楽チンなのにジューシーで美味しい【こねないハンバーグ】レシピ

  • 2021年07月28日更新

みなさんこんにちは、ヨムーノライターのMarinaです!

子どもから大人までみんなが大好きなハンバーグ。

いざ作るとなると、こねるときに手が汚れて何回も洗わないといけないし、洗い物も意外と多くて大変。人気メニューとはいえ、作り手からしたらなかなか面倒ですよね(笑)。

そこで今回は、テレビ番組『教えてもらう前と後』で紹介された「こねないハンバーグ」を実際に作ってみて、レポートしたいと思います。

ズボラさん感動!こねないハンバーグの作り方

テレビで紹介された手が汚れないズボラハンバーグを、実際に作ってみます!

材料(2人前)

  • じゃがいも...2個
  • チェダーチーズ...ひとつかみ

【A】

  • 合い挽き肉...250g
  • 玉ねぎ...1/2個
  • パン粉...1/3カップ
  • 卵...1個
  • 塩...小さじ1/3
  • 胡椒...ひとつまみ

こねないハンバーグ①じゃがいもと玉ねぎをカットする

ジャガイモは皮をむき、厚さ5mmほどに輪切りし、水にさらしておきます。
玉ねぎはみじん切りにします。

こねないハンバーグ②フライパンの底にじゃがいもを並べる

フライパンの底に、水を切ったじゃがいもを重ならないように並べていきます。残ったじゃがいもは後ほど使うのでとっておいてください。

こねないハンバーグ③密閉式保存袋に【A】を入れて揉み込み、絞る

密閉式保存袋にハンバーグのタネである【A】を入れてしっかりと揉み込みます。

均一にタネが混ざったら、保存袋の角をはさみで切ります。

フライパンに並べたじゃがいもの上に、タネを中央から渦巻き状に絞り出していきます。

タネが搾りにくかったら、保存袋の角をさらに切るとスムーズに出ます。途中でタネがちぎれても、後でヘラで直せば大丈夫!

こねないハンバーグ④じゃがいもを乗せ、弱火~中火で20分加熱

絞り出したタネを囲むように、残りのじゃがいもを乗せていきます。

フライパンに蓋をして弱火~中火で約20分火にかけます。
さし水も必要ないのでラクチン!

こねないハンバーグ⑤仕上げにチーズをトッピングして完成!

ハンバーグに竹串を刺して、肉汁が透明ならOK!仕上げにチーズをトッピングしてトロトロになったら完成です。簡単すぎてびっくり。こねないだけでなく、ひっくり返す工程もないんですね。

ハンバーグにはあまり見えないですが、ご馳走感があるおしゃれな見た目です。果たして手でこねるハンバーグと変わらず美味しいのでしょうか??

実食!こねていないのにジューシー

お皿に取り分けて、ケチャップやソースをかけていただきます。

食べてみると、普段作るハンバーグと変わらず美味しい...!
手でこねて空気を抜きながら成形していないのに、ジューシーな肉汁溢れるハンバーグです。

付け合わせのじゃがいもが良く合うんです。一緒に口に運んでももちろん美味しい。

キャンプやパーティーでみんなで取り分けてもサマになりますし、くたくたな夜、子どもから「ハンバーグ食べたい!」なんてオーダーが入ったときに、作るのにぴったり。すでにみじん切りにしてある「カット玉ねぎ」を使えば、さらにラク!

ズボラハンバーグは家庭の味方

今回は、テレビ番組『教えてもらう前と後』で紹介された「こねないハンバーグ」を実際に作ってみました。

この作り方なら手が汚れないだけでなく、一つずつ形を作らなくて良いのが本当にラクチン!密閉式保存袋を使うので洗い物もかなり減ります。

もう、これからハンバーグはこの作り方で良いのでは...!?

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ