【Netflixの料金プラン】徹底解説!料金プランの違いと値上げ後の変更内容まとめ(2021年最新)

  • 2021年07月07日更新

こんにちは、エンタメのことならお任せ、映画ライターのmotoです。

世界190ヵ国以上で展開、2億人を超える会員数を誇り、今や動画配信サービスの代名詞となった「Netflix(ネットフリックス)」。

他社サービスの追随を許さないほど豊富に用意されたオリジナル作品に加え、話題の受賞作、人気の新作映画やドラマ、国内外のテレビ番組に至るまで、Netflixのコンテンツ数はトップクラスです。

そこで今回は、2021年2月に料金改正が行われたNetflixの最新プランと料金、支払い方法やプラン変更方法についてご紹介します。

【最新型】Netflixの料金改定後の新プランは基本3種類

Netflixには3種類の基本プランがあり、料金・画質・同時ストリーミング可能なデバイス数によって「ベーシックプラン」、「スタンダードプラン」、「プレミアムプラン」に分けられています。 2021年2月5日(金)より改定された、最新の料金プランをご紹介します。

お手頃な料金でNetflixを楽しみたい方におすすめ「ベーシックプラン」990円(税込)

画質にこだわらず「Netflix」を最も安い料金で利用したい方におすすめのプランが、「ベーシックプラン」です。 ベーシックプランでは、同時再生可能なデバイスは1台で、テレビに繋いで視聴した場合の画質はDVDと同程度。 画質を気にせず、とにかく安くNetflixで映画やドラマを楽しみたい方におすすめです。

高画質映像を、同時に2台のデバイスで楽しめる「スタンダードプラン」1,490円(税込)

Netflixの「スタンダードプラン」はHD(高画質)で動画を視聴することができ、デバイスも同時2台利用が可能です。 個人プロフィールからマイリストを作成できるため、他のユーザーと視聴履歴が混在することもありません。 2人で利用すれば、実質1人あたり約600円/月で利用可能になります。

動画を高画質で楽しみたい方におすすめ「プレミアムプラン」1,980円(税込)

「プレミアムプラン」ではHD(1080p)の約4倍の画素数であるUHD /4K画質での視聴が可能になります。 HDよりもさらに解像度が高く繊細な映像は、自宅にいながらまるで映画館にいるかのような臨場感を生み出します。 また、同時再生可能なデバイス数は4台で、登録者のIDを入力することでアカウント共有ができます。 家族みんなで高画質動画を楽しみたい場合におすすめしたいプランです。

Netflixを無料でお試しする方法

現在、残念ながらNetflixの利用料金が1ヶ月無料で楽しめるトライアルサービスは終了しています。

当初Netflixでは初回登録時より30日間の無料トライアルサービスを提供していましたが、このサービスは2019年12月に既に終了しています。

Netflixの支払い(決済)方法

Netflixの支払い方法は全部で6種類あり、各クレジットカードの他、「Netflixプリペイド・ギフトカード」、提携企業によるパートナー課金も可能です。

Netflixの支払い方法一覧

・クレジットカード(Visa、MasterCard、JCB、American Express、Diners)

・デビットカード(Visa、MasterCard、JCB、American Express、Diners)

・プリペイドカード(Visa、MasterCard、American Express、JCB)

・Netflixプリペイドカード(2000円、3500円、5000円)※

・パートナー課金(日本ケーブルテレビ事業者、J:Com、SoftBank)

・外部サービスのパッケージプラン(KDDI/au、オプテージ)

※Netflixプリペイドカードとは、オンラインやコンビニエンスストアで購入可能なカードで、クレジットカードを所有していない場合でもNetflixを利用できる決済方法です。 2,000円、3,000円、5,000円の3種類から金額の選択をし、毎月の支払いに充てることができます。

Netflixの料金をお得にする方法

「Netflixをもう少し安く利用したい!」 そんな方には、eo光ネットが提供している「Netflixパック」がおすすめです。

2021年1月16日よりeo光ネットが提供開始した「Netflixパック」は、eo光ネットの光回線サービスと「Netflixスタンダードプラン」がセットになったお得なパックです。 それぞれ単独で利用するよりも、毎月100円の割引が適用されます。 さらに今申し込みをすると、「Netflix最大1年分プレゼント」というキャンペーンが適用になり、さらに1,200円分の月額料金割引が最大12か月間入ります。

つまり、今eo光ネットの「Netflixパック」を契約することで1年間Netflixが無料で利用可能になるということです。

Netflixに学割はある?

結論から言うと…

Netflixに学割はありません。

2019年まではauのコラボ学割キャンペーンがありましたが、現在そのサービスは終了しています。 学割プランはありませんが、みなさんのライフスタイルに最適なプランが用意されていますのでご安心ください。

Netflixのプランを変更する方法

Netflixに用意されている3つのプランは、いつでも変更が可能です。アカウント情報の変更は、Netflixの公式ウェブサイトから行います。

Androidユーザーの場合は、Netflixアプリからウェブサイトのアカウントメニューにアクセスできますが、iOS版アプリにはその機能はありません。 なお、変更したプランが適用されるタイミングには注意が必要です。 変更内容によって、以下のように異なります。

・上位プランにアップグレードした場合▶︎変更後すぐにプラン適用され、新しい料金は次回請求日に請求

・下位プランにダウングレードした場合▶︎次回の請求日から変更後のプランが適用され、それまでは現時点のまま視聴可能

Netflixの解約方法

Netflixを解約・退会したい方のために、解約方法と注意点についてご紹介します。

Netflixを解約する前に注意すべきこと

普段動画を視聴している、Netflixのアプリ内から解約・退会することはできません。 選択している支払い方法によって違いはありますが、解約の手続きは基本的にNetflix公式サイトにログインして行います。

解約の手順は、支払い方法によって様々

Netflixの解約の仕方は、支払い方法や登録方法によって異なります。 クレジットカード支払いや「iTunes」での支払い、「au」の月額料金と合算するパッケージ方式を採用している場合など様々であるため、 まずは自分の支払い方法・登録方法を確認しておきましょう。

自分が選択している支払い方法は、Netflix公式サイトにログイン後、アカウント情報から確認することが可能です。

Netflixを解約する際に注意すべきポイント

Netflixは解約しても請求最終日までサービス利用が可能

Netflixは入会した日の前日が毎月の請求日となっています。 そのため、日割りはありません。 解約した時点でサービスが利用できなくなる、というわけではありませんのでご注意ください。 ちなみに解約後いつまで視聴できるかについては、Netflixから自動送信される解約完了メール内で確認することができます。

Netflixのアプリを削除するだけでは解約にならない

Netflixをお手持ちのスマートフォンやタブレットで楽しんでいる方が大半だと思いますが、そのアプリを削除するだけで解約完了とはなりませんのでご注意ください。 基本的に解約手続きは、Netflix公式サイトで行う必要があります。

まとめ

結局、どの料金プランを選択すべき?

以上、Netflixの料金関連をメインにご紹介させていただきました。

3種類から選択可能なNetflixの料金プランですが、まず第一選択候補としては「スタンダードプラン」をおすすめします。これは、個人的な意見です。

「ベーシックプラン」では、豊富な作品数があるNetflixを楽しむ上で、画質やデバイスが制限されてしまうため勿体なさが否めません。

「プレミアムプラン」では、UHD /4K画質の作品自体がまだ少なく、この超高画質に対応できるデバイスも限定された現状では、少々割高な料金設定に思えます。

家族全員がそれぞれのデバイスで同時再生する機会が多い、画質にこだわりがある、料金設定に不満がないという場合を除いては、あまりおすすめできません。

比べて「スタンダードプラン」の場合、2台のデバイスで同時に高画質再生が可能であるため、日常的にも料金的にもストレスなくNetflixを楽しむことができるでしょう。

プランの変更はいつでも可能ですので、まずは自分のサービス利用頻度や予算に合ったプランの選択をおすすめします。

【Netflix】マニアおすすめの人気作品をまとめてチェック!

【2021最新版】動画配信サービスおすすめ記事

動画配信サービス10社を徹底比較!

今では「Netflix」や「Hulu」などの様々な動画配信サービスが展開されていますが、どのサービスを利用すればよいか迷っている方も多いでしょう。

そこで、動画配信サービス10社の特徴を徹底比較してみました! タイプ別のおすすめサービスも解説していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事