そうめんおすすめ6選|薬味ぶっかけやアレンジも無限!

  • 2021年08月03日更新

喉ごしがよく、夏の風物詩とも言えるそうめん。どのようなそうめんを選べばおいしく味わえるのか迷いますよね。

そこで今回は、そうめんの選び方のポイントとおすすめアイテムをご紹介します。ぜひ、食べてみたいそうめんを見つけてみてくださいね。

そうめん選びの3つのポイント

そうめんを選ぶ際は、以下の3つのポイントに着目しましょう。

製造方法で選ぶ

そうめんには主に、機械製と手延べ製の2つの製造方法があります。機械製は機械を使って製造しているため、品質や切り口、太さが均一になるところが特徴です。

手延べ製は古くから伝わる熟練された技を使って麺を延ばしており、手業だからこそできる微調整や質感がポイント。

日本には兵庫県や奈良県、香川県などそうめん生産が盛んな地域があり、手延べ製では地域の製造方法の違いも実感できるでしょう。

麺の太さで選ぶ

そうめんは種類によって、麺の太さが微妙に違います。機械製の場合は直径1.3mm未満の太さとなっていますが、手延べ製の場合は地域の特色に合わせて直径1,7mm程度のものもあります。

麺が細いをコシを感じやすく、ツルツルとした喉ごしを味わえるのが特徴です。逆に麺が太いとモチモチとした食感を堪能でき、食べ応えがあります。どちらも特色が異なるため、好みの太さのそうめんを選んでみてください。

用途に合わせて選ぶ

そうめんは家庭用としてはもちろんのこと、お中元やお土産などの贈呈品としても活用されています。とくに、そうめんの中でも上位品質のものは桐箱などに入っており、贈り物として重宝される仕様となっています。

どのようなシーンでそうめんを使うのかによっても、選ぶ商品を検討してみてください。

こだわりの製法が光る!おすすめそうめん6選

ではさっそく編集部が厳選したそうめんを6つご紹介します。

600年以上続く!手延べ製法 

出典:楽天市場

  • 兵庫県手延素麺協同組合「手延素麺 揖保乃糸 上級品 300g 10袋」
    参考価格:3,595円(税込)

600年以上続く手延べ製法によって、丁寧に作られているそうめん。小麦と塩水を練り合わせて熟成と延ばしを繰り返し、11もの工程を経て製造されています。

均一な品質を保つために厳しい基準を設けて検査指導をしており、長い間高い品質をキープしているところが特徴。細さとコシを兼ね備え、喉ごしのいいそうめんに仕上がっています。毎日食べたくなる定番のそうめんを探している方は、ぜひ試してみてください。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天市場】販売ページを見る

電子レンジ調理可能!滑らかさと喉ごし◎

出典:Amazon

  • 日清フーズ「日清 熟成極み 讃岐素麺 320g×4個」
    参考価格:634円(税込)

中央には粘り気を、上下には歯ごたえのある層を設けた独自の三層加熱熟成製法を採用。乾燥と熟成を繰り返して仕上げており、そうめんならではの滑らかな質感と喉ごしを両立させています。

電子レンジでの調理にも対応しているため、手軽に用意ができるところも嬉しいポイント。そうめんが食べたいと思ったときに手軽に作れる商品を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

【Amazon】販売ページを見る

おいしさそのまま!糖質を30%カット

出典:楽天市場

  • からだシフト「からだシフト 糖質コントロール そうめん 160g×10個」
    参考価格:1,978円(税込)

そうめんはうどんやそばと同等の糖質を持っているため、糖質制限中の食べ過ぎは禁物。こちらの商品は従来のそうめんに比べて糖質を30%カットしており、ダイエット中や糖質を気にしている方でも気兼ねなく味わえます。

糖質をカットしても喉ごしや風味などはそのままで、おいしく味わえるところもポイント。糖質制限中やダイエット中でも食べられるそうめんを探している方は、要チェックです。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天市場】販売ページを見る

麺線が太めでモチモチ!食感が楽しい

出典:楽天市場

  • 小野製麺「手延半田めん 300g×5袋」
    参考価格:1,870円(税込)

300年余りの歴史がある半田そうめん。小麦粉と鳴門の塩、吉野川の伏流水を使い熟練した職人の技で製造されています。通常のそうめんは1.3mm未満ですが半田そうめんは1.4mm~1.6mmほどと麺線が太く、モチモチとした食感を楽しめるところが特徴。

にゅう麺などにしても伸びにくく、季節問わずおいしく味わえます。麺の細さよりも、食感や食べ応えを重視してそうめんを選びたい方にピッタリです。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天市場】販売ページを見る

特級品!ギフト用におすすめ

  • 株式会社高田商店「手延素麺 揖保乃糸 特級品 50g×20束 黒帯 そうめん 木箱 ギフト」
    参考価格:2,640円(税込)

揖保乃糸の中でも特級品は、12月~2月の寒い時期に上質の小麦粉を使用して作る貴重な逸品となっています。製造できるのは組合が認定をした熟練製造者のみで、製造量が限定されているところもポイント。その分、コシやツヤ、風味に申し分がなく、ワンランク上のそうめんを堪能できます。

本格的なそうめんを味わいたい方や、お中元などの贈り物としてのそうめんを探している方におすすめです。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天市場】販売ページを見る

7色のカラーが鮮やか!食卓が華やかに

  • 株式会社池利「池利 三輪そうめん 七色そうめん (14束/700g/約9人前) 木箱入り」
    参考価格:3,240円(税込)

柚子や梅、かぼちゃなど野菜本来の色で色付けがされたそうめん。7色の鮮やかな色彩は、見ているだけでも食欲をそそります。

そうめんは1kgの小麦を2km以上の長さに伸ばしていく手延べ製法によって作られており、熟練した職人の技を感じられます。小麦や塩、植物由来の油など、原材料にこだわっているところもポイント。ご家庭で楽しく食べるのはもちろんのこと、贈り物としてそうめんを用意したい場合にもピッタリです。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天市場】販売ページを見る

お気に入りのそうめんを選んでみよう

そうめんは製造方法や原材料によって喉ごしや食感が異なるので、好みのそうめんを見つけることが大切です。今回ご紹介した選び方を参考に製造方法や太さ、用途をチェックしながら選んでみてくださいね。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事