【なす料理】の裏技2選!「なすの味噌汁を黒くしないコツ」&「揚げない揚げ浸し」のカンタン調理法

  • 2021年09月07日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

今が旬の「なす」。
食卓に並ぶ機会も多いかと思いますが、ちょっとした裏ワザを使うことで、いつもよりも美味しさや見た目が格段にアップします。

今日はそんな「なすに関する裏ワザ」をご紹介します。

「なすの味噌汁が黒くなる」長年の悩みを一発解決!

数あるなすの料理の中でも、なすの味噌汁が好きな方も多くいるのでは?

しかし、なすの味噌汁を作って、「なすや汁の色みが黒くなってしまった」という経験はありませんか?せっかく作ったなすの味噌汁が黒くなってしまうと、なんとなく見た目がおいしくなさそうに見えて残念な気持ちになりますよね。

そこで、今回はなすの味噌汁が黒くならない方法を紹介し、さらに翌日の味噌汁でも黒くならないかを検証してみました!

レポートしてくれたのは、管理栄養士でヨムーノライターのmonchiさんです。

管理栄養士が教える「なすの味噌汁が黒くなる理由」

なすの皮の紫色は『ナスニン』という成分で、ブドウの皮などにも含まれるポリフェノールの一種です。ナスニンは、日々のストレスなどで発生する全身の"活性酸素"を取り除く働きをするので、生活習慣病の予防や眼精疲労の回復などに役立つと言われています。

ただし、水に溶けやすい性質を持つナスニンは、湯の中で長い時間加熱していると流出するため、なすの味噌汁を作ると、なすや汁の色みが黒くなってしまいがちなのです。  

「沸騰してからなすを入れる」と味噌汁が黒くならない

実は特別なことをする必要は無く、なすを「だし汁に入れるタイミング」だけ注意すればよいのです。

具体的な方法は下記の通りです。

  1. だし汁を沸騰させた状態で、なすを入れる
  2. 2分ほど加熱してなすに火が通ったら火を止めて、味噌を溶かす
    (※だし汁600㎖に対して、なす1本を使用し、強火で加熱しています)

しっかり沸騰しただし汁になすを入れることで加熱時間が最小限で済み、それによって汁に流出するナスニンの量を抑えることができます。

なすをたくさん入れたいときは、だし汁の温度を下げないよう少しずつなすを入れて、常にだし汁を沸騰させた状態に保つとよいです。なすを細かく切りすぎると、表面積が増えて皮からナスニンが流出しやすくなるので、注意しましょう。

それでは、実際に「最初からなすを入れて、だし汁を加熱する方法」と、解決策の「沸騰しただし汁になすを入れる方法」の2種類でなすの味噌汁を作ってみます!

最初からなすを入れて、なすの味噌汁を作ってみた

この味噌汁はなすを最初からだし汁に入れ、沸騰後も5分ほど加熱しました。

なすの皮の色は紫色が抜けて黒っぽくなっていますが、味噌汁は特に黒さが気になりませんでした。  

沸騰してからなすを入れて、なすの味噌汁を作ってみた

なすの皮の色がきれいな紫色で、味噌汁の色も黒くないですね。

なすの味噌汁を比較!

▲最初からなすを入れた味噌汁(写真左)、沸騰してからなすを入れた味噌汁(写真右)。

2種類の味噌汁を並べてみるとなすの皮の色の違いがよくわかりますね!

揚げずにとろっとろ「悪魔級!なすの揚げびたし」

なすは油で揚げると、白米が止まらない最強のとろとろおかず。揚げびたしなんて最高!

でも、油調理が苦手な方、後処理が面倒な方もいると思います。そこでおすすめするのが、JA全農広報部の「ホットサンドメーカーを使って、なすをとろとろに調理する」方法!

簡単にできるうえ、背徳のとろとろ感が味わえます。なす1本をあっという間に間食してしまうはず!

管理栄養士でヨムーノライターの榎本さんが、実際に試してレポートしてくれました。

【教えてもらったのは】JA全農広報部

JA全農広報部の公式アカウントとは

全国農業協同組合連合会(以下「JA全農」)がソーシャルメディアを通じて、JA全農の業務、取り組み、イベント情報等、有用な情報を発信中!

簡単に作れて、美味しいレシピや食べ方など、ついマネしたくなるツイートが話題になっています。

人気レシピ「ホットサンドメーカーでとろとろなす」作ってみた

材料(1人前)

  • なす...1本
  • サラダ油...大さじ1

なすの人気レシピ①なすをカットし、切り込みを入れる

なすを縦半分・横半分にカットし、1本を4等分にしましょう。

そのあと、なすの皮目に切り込みを入れます。

なすの人気レシピ②ホットサンドメーカーになすを並べる

ホットサンドメーカーに油適量を敷き、なすの断面を下にして並べ、サラダ油を回しかけます。

なすの人気レシピ③両面、弱火で6分焼く

弱火で3分焼いたらひっくり返し、同じように3分焼いて完成です!

あまり火が強いと焦げてしまうので、弱火でじっくり火を通すのがポイントです。様子を見ながら加熱時間を調節して下さい。

なすが柔らかとろっとろで、中まで美味しい

なすは油を吸って、柔らかくトロッとした仕上がりに。表面には程よく焼き目もついていました!

箸で持つと、皮までやわらかいのがよくわかります。中までしっかり油が入っていますね。

めんつゆで味付けしたら、"料亭"風の揚げびたし

めんつゆに浸し、削り節と青ネギ各適量をトッピングして食べてみました。

めんつゆがなすにしみ込んで、削り節、青ネギの風味が最高に合います!揚げていないのに、なすの揚げびたしと同じような食感、風味が楽しめました。

手間をかけて作ったように見える一品ですが、実際は7分ほどで作れてしまいます。

ホットサンドメーカーをお持ちの方は作ってみないと損ですよ。私もこれからちょっと一品足りないなぁというときの夕飯やお弁当などでたくさん作りたいと思いました。

※お手持ちのホットサンドメーカーの取扱説明書をご確認の上、ご使用ください。

裏ワザでなすを美味しく食べよう!

なすに関する裏ワザを2つご紹介しました。

なすを食べるならぜひご紹介した裏ワザで、旬の美味しさを存分に味わってくださいね!

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。
※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

【あわせて読みたい】なす 味噌汁 おすすめ記事

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事