新型コロナワクチン「済証」提示で宿泊割引!天然温泉と食事を楽しむ【千葉県リソルの森】

  • 2021年06月18日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

新型コロナワクチン「済証」提示で1泊1人につき3,000円宿泊割引!
体験型リゾート施設『Sport & Do Resort リソルの森(千葉県長生郡長柄町上野521-4)』は、長引くコロナ禍での巣ごもり疲れを癒す宿泊プランとして、多くの方に中房総の森の中に佇む当施設の2つの温泉施設と大自然をお楽しみいただける1泊2日の「プチ湯治!森のスパリゾート湯めぐりプラン」(平日限定)を、6月23日(水))から7月16日(金)まで提供します。

同時に、新型コロナワクチン接種を終えた人に発行する「接種済証明書」を提示すると、1泊1人につき3,000円割引、2連泊以上1人につき6,000円割引くキャンペーンを同期間、同プラン対象に展開します。

ここでは、その概要をご紹介しています。

新型コロナワクチン2回接種者限定割引サービス「1泊1人3,000円割引」キャンペーンを実施

ワクチンの大規模接種センターの運用拠点が拡大し、職域接種もほどなく開始するなどワクチン接種が加速化しています。

こうした中、ワクチン接種を完了した方から順に、コロナ禍以前のように「温泉」や、「お食事」を安心してお楽しみいただきたいとの思いから、新型コロナワクチン2回接種者限定で、1泊1人あたり3,000円、2泊以上1人あたり6,000円の割引きサービスを提供します。

チェックイン時に、接種完了の証明書をご提示いただくと、割引金額でお得にご宿泊いただけます(利用者全員ホテルチェックイン時に提示)。

巣ごもり疲れを癒す“プチ湯治プラン”概要

プラン名

「プチ湯治!森のスパリゾート湯めぐりプラン」

客室

「リラクゼーションスイート」(80㎡)リソルの森の16階建てシンボルタワー「ホテルトリニティ書斎」内

内容

プチ湯治チケット(紅葉乃湯と長柄カルナの湯の入浴)と、宿泊・食事(朝、夕)付プラン、フットハーブバス特典付

食事

朝食は、地元の新鮮野菜を使用したサラダやスープ、オムレツなど彩り鮮やかなお料理をバスケットに詰めた「モーニングBOX」をお部屋にお届けします。

夕食は、旧スイス大使館の歴史的建築の「和食処翠州亭」内で、房総の海の幸・山の幸をふんだんに活かした会席料理「さざ波」

温泉

【天然温泉「紅葉乃湯」 宿泊期間中の入浴券】
つるとろの感触で肌がなめらかになる黒褐色のナトリウム炭酸水素塩鉱泉で、男女ともに内湯と露天風呂を完備。

【 温浴施設「長柄カルナの湯」 宿泊期間中の入浴券】
北海道から運んだ温泉原石より溶出する準天然温泉をはじめ、疲労回復効果があるという炭酸泉「ラムネの湯」をお楽しみいただけます。

特典

【ハーブ狩り&フットハーブバスセット】
お好みのハーブをグランヴォー スパ ヴィレッジ内のハーブナーセリーから採取いただき、フットバスをお楽しみいただけます。

当施設は、2020年4月に新設し、地下600mからふんだんに湧出した海のミネラル豊富な黒褐色のとろとろとした肌触りの天然温泉「紅葉乃湯」と、同年4月にリニューアルオープンしたメディカルトレーニングセンター内に位置する北海道二股温泉から採取された原石より溶け出した乳白色の準天然温泉をお楽しみいただける「長柄カルナの湯」の2つの温泉施設があります。

食事は、夕食、朝食つきでご提供します。
夕食は、旧スイス大使館として使用された格調高い建物で現在は国の「登録有形文化財」に登録されている趣のある和食処翠州亭でご提供し、房総の漁港に水揚げされたばかりの新鮮な海の幸をはじめ、房総の大地に育まれた採れたて野菜等、旬の地元食材を活かした和食御膳をご用意します。

朝食は、地元の新鮮野菜を使用したサラダやスープ、オムレツなど彩り鮮やかなお料理をバスケットに詰めてお部屋にお届けします。

ご宿泊は、眼下に中房総の森が広がり、遠くに海を臨む16階建てのホテル棟「トリニティ書斎」の「リラクゼーションスイート」(80㎡)をご利用いただきます。ハーブナーセリーからお好きな香りの自家栽培ハーブを収穫し、桶に入れてお湯を注ぎ、足を浸してリラックスできるフットハーブバスの特典付きです。

提供開始

2021年6月23日(水)~ 7月16日(金)までの期間限定、平日のみ

ご予約申し込み先

https://www.resol-no-mori.com/recommend/kiji85.html

価格:1泊2日あたり

・1室1名様利用37,470円
・1室2名様利用25,150円

※サービス料・消費税込
※天然温泉「紅葉乃湯」の入湯税150円は別途かかります。(12歳以上の方)
※チェックイン1日前17:00までに要予約

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事