5人家族で食費2万円台の達人!ドンキで「絶対にやってはいけない買い方5」

  • 2021年06月06日公開

こんにちは、子供3人の母、貯金ゼロから1000万円貯めたヨムーノライターのchippuです。

我が家は、自転車で5分のところにドン・キホーテがあるという好立地な場所にあります♪
なので、日用品や食料品、子どものお菓子などを購入するときに、スーパーではなくドン・キホーテを使うことも多いです。
いろいろな商品を安く買えて家計が助かるドン・キホーテですが、その魅力さから、少し油断をすると予算がオーバーしてしまうことも…。

とくに食費は要注意!5人家族で食費月2万5000円の私は、ドン・キホーテで買いすぎないように、5つのポイントを抑えて買い物へ行くようにしています。
今回は、ドン・キホーテで「ムダ買いを防ぐ買い物のコツ」=「絶対にやってはいけない買い方」をご紹介いたします♪

【ドン・キホーテ買い物のコツ1】魅力的なポップに惑わされない!

ドン・キホーテでと言えば、“派手なポップ”が特徴的ですよね♪
ドン・キホーテには、「ポップライター」という、お店に飾るPOPを専門に作る人がいます。

このPOPこそ、ドンキ・ホーテ最強の武器!
どれもカラフルで引き寄せられるので、つい商品に手を伸ばしてしまうことも多いです…。
そこで私は、どんなに魅力的なPOPを見ても、「買いたい欲」を抑えるよう、気持ちにがっちりフタをしています(笑)
ドン・キホーテのPOPを良く見てみると、派手だからと言って必ずしも割安とは限らないんです。

カラフルでいかにもお得そうなPOPがついていても、実際は定価と変わらなかったり、定価より少し高かったりすることも。
「POPが派手=安い」ではないので、派手なPOPに惑わされないよう買い物をしています。

「ワンコイン」「特売」などのポップには要注意

ドン・キホーテのPOPはいろいろな、買いたくなるワードが使われています。
なかでも危険度が高いのが、「ワンコイン」「特売」「限定価格」「圧倒価格」といった、いかにもお得なワードには要注意です!
たった一言で“安い”と思わせられる言葉が、独特のドンキ文字で書かれているので、販促効果は何倍にもなります。

ですが、やっぱりよく見てみると、案外そこまでお得ではないことが多いです。
ワンコインで売り出している商品も、ドラッグストアやスーパーで買った方が安い商品もあります。
ドン・キホーテでPOPを見るときは、販売価格が本当に安いかをジャッジすることが大切です♪

【ドン・キホーテ買い物のコツ2】訳あり品は、安さだけで即カゴに入れない!

ドン・キホーテに行くと、山積みに陳列されている訳ありの激安商品に出会うこともあります。
POPを見ると、「大量一括仕入れで安く販売できました!」と安い理由をかかれていることもあります。
ですが、どんなに理由があっても、訳あり品…。
訳ありになった理由が何なのかを知ったうえでカゴに入れないと、かえってムダ買いになってしまうことも。

例えば、お菓子や飲み物の激安訳あり品は、ちょっと変わったフレーバーだったり、不人気だったりすることが多いです。
それを知ったうえで購入するのは良いけれど、安いからと言ってまとめ買いして、口に合わなかったとなれば、ムダにしかなりません。

ドン・キホーテで激安の訳あり品を購入するときは、どんな商品なのかしっかり見てからカゴに入れるようにしています♪

【ドン・キホーテ買い物のコツ3】レジ待ちで“ついで買い“はしない!

ドン・キホーテは、敷地内すべてが売り場のようなもの!
「こんなところにも商品を並べるの?」と思ってしまうような場所に陳列されていることもありますよね(笑)
店先はもちろん、レジに並ぶ通路、駐車場も部分的に売り場として使われています。
つまり、店に入る前からレジでお会計をするまで、ずっと商品に囲まれているような状態なんです!

ドン・キホーテでムダ買いを防ぐために、こういった数々の売り場商品をついでに買わないよう注意しています。
「コレいいな」と思っても、ついで買いになってしまうものはカゴに入れません。
私はひとつカゴに入れてしまうと、「まぁいっか」と気持ちが緩んでしまうことが多いので、とにかく買わないように気を引き締めています。

【ドン・キホーテ買い物のコツ4】不必要なコーナーは足を踏み入れない!

ドン・キホーテは、食料品から日用品、化粧品、子どものおもちゃなど、とにかく何でもそろうディスカウントストアです。
いろいろなPOPもあって、店内をブラブラ見るだけでも楽しいのですが、そのウィンドショッピングこそがムダ買いの罠!
買う予定がないものを置いているコーナーへ行くと、ムダ買いをするのは確実です。

余計なものを買わないようにするには、「初めから見に行かないこと」で解決できます♪
食料品しか買う予定がないときは、食料品コーナー以外はすべてスルー。
よそ見をせずに、食料品コーナーへ一直線!見つけたら買っちゃうついで買いを防いでいます。

【ドン・キホーテ買い物のコツ5】支払いは「チャージ式のMAJICA」で、支払い時に予算分を入金する

ドン・キホーテで買い物をするときは、「チャージ式のMAJICA」で決済しています。
他の支払い方法も選べますが、チャージ式のMAJICAを使うと、予算以上に買ってしまうことを100%防げるんです♪

私は、「お会計の時に、予算分の現金をチャージして支払う」というスタンス。
その日、予定している分だけをチャージすれば、予算内でしか買い物ができません。
買いすぎてお会計のときにお金が足りないと店員さんに迷惑をかけますし、自分も恥ずかしい思いをすることも…。

そうならないため、買い物をするときは電卓を片手に持ちながら買い物をする癖が自然とつきました。
MAJICAアプリを使うと、ドン・キホーテのクーポンの閲覧や利用もラクなのでおすすめです♪

ドン・キホーテでは「ムダ買い防止の5カ条」がある!

ドン・キホーテは、色とりどりのPOPが飾られていていろいろな商品が購入できる、テーマパークのようなお店ですよね♪
パッと見ると安い商品が多いので、つい予定外のものも買ってしまいそうになります。
ですが、よく考えるとそこまで割安ではないものも多いです。

ドン・キホーテへ買い物に行くときは、財布の紐をしっかり閉めて、ムダ買いしないよう注意しましょう!

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事