「ジョブチューン」一流料理人の合否判定と真逆でビビる!【ローソン】合格グルメ食べてみた

  • 2021年05月16日更新

こんにちは。業務スーパーと甘いスイーツをこよなく愛するヨム―ノライターのきなこです。

2021年5月8日19時からTBS系列で放送された「ジョブチューン~あの職業のヒミツぶっちゃけます!」で、ローソン従業員が選んだイチ押しメニューTOP10を一流料理人たちがジャッジ。
毎回家族で合否を予想しながら楽しんでみています。

ここでは合格した商品の中から、特に気になった商品2品を実際に食べてみましたので、正直レポしています。

ジョブチューン ローソン従業員イチ押しTOP10 第5位

三元豚の厚切りロースカツカレー  598円(税込)の正直レポ

店内専用のキッチンがある店舗のみの販売で、現在は約6500店舗ほどあるそう。従業員さんが1つずつ丁寧に作っている人気商品だそうですよ。

厚切りロースカツは、専用の機械でひと晩かけて叩くことで柔らかい食感にしているのだとか!

そのほかにも豚の脂身を取り除く、衣が剥がれないなどの工夫がされていて、かなり手が込んでいる印象です。

いざ実食!

まずはカレールーから頂いてみると、甘さが先にきて、そのあとガツンとした辛さがきます。

スパイシー感が強く、けっこうなピリ辛……。

個人的には、カレーの辛さは中辛までが限界ですが、ロースカツと一緒に食べると辛さが和らぎ最後まで食べられました。

ご飯もパラっとしてキレもよく、カレーと一緒に食べると更にマッチしておいしいです。ちなみに一緒に食べた息子の感想は、「レトルト感がぬぐえない」とのことでしたが……

個人的にはリピしない

厚さ2㎝にカットされたロースカツだけを食べてみると、かなり柔らかくて味つけは薄めの印象……。

あくまで個人的な感想ですが、豚肉のうまみや味があまり感じられず、好みの味ではありませんでした。

ただ1人だけ不合格を出した料理人の方が、「豚肉を柔らかくしすぎてしまったためか、豚肉の味まで無くなってしまった」と言っていましたが、まさ私も同じように感じたところです。

ただ、息子の感想は「カツがおいしい」とのことですので、この部分は好みで大きく分かれるかもしれません。

一流料理人たちのジャッジは、合格6名、不合格1名と全体的な評価は高かったですが、個人的にはリピはナシですね……。

ジョブチューン ローソン従業員イチ押しTOP10 第8位

生パスタ カルボナーラ 278円(税込)の正直レポ

こちらは、昨年から売上が1.5倍に増えたという商品。
パルメザンチーズとチェダーチーズの2種類のチーズを使用し、燻製したベーコンを使うなどこだわりのあるカルボナーラだそう。

本格的な生パスタを200円代で作る!という企業努力がすごいですよね。

「600Wの電子レンジで5分加熱したら完成」という部分も手軽でポイントが高いです。

それではいただきます!

蓋を開けると、カルボナーラの香りがしっかりと漂ってきます。

湯気でカメラレンズが曇ってしまうほどの熱々ですので、やけどには気をつけましょう(笑)

まずは、パスタ麺から頂いてみると、びっくりするほどつるつるもちもち食感!

カルボナーラのソースがしっかりと麺に絡んでおいしい~!

1人の時のランチによく冷凍パスタを食べていますが、今まで食べた中で一番おいしいです。

本格的な生パスタで、まるでイタリアンレストランで食べるようなパスタだと錯覚してもおかしくないほど(笑)

次に燻製しているというベーコンを食べてみると、これまた美味!

ちゃんと旨みがあって、よくある燻製ウィンナーにも似た味です。

リピしたいと思うほど美味しい生パスタ

個人的には満場一致で合格でもおかしくないと思うのですが、一流料理人たちのジャッジは、合格4名・不合格3名とギリギリ合格でした。

高評価の意見では…

  • 麺を食べている喜びを感じた

  • カルボナーラは卵黄を使っているので熱々にはできないが、熱々のカルボナーラがおもしろいと感じた

などで、不合格の意見では「これば、カルボナーラではなく日本の卵クリームパスタ」という厳しい声もありました。

個人的には大満足で、またすぐにでもリピしたいと思うほど美味しい生パスタでした。

まとめ

今回はジョブチューンで放送された、ローソン従業員が選んだイチ押しメニューTOP10の中から個人的に気になった商品を正直レポしてみました。

あくまで個人的な感想ですし、味の好みは人それぞれですから、ぜひご自身の舌で確かめてみて頂きたいと思います。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事