【業務スーパー】おすすめチョコレートのお菓子2選!「アルフォート」激似だから満足度高し

  • 2021年07月18日公開

こんにちは、業務スーパーやスイーツをこよなく愛するヨム―ノライターのきなこです。

業務スーパーでは、いま新商品が続々と登場しています。
私がよく行く業務スーパーでは、商品の価格表示部分に「新商品」と記載されているため、すぐに目にとまり思わずカゴにinしてしまうことも。

個人的に業務スーパーの輸入菓子はおいしくて大好きなので、特に新商品が出ると迷わず購入してしまいます。

そこで、今回は業務スーパーの新商品「ミルクチョコレートビス」と「ダークチョコレートビス」の2つをご紹介します。

業務スーパー ミルクチョコレートビス 111円(税込)

・JAN:65495422518
・内容量:9枚入り
・原産国名:トルコ

【栄養成分表示1枚あたり】エネルギー:55㎉/たんぱく質:0.6g/脂質:2.5g/炭水化物:7.5g/食塩相当量:0.05g

チョコレート菓子なのに、1枚のカロリーが低く体型を気にする方にはとてもうれしいですね。

ブルボン「アルフォート」激似だけど個包装じゃない!

業務スーパーのミルクチョコレートビスは、ブルボンのアルフォートに似ている印象です。

開封してみると、車輪の絵がついたミルクチョコレートにビスケットががっちりとくっついています。

ちなみにアルフォートとはちがい、1個ずつの個包装ではありませんので、一度開けたら保存方法に工夫は必要かと思います。

続いて、ダークチョコレートビスの商品情報をご紹介します。

業務スーパー ダークチョコレートビス 111円(税込)

・JAN:654954221525
・内容量:9枚入り
・原産国名:トルコ

【栄養成分表示1枚あたり】エネルギー:56㎉/たんぱく質:0.7g/脂質:2.9g/炭水化物:6.8g/食塩相当量:0.03g

ミルクチョコレートビスと比較しても、カロリー的に大きな差はありません。開封してみると、ダークチョコレートはかなり真っ黒!

こちらもミルクチョコレートビスと同様、ダークの板チョコとビスケットががっちりとくっついているのが特長です。

ミルクチョコレートビスとダークチョコレートビスの実食レポ開始!

早速コーヒーと一緒に頂いてみましょう。

まずは、ミルクチョコレートビスから食べてみると、ごく普通にあるミルクチョコレートビスケットです。

ビスケットは甘さ控えめで、どちらかというとクラッカーのような軽めの食感。

海外製のチョコレートは比較的甘さが強めの印象ですが、ミルクチョコレートビスはそこまで甘ったるさは感ず、子どものおやつにぴったりかと思います。

続いてダークチョコレートビスを食べてみると、チョコレートのビターさが強く大人受けしそうなお味。

ビスケット食感はミルクチョコレートビスと同様、甘さ控えめのクラッカーみたい(笑)。カカオの主張が強いので、お酒のおつまみにしてもよさそうです。

甘めのお菓子が好きなら「ミルクチョコレートビス」を、甘ったるいチョコレートが苦手……というかたは「ダークチョコレートビス」をチョイスするといいかもしれません。

価格がリーズナブルなので、両方チョイスして食べ比べてしてみるのも◎。

暑い時期におすすめの食べ方は冷凍すること

夏の暑い時期にチョコレート菓子を食べるのは、気温の関係から少しハードルが高いです。部屋に保存しているだけで溶けてしまうリスクがあるし、食べるときも手がドロドロになりがちです。

そんなときにおすすめの食べ方は❝冷凍してしまうこと❞

しかも、湿気防止にもなるという一石二鳥!

購入してきたら、箱のまま冷凍庫に入れてしまいましょう。冷凍庫から1つずつ取り出して、食べればチョコレートはひんやりして硬く、カリッ・バキッとした食感でおいしく頂けますよ。

ビスケットも完全には固まらず、取り出したらそのまま食べられるので暑い時期にはおすすめの食べ方です。

ただし、手で持って食べていると手の温度でチョコレートは溶けてきてしまうので、素早く食べるのがよさそう(笑)。

業務スーパーの輸入菓子はかなり美味!常備しておきたい逸品

今回は、業務スーパーの新商品「ミルクチョコレートビス」と「ダークチョコレートビス」をご紹介しました。

どちらを購入してもハズレはありませんが、お好みでチョイスしてみてください。気になった方は業務スーパーでチェックしてください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事