手がベタベタしない!【桃を簡単にむく裏ワザ】「スーパーの青果部」直伝「ムダ一切なし!」

  • 2021年12月02日更新

みなさんこんにちは。管理栄養士でヨムーノライターのmihoです。

夏の時期になると、多く出回る「桃」。
甘くてみずみずしい桃は、そのまま食べるのはもちろん、ケーキやパフェなどのデザートとしても人気ですよね。

そんな桃ですが、独特の質感や形状で、剥くのが苦手な方も多いのではないでしょうか?

今回は【桃を無駄なくきれいに、そして簡単に剥ける裏ワザ】を実践し、レポしていきたいと思います。

野菜のプロとして話題「青髪のテツ」さんの桃をムダなく簡単に食べる方法

今回、桃をムダなく簡単に食べる方法を教えてくれたのは、青果部マネージャーとしてスーパーで働く「青髪のテツ」さん。
野菜や果物の役立つテクニックをTwitterやブログで発信しています。

では早速、青髪のテツさんの裏ワザを試しながら、桃を剥いていきたいと思います!

桃の切り方①お尻に沿って、一周切れ込みを入れる

まずは桃のお尻に沿ってぐるっと一周包丁を入れます。

桃の切り方②カットした線に対し垂直にカット

次に、先ほど包丁を入れた面に対して、垂直に包丁を入れます。
桃を上下にカットするイメージです。

桃の切り方③実の上と下を持ってねじり、種を取る

桃の上部と下部を両手で持って左右にねじると、きれいに外れます!

あまり力を入れすぎると、実が潰れやすいので気を付けて下さい。

やわらかい桃の場合、種も手でねじると、簡単に取ることができました。イメージとしては、アボカドを剥くような感覚に近いですね。

桃の切り方④縦長にカットし、皮を剥いて完成

リンゴのように、くし形にカットしましょう。

皮は端っこから手でめくっていくと、簡単にスーッと剥けます。

桃の状態によってはうまく取れない場合もあるので、そのときは包丁を使って剥いてください。

あっという間に無駄なくきれいな桃が食べられる!

裏ワザで切った桃がこちら!

今までは皮を剥いて、種から実を削ぎ落すように切っていましたが、どうしても見た目が不揃いだったり、食べられる部分も捨ててしまったり...。この剥き方なら均一に、そして生ごみも最小限に抑えられるのが嬉しいですね。

最後に皮を剥くことで桃は滑りにくく、うっかり手を切ってしまうなんてこともありません。

お好みでさらに小さく一口サイズにカットすれば、子どもでも食べやすいかと思います。

簡単・無駄なしでおいしい桃を!

今回ご紹介した方法で桃を剥けば、手も汚れにくく、キッチンが桃の汁でべたべたになることもありませんでした。

ぜひ皆さんも、裏ワザを使っておいしい桃を無駄なく食べて下さいね。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事