また食べたい!の声から誕生「マクドナルド」創業50周年復刻バーガー&やみつき激辛ナゲット

  • 2021年07月05日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

辛さでやる気に火をつけよう!
マクドナルドは、ホットな辛さと、チキンと香辛料の旨みのコンビネーションが楽しめる「スパイシーチキンマックナゲット」を6月16日(水)から期間限定で販売します。

また、「ジューシーチキン 赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」「トリチ(トリプルチーズバーガー)」の3商品を6月23日(水)から期間限定で販売します。

ここでは、その概要をご紹介しています。

スパイシーチキンマックナゲット(5ピース) 200円(税込)

真っ赤な色と刺激的な辛さが特長の「スパイシーチキンマックナゲット」は、そのやみつきになる辛さが、お客様に大変ご好評をいただいており、今回で5度目の登場となります。

唐辛子の辛みとガーリックやオニオンの旨みで後引くおいしさがたまらない、スパイシーさと、さらにホワイトペッパーとブラックペッパーの2種のペッパーがチキンの旨みを一層引き立て、暑さが本格化するこれからの季節にピッタリな味わいです。

「スパイシーチキンマックナゲット」は、毎回その辛さをよりお楽しみいただける期間限定ソースとともに登場しており、合わせて大変ご好評いただいております。

今回も辛いもの好きな方はもちろん、これから暑くなる季節に刺激的な辛さで気分爽快になっていただきたいとの思いから、辛さのテイストが異なる2種の激辛ソースが新登場いたします。

焦がしにんにくラー油ソース

「焦がしにんにくラー油ソース」は、焦がしにんにくの香ばしく旨味のある味わいと、ラー油の辛味が特長のソースです。隠し味にすりごまとオニオンを加えることで、おいしさがアップし、しっかり辛い中でも、旨味のある味わいに仕上げました。

トリプルスパイシーソース

「トリプルスパイシーソース」は、赤唐辛子と黒胡椒に、華やかな辛味を添える花椒(かしょう)を加えることで、異なる3種の辛味を楽しめるソースに仕上げました。 隠し味のローストガーリックで香ばしさを足すことで、しっかりと辛いながら、やみつきになるソースです。

販売期間

2021年6月16日(水)~7月上旬(予定)

販売時間

全営業時間中

※辛味が苦手な方やお子様はご注意ください。
※単品での販売のほか、バリューセットのサイドメニューとしてもお選びいただけます。
※夜マック®のポテナゲ大・特大ではお選びいただけません。
※「スパイシーチキンマックナゲット」の15ピースの販売はございません。
※「スパイシーチキンマックナゲット」「チキンマックナゲット」5ピースはお好きなソース1個付き、「チキンマックナゲット」15ピースはお好きなソース3個付きです。

日本マクドナルド 創業50周年キャンペーン 第1弾

▲販売期間:2021年6月23日(水)~7月下旬予定

第1弾は、これまでご提供してきた数々のメニューから、各時代に人気を博し、各世代の方々にとって思い出深いバーガー3商品が一挙に登場いたします。

このバーガー3商品は、2020年10月に日本マクドナルド公式Twitterアカウント上にて、もう一度食べたいバーガーを募った「#私の推しバーガー」企画で、多くのリクエストをいただいたバーガーです。

召し上がったことがある方には、あの頃を思い出しながら、また、召し上がったことがない方にも、多くのリクエストをいただいた人気のバーガーの味わいを、思う存分お楽しみいただければと存じます。

ジューシーチキン 赤とうがらし 単品390円(税込)

「ジューシーチキン 赤とうがらし」は2008年からレギュラーメニューとして販売し、赤とうがらしを使用したスパイシーな味付けでジューシーなモモの一枚肉を味わうホットなおいしさでご好評いただいたバーガーです。

テキサスバーガー2021 単品490円(税込)

「テキサスバーガー2021」は、ジューシーな100%ビーフパティと、トルティーヤチップス、スモーキーなベーコンと濃厚なチェダーチーズを3段バンズでサンドしたアメリカのテキサスをイメージさせるワイルドな味わいのバーガーです。

2010年の初登場以来、登場のたびに大人気の「テキサスバーガー」を、パリパリのトルティーヤチップスで食感も楽しく、2021年バージョンで装いも新たにご提供いたします。

トリチ 単品420円(税込)

「トリチ」は2017年の「第1回マクドナルド総選挙」で第一位を獲得した「ダブルチーズバーガー」の公約バーガーとして登場した商品です。

「ダブルチーズバーガー」のおいしさに、ビーフパティとチェダーチーズを1枚ずつ加えた食べ応えたっぷりの味は、登場のたびに、多くのお客様にお楽しみいただいております。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事