JA全農が教える【おすすめ枝豆レシピ2選】フライパンと炊飯器で簡単調理!

  • 2021年08月16日更新

こんにちは、管理栄養士でヨムーノライターのayachinです。

枝豆が美味しい季節がやってきましたね。みなさんは、どのような調理法で枝豆を楽しんでいますか?   

ここでは、JA全農広報部がTwitterで紹介した「枝豆の美味しいレシピ」を2つ試します。

今まで枝豆は茹でるだけだった方は、覚悟してください。もう戻れないかもしれません!

【教えてもらったのは】JA全農広報部

JA全農広報部の公式アカウントとは

全国農業協同組合連合会(以下「JA全農」)がソーシャルメディアを通じて、JA全農の業務、取り組み、イベント情報等、有用な情報を発信中!

特に、美味しいレシピや食べ方など、ついマネしたくなるツイートが話題です。

茹でる派にこそ試してほしい「枝豆の蒸し焼き」  

JA全農広報部中の人が"これは手が止まらない..."と大絶賛の食べ方が、「枝豆の蒸し焼き」!作っていきましょう。

枝豆の蒸し焼きレシピ①フライパンに枝豆を並べて、水を入れる

フライパンに枝豆を並べ、枝豆が半分浸る程度の水を入れます。

水が少なすぎるのでは...?と感じるかもしれませんが、これくらいがちょうどいいんです!

枝豆の蒸し焼きレシピ②フタをして、5分蒸す

少し隙間を開けた状態でフタをして、5分程度、中火にかけて蒸していきます。

蒸している間、枝豆の状態が気になりますが、途中でフタを開けないようにしましょう。

枝豆の蒸し焼きレシピ③蒸し上がったら、枝豆に塩をまぶす

蒸し上がったら、枝豆に塩ひとつまみをまぶして完成!暑い日などは、好みで塩の量を増やすなど、調整してみてください。

熱いうちに塩をまぶしたほうが、よく絡んでおすすめです。

実食!茹でより美味しく、実がツルっと出て食べやすい

あっという間に完成しました!

蒸し焼きした枝豆は茹でたときと比べ、枝豆本来の食感が残っていて、食べ応えもあり、美味しい!

食べる時にサヤから実がツルっと出てきやすく、とても食べやすかったです。薄皮もきちんと剥けたので、口当たりよく美味しくいただくことができました。子どもたちも、いつもより食べやすいと大満足でした。

次は、枝豆を白米と一緒に炊く「枝豆ごはん」を紹介します!

グリーンピースごはんを上回った「枝豆ごはん」

一緒に炊くとご飯に枝豆の香りが移り、JA全農広報部中の人いわく「枝豆風味に包まれて眠りたい」ほど。。

さっそく作っていきましょう。今回つくった分量はこちらです。

  • 米...2合
  • 枝豆(さや付き)...150gほど
  • 塩...小さじ1~1と1/2

枝豆ごはんレシピ①枝豆を1~2分程度加熱

枝豆を1~2分程度茹でるか、蒸し焼きにします。今回は、上記で紹介した方法で、塩はふらない状態で「蒸し焼き」にしました。

枝豆ごはんレシピ②サヤから実を取りだす

蒸し上がった枝豆の粗熱がとれたら、サヤから実を取りだしてください。

熱いので、やけどに気を付けましょう。

枝豆ごはんレシピ③お米の上に枝豆をのせて、炊飯したら完成

洗ったお米を炊飯器に入れて規定通りの水で、30分~1時間ほど浸漬(しんし)しておきます。そこにさやを外した枝豆と塩をのせて、炊飯を開始しましょう。

※浸漬(しんし)とは、米を水に浸すことです。

炊き上がったら、完成です!炊いているそばから、枝豆の香りが家中に広がりました。

実食!枝豆の旨味がごはんに移ってモリモリいける!

食べてみると、枝豆とごはんがよくマッチしていました!

ごはんだけ食べても枝豆の旨味たっぷりで、普段は白いごはんをあまり食べたがらない子どももモリモリ食べていました。それだけ、ごはんに枝豆の美味しさが移っているんですね。

豆ごはんの仲間「グリンピースごはん」と比較すると、グリンピースはボソボソした食感が口に残ってしまうのに対して、枝豆はツルっとしていて後味まで美味しいのも魅力!

枝豆をアレンジして、旬を味わって

JA全農広報部がTwitterで紹介した「枝豆の美味しいレシピ」を2つ紹介しました。

枝豆ごはんは、塩を少し加えたらより枝豆の甘みを感じることができそうだなと思いました。また、ためしに納豆を少しのせてみたところ、意外にも納豆のネバネバとツルっとした枝豆の相性がよかったです!

旬のこの時期に、枝豆の美味しさを堪能してみてはいかが?

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事