「銭湯スタイル」が正解!【ニトリ】「お風呂のカビ&収納問題」500円台から解決!神グッズ

  • 2021年07月06日更新

こんにちは、ヨムーノライターSayoです。

暑いと感じる日も増えてきましたね。
新しい生活にも慣れてきて、疲れも少したまってくるころかもしれません。そんなときは、ゆっくりお風呂に入ると気分もスッキリすると思います。

そこで今回は、お風呂タイムをより快適にするためにわが家で実践している、ニトリグッズを使ったプチ工夫を紹介します。

ニトリ

防カビ・抗菌風呂フタ

1,823 円 (税込)

販売ページへ

※紹介している商品は、ヨムーノで販売しているのではなく、各サイトでの販売になります。各サイトで在庫状況などをご確認ください。 ※記載の情報や価格については執筆当時のものです。価格の変更の可能性、また、送料やキャンペーン、割引、クーポン等は考慮しておりませんので、ご了承ください。

「銭湯方式」で浴室掃除の手間を減少!

以前は、たくさんのアイテムを浴室に置いていましたが、知らず知らずについてしまうカビに嫌気がさした結果、わが家は「ものを置かない」スタイルに変えました。

なので、浴室に置いてあるのは浴槽のフタだけ。

お風呂に入るときは、必要なものを持っていく「銭湯方式」。

お風呂でしっかり洗って、気分もスッキリ。

「お母さん、タオル取って~!」

とお風呂あがりに言わせない。
パジャマを用意するタイミングと一緒に浴室扉に設置したつっぱり棒に家族分のタオルをセットするのが毎日の習慣。
子どもも手を伸ばせば届く高さなので、自分でタオルを取って拭いています。

浴室を最後に使った人が、お掃除するのがわが家のルール。
「フタ」しかない浴室だからどかすものが少ないので、気持ちよくお掃除ができます。

水気のあるものはつっぱり棒につるして朝まで自然乾燥すればカビも寄せ付けません。

掃除が終わった後は、「フタ」だけ置いてある浴室に元通り。
簡単なお掃除や仕組みは家族からも評判が良く、風呂掃除が「面倒」というイメージがなくなりました。

浴室で活用しているニトリグッズ

  • ニトリ「防カビ・抗菌風呂フタ(M-11)」
    価格:1,823円(税込)

サイズ:幅70×奥行110cm

凹凸も少なく抗菌素材で作られていることに惹かれ、購入に至りました。

表面は多少凸凹があります。
購入して1年ほど経過しましたが、ひどく汚れが付くことなく快適に使うことができています。

裏面に凹凸はありません。

6種類のサイズが展開されているので、浴槽にピッタリのものを選ぶことができました。

とても軽いので、簡単にフタを丸めることができ、子どもも安心して使えてとても助かっています。

  • ニトリ「強力つっぱりポール(50-75 SPN)」
    価格:599円(税込)

取付可能幅(約)50cm~75cm、パイプ径30mm

耐荷重
取付幅50cm時:耐荷重(約)20kgまで
取付幅75cm時:耐荷重(約)15kgまで

浴室扉の幅は、およそ65cm。
風呂いすやシャンプーのボトルなど、ある程度の重さがあるものをつるしたかったので、 耐荷重にゆとりのあるこちらの商品を購入しました。

ずれてくることもなく、安心して風呂いすやボトルなど重さがあるアイテムをつるすことができ、大変便利です。

ゴツゴツしているので、どうしても見た目のオシャレさには欠けてしまいますが、わが家はお風呂まわりの「効率化」を優先し、インテリア面は妥協しました。

  • ニトリ「リコット 抗菌風呂いす(座面高さ25cm)」
    1,017円(税込)

座面の高さが3種類から選べますが、床にシャンプーなどを置いた状態で、座ったときに一番体に負担が少ないと感じた25cmの高さをセレクト。

作りがとてもシンプルなので水気も拭きやすく、つっぱり棒につるせば、すっきり乾かすことができます。
使い始めて1年ほど経ちますが、カビがつくことなくとても気持ちよく使うことができています。

快適なバスタイムを手に入れよう!

いかがでしょうか。
ちょっとした工夫で、快適でお手入れも簡単な浴室にすることができます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

ニトリ

防カビ・抗菌風呂フタ

1,823 円 (税込)

販売ページへ

※紹介している商品は、ヨムーノで販売しているのではなく、各サイトでの販売になります。各サイトで在庫状況などをご確認ください。 ※記載の情報や価格については執筆当時のものです。価格の変更の可能性、また、送料やキャンペーン、割引、クーポン等は考慮しておりませんので、ご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事