ドンキおすすめPB「麦茶」1個3円で56個入りでお得!時短調理の裏技も発見

  • 2021年06月09日更新

こんにちは。コストコへ通い続けて16年目に突入!ヨムーノライターバロンママです。

コストコも大好きなのですが、業務スーパーにも足繁く通い、そしてカルディ、100均、ニトリなどの話題のお店も大好き!掘り出し物が沢山のドン・キホーテも大好きです!今回は、ドンキのプライベートブランド「情熱価格」の新商品をご紹介しますね♩

ドン・キホーテのオリジナル商品「情熱価格」が生まれ変わる?!

ドン・キホーテのオリジナル商品、「情熱価格」は低価格で高品質なものが沢山ありますよね♩
「情熱価格」のホームページによると、「PB」とは本来「プライベートブランド」の略ですが、
ドンキは「ピープルブランド」として生まれ変わるそうです!!
並々ならぬ決意表明がリニューアルされたホームページに書かれていました。
(以下ホームページより抜粋)

  1. 安いのは当たりまえ。思わず手に取りたくなる「驚きのNEWS」がない商品は、発売しません。

  2. 価格や品質に納得して買っていただくために、商品の特徴はもちろん、短所も正直に「ぶっちゃけ」ます。

  3. 商品への「ダメ出し」も大歓迎。積極的にとり入れて、どんどん改善していきます。  

「PBの常識をどんどん変えていく!ドンキは、本気です!」

これからどのようなPBを購入することができるのでしょう。楽しみです!
今回はそのピープルブランドから、とても身近な商品「麦茶」をご紹介。

ドンキPB「麦茶」は驚きの低価格!  

  • 情熱価格 麦茶 8g×52袋入 149円

私が購入した店舗では、52袋入り149円という低価格で驚きました。

「あれ?麦茶ってこんなに美味しかったっけ!?と、思わず驚くほど芳醇な香ばしさと旨み」とあります。

「兵庫県産の六条大麦を100%使用」

1袋あたり2.86円、約3円ということになります!

水出し、お湯出しの両方ができます。水出しの場合ティ―バック1袋あたり水1リットル、お湯出しの場合はティーバック1袋あたり1~1.5リットルが目安です。

ドンキPB「麦茶」の気になる味は?!

早速麦茶を作ってみました!

良く冷やしていただいてみると…。

とってもまろやか!香ばしさもあり、飲みやすくてとっても美味しいです!
お買得でも口に合わない場合、リピ買いはすることはありませんが、安心の国産でお買得価格、そして美味しいとはさすがドンキの情熱価格!
我が家でもリピ買い決定です。

比較してみました

私だけの意見ではなく、家族全員に協力を求めて味の比較をしてみました。

入っていないグラスが1つあるのは、私がどちらがドンキのものかをわかっているので、家族の実験が終わった後に入れてもらいました。

どこのスーパーでも大抵購入することができる、とってもメジャーな麦茶との比較です。

  • 左:情熱価格(国産)
  • 右:某メジャーな麦茶(カナダ、オーストラリア、日本産)

情熱価格の麦茶はティーパックが茶色なので、無漂白かもしれませんね。

某メジャーな麦茶の価格はスーパーによって色々ですが、平均的によく見る価格で一袋あたりを計算すると、1袋あたり1円ほど高かったです。

家族が初めて飲む情熱価格の麦茶の感想は、「飲み慣れたものとは違う」ということで、そしてすぐにどちらがドンキのものかわかりました。
はじめは、「飲み慣れている味の方が美味しい」と感じたようですが、追加してどんどん飲むうちに家族が出した結論は
「どちらも美味しい!」
でした♩

そのような結果がでたならば、国産、そして低価格な「情熱価格」の麦茶で良いではありませんか♩
私個人の感想も、「どちらも美味しい」です。濃い目に抽出するのが我が家の好み♩
毎日美味しくいただいています。

ドンキのPB麦茶「時短でおいしい入れ方」

毎日2リットルを消費する麦茶は、夏の週末になると4リットルになることも。
お湯出しでは冷めるまでに時間がかかり、そして水出しでもなかなか時間がかかります。 そこで時短でできる、我が家の麦茶の淹れ方をご紹介いたしますね♪

熱湯消毒した冷水筒に、麦茶パックをいれ、熱湯少々入れ濃い目に色がつくまで抽出します。

そして水を足し、冷蔵庫で冷やします。

麦茶ができた状態になるので、氷を入れることによってすぐに飲めますし、我が家やずっとこのように作っています。
作り忘れた時でも氷を使い、水筒に入れてあげることができます♬

情熱価格の国産100%麦茶!是非試してみてくださいね♪

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事