【ダイソー】おすすめアウトドア・キャンプ用品!「バーベキュー便利シート」は見た目以上に仕事デキる

  • 2021年07月02日更新

こんにちは!最近キャンプ用品を収集し始めたキャンプ初心者のヨムーノライターlovekuma_emilyです。

テントや椅子など大きなキャンプギアは購入しましたが、まだまだ足りないものばかり。そんな時、やはり助けてくれるのが100円ショップ。

ここでは、ダイソー購入したキャンプで役立ちそうな「バーベキュー便利シート」をご紹介しています。

ダイソー バーベキュー便利シート

ダイソーで購入した「バーベキュー便利シート」税込110円です。

ダイソーバーベキュー便利シート

サイズは30×30cm。
簡単に曲げることが出来るくらいペラペラのシートですが、このシートでお肉や焼きそばが焼けてしまうんです。

ダイソーバーベキュー便利シート

シートには両面フッ素加工がしてありますので、焦げ付きにくくなっています。

ダイソーバーベキュー便利シート

商品袋の裏面をよくお読みになってからご使用くださいね。
早速使用してみましょう。

※シートは一度洗ってから使用しています。

焼きそばを焼いてみよう!

ダイソーバーベキュー便利シート

焼きそばの具材を準備します。
今回はサラダ油を使わずにソーセージの脂のみで焼いていきます。

ダイソーバーベキュー便利シート

火起こしをした焚き火台の上にシートを置きます。

ダイソーバーベキュー便利シート

シートを置いて数十秒してから具材を入れて炒めていきます。
具材を入れてから直ぐにジュージューと、焼ける音がし始めました。

ダイソーバーベキュー便利シート

しばらくトングでかき混ぜながら炒めていくと、ソーセージに焼き目が!
しかし、シートへの焦付きはありません。

ダイソーバーベキュー便利シート

次に麺を入れて炒めていきます。
炭の勢いが弱かったので麺が焼けるまで多少時間がかかりましたが、あまり強すぎるのもシートの使用には良くないそうです。

ダイソーバーベキュー便利シート

麺が焼けたのでソースを加えて完成です。

ダイソーバーベキュー便利シート

目玉焼きも焼いてみよう!

ダイソーバーベキュー便利シート

焼きそばを焼いた後のシートを洗わずに、そのまま目玉焼きを焼いてみました。

ダイソーバーベキュー便利シート

数分でシートに焦げ付く事なく目玉焼きが焼けました。

ダイソーバーベキュー便利シート

今回作った焼きそばは息子の昼ご飯となりましたよ。

シートのお片付け

ダイソーバーベキュー便利シート

息子が焼きそばを食べている横でシートのお片付けスタートです。
目玉焼きを作った際の白身の残りをフライ返しで擦ると、簡単に取ることが出来きました。

ダイソーバーベキュー便利シート

軍手などを履いて火傷に気をつけながらシートを焚き火台から下ろします。炭の面側のシートは使用時間が短いのもあってか、特に炭の煤などの汚れはありませんでした。

ダイソーバーベキュー便利シート

シートの粗熱が取れたら、焼き面を内側にクルクルと巻いてお片付け完了です。
薄くて軽くて洗いやすいのでキャンプなどでも、荷物の隅に片付ける事が出来ます。

サイズが大きくはありませんので、大人数での使用には向きませんが鉄板に比べ扱いやすいので重宝すると思います。

ダイソーバーベキュー便利シート

まずは店頭でチェックしてみてくださいね。最後までご覧頂きありがとうございました!

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事