネル」

今回使用した「日差しガードパネル」の特徴は、何といっても両面が使えるリバーシブルタイプだということ!

日差しガードパネル(販売ページ)

パネルタイプはアルミ製のものが多く、アルミの銀色のギラギラとした素材感が安っぽく感じられる人もいるでしょう。

「日差しガードパネル」はアルミフィルム面だけではなく、色味が控えめのベージュフィルム面を上にして使うことができます。

今回はベージュ面を上にして取り付けてみましたが、銀色のアルミ面よりも全然目立ちませんでした。 おしゃれなお庭やウッドデッキなどに室外機があるお家などは、取り付けたときの見た目も意識して選ぶといいかもしれませんね。

まとめ

これまで室外機カバーを使ってこなかったという人も、まずは手軽に取り付けられるパネルタイプから試してみてはいかがでしょうか。

クラスフィル

日差しガードパネル

1,000 円 (税込)

販売ページへ

※紹介している商品は、ヨムーノで販売しているのではなく、各サイトでの販売になります。各サイトで在庫状況などをご確認ください。 ※記載の情報や価格については執筆当時のものです。価格の変更の可能性、また、送料やキャンペーン、割引、クーポン等は考慮しておりませんので、ご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事