5日間だけ【かつや】放送事故レベルの衝撃!辺り一面「カツ・カツ・カツ…」爆盛り弁当現る!

  • 2021年05月13日更新

こんにちは!かつや常連客になりつつあるヨムーノライター、相場一花です。

かつやでは時折頭のネジが飛んでいったようなメニューが販売されていますが、またやらかしてしまいました。主食はカツ丼、おかずはとんかつという「カツ」で埋められた謎の新メニュー…。

今回は、2021年5月12日(水)に登場したかつや「王道とん汁定食」をご紹介します。

カツ×カツ…かつや「王道」があらわれた……!

2021年5月12日(水)に登場したかつや「王道」。主食は「カツ丼」で、おかずも「かつ」という挑戦的な"王道"メニューが登場しました。今回登場した"王道"メニューは、以下の2種類。

  • 王道ロースカツ定食・・・1133円(税込)
  • 王道とん汁定食・・・イートイン価格:1089円(税込)、お持ち帰り価格:1069円(税込)

王道ロースかつ定食については、お持ち帰りできません。また、容器のふたが閉まらなくなるという理由からご飯大盛りには対応していませんので、要注意を。家でごはんを用意するか、別容器で提供される「ご飯 税込172円」を追加購入しましょう。

「ボリューム満点だからといって、1000円越えというお値段は手が出しにくいな……」というのが第一印象。

しかし、「これって夫婦2人でシェアすれば、ひとりあたり500円程度でまあまあ良い感じのコストパフォーマンスなのでは」と考えた私は、夫と一緒に食べるべく「王道とん汁定食」をお持ち帰りしてきました。

ちなみに、2021年5月12日(水)~2021年5月16日(日)までは、150円引き。

ひとりでは食べられない!かつや「王道とん汁定食」1069円(税込)の正直レポ

あ、これはご飯大盛にしたら、絶対ふたが閉まらない……という位に膨れ上がったかつや「王道とん汁定食」1069円(税込)。

実物を見ると、1000円越えてても別にいいやと思うほど、インパクトがすごい……。本当にカツ丼×かつですね。ひとりで食べるのは、よっぽどお腹をすかしていないとムリです。

とん汁激ウマ

カツ丼×かつもさることながら、とん汁の量も他飲食チェーン店の1人前よりも多い気がしてびっくり。しかも、豚肉がたくさん浮いてます!

私は何度かかつやのとん汁を食べていますが、相変わらずのおいしさ。豚肉は口の中に入れるととろけていきますし、具材はたっぷり、汁の味にはくどさがなく、カツと一緒に食べるとちょうどいい味わいです。

とん汁も夫とシェアして食べました。体感としては、1.5人前位ある気がしますね。

圧巻のカツ丼×ヒレかつ

「あたり一面、かつが広がっている……」と謎の光景が見える「王道とん汁定食」。夫婦でかつやのファンなので、テンション上がりました。

ヒレかつは1枚かと思いきや、まさかの2枚。夫婦で1枚ずついただくことに。衣カリッとしていて、お肉の脂身もほどよくてまさにサクサクと食べ進められます。

ご飯の量は、1.5人前位。自宅にあったご飯を少し追加すると、2人でシェアするにはちょうどいい分量でしたよ。

カツ丼は、たまごがカツとうまく絡んで絶妙な味わいに。カツの衣はくしゅっとなってしまいましたが、それでもかつやのカツはなぜかおいしいんです。

カツ丼(梅)×2を頼むよりもお得感がある!

かつやでは、カツ丼(梅)539円(税込)という王道メニューがあり、いつでもお腹を空かせている人であれば、カツ丼(梅)を2杯注文するケースもあると思います。

お値段としては、カツ丼(梅)2杯で1078円(税込)、王道とん汁定食1069円(税込)とほぼ同価格に落ち着きますが「味に飽きない」「とん汁がついている」という点を考慮すると、「王道とん汁定食」の方がお得感がありますね。

「王道とん汁定食」は、ガッツリ食べたい人にとってもお得なメニューと言えるでしょう。

私達夫婦みたいに「そこそこ食べられればいいや」という場合は、「王道とん汁定食」を2人でシェアして食べるとちょうど良い分量。ひとりあたり約534円(税込)です。

他飲食チェーン店と比べても、けっして高い金額ではないですし、飲食チェーン店お持ち帰りマニアの私としては、満足度の高い一品でした。

たらふくカツを食べたい方はお早めに

"王道"なだけあって、万人受けするメニューに仕上がっている王道メニュー。カツをたくさん食べたいならば、ぜひともチェックを!

王道メニューは、在庫がなくなり次第終了とのことで、もしかしたらあっという間に販売終了してしまうかもしれません。気になる方は、お早めに。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事