計量もいらんとか神!業スーでもドンキでもない【激安店ラ・ムー】のコスパ破壊にホレたTOP3

  • 2021年06月22日公開

こんにちは!小学生2人・未就学児2人・夫婦も入れて6人家族の食費節約に努力している担当ヨムーノライターもぞうしです。
家族のお腹を満たすべくリーズナブルな食材を日々探しています。

そんな6人家族の胃袋をガッツリ満たすべくラ・ムーの冷凍食品もヘビロテで利用中♪
1~10、すべての工程を手ずから行うのは苦行ですが、冷凍食品を賢く活用すると調理が時短&ラクになっちゃいます。

ここでは、そんなラ・ムーの食料品のなかから、特におススメな3アイテムを紹介します。

1.1kgにサービス精神を見た「メガパック塩ゆで枝豆」

・メガパック塩ゆで枝豆 価格298円(税抜き)

わが家はみんな枝豆大好き。
普段は近所のスーパーで500g入り198円の冷凍枝豆を購入することが多いのですが、解凍すると大体2日で食べきっちゃいます。

夏だけじゃなく季節関係なく食べる程、家族の好物なのですが、もっと思いっきり枝豆食べたい!(枝豆食べながらビール飲みたい!)ってことで、ラ・ムーに行ったらこの枝豆を必ず買います。

とにかくコスパが良くて量も入っているのが嬉しい。 内容量1kgじゃなく、あえで1.1kgとしているのもオマケっぽくてラ・ムーのサービス精神が感じられ得した気分になってしまいます。

使う分だけお皿に移し、1.5時間~2時間程度自然解凍でOKな手軽さも、忙しい主婦には助かりますね。

ウチはジップロックのコンテナ容器にザザーと移して解凍し、そのまま食卓に出す超ズボラスタイル笑

「あともう一品欲しいな」「副菜があればいいな」って時に冷凍ストックがあると、頼もしい味方になりますよ♪

使い方無限大「国産鶏だんご」もおススメ

・国産鶏だんご 価格298円(税抜き)

肉団子やハンバーグ、餃子のタネなど、ひき肉からの調理が必要なメニューは、ウチでは既製品頼みです。
とにかく仕込みと出来上がりまでに時間と手間がかかるので、面倒で次第に作らなくなっちゃったんですよね…。

それで鶏だんごを始めつみれなど、スーパーで売られている出来上がったものを買うことが多く、ラ・ムーの国産鶏だんごもヘビロテで愛用中のひとつです♪

1kg298円という価格ももちろん魅力ですが、お値打ち品なのに「肉団子!」って感じが強いのがおススメの理由です!(あくまで個人の感想です)

安価な鶏だんごだと、練り製品特有のクセが強いというか鶏だんごというより鶏ボールな食感…。

もうちょっと満足できてコスパのよい商品はないかと探していたら、ラ・ムーでも扱っており試してみると、これがもう好みドストライクでした!

甘辛餡にからめて肉団子風にするのもいいし、冬には鶏だんご鍋の具材にするのも良し♪

今回は、ゆで野菜と解凍した鶏だんごを軽く炒め、甘酢あんかけ風に仕上げました。解凍は10個あたり2分600Wでカンタン。ウチはシリコンスチーマーにインしてます。

いちから肉団子を作ると手間ですが、冷凍品の使用により時間もかなり節約になります!

包丁も調味料の計量もいらんとか神「タコ飯の素」

・タコ飯の素3合用 価格298円(税抜き)

炊き込みご飯は具材を豊富に入れると、子どもたちも敬遠しがちな野菜を食べてくれるためよく作ります。
特にタコ飯は人気で、頻繁にリクエストされるのですが、タコって気軽に買える食材じゃないというか、定価だと「高っ!」ってなるので結果的にたま~にしか作らないんです(笑)。

このタコ飯の素は、240g入りで具材はシマダコ、ごぼう、タケノコ、人参が入っています。

パッと見た感じだとタコは150g程度かなという印象です。

調理法がとっても簡単で、普段の要領で3合分のお米を用意し、3合の目盛りまで水を入れたあとに解凍したタコ飯の素を加えるだけ!(中の調味料もすべて)

そしてフツーに炊き上げるだけです。以上! 包丁も面倒な調味料の計量もいらんとか、めちゃめちゃラクですよね…!!!嬉しい!

炊き込みご飯って個人的に味を整えるのが地味にストレスだったので、具材のカットもなし、味もお任せでOKなのがポイント高すぎでした。

出来上がりも、本当にごくごく普通の炊き込みご飯って感じで、毎回家族の評判もいいです♪

夫だけは「ちょっと醤油が足りないんじゃない」とか言ってますが、子どもたちが美味しいと食べてくれるので気にしません。

「毎週でも食べたい」と長男も言うほど子どもウケもいいので、是非お試しください♪

まとめ

普段の食事に使える冷凍食品以外にも、お弁当用の冷食もラ・ムーには豊富にそろっています!

近所のスーパーじゃお目にかかれない、ちょっと珍しいアイテムに出会えるので、是非ぜひチェックしてみてください。

面倒な食事作りの時間を楽しいひと時にしちゃいましょう!

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事