【スターバックス】氷抜きで量も選べるアイスコーヒー!おかわり最安値は108円の安さ

  • 2021年08月19日更新

こんにちは、会社に行く回数よりもスターバックスに行く回数が増えたヨムーノ編集部スターバックス担当(自称)です。

スターバックスは日本上陸25周年を迎え、期間限定「ご当地フラペチーノ®」がSNSなどで話題になりました。

そのスターバックスはコーヒーチェーン店なので、もちろん「アイスコーヒー」の取り扱いもあります。メニュー表にはなぜか「アイスコーヒー」という記載がないので注文しにくいと感じている方も多いと思いますが、「アイスコーヒーください」で通じるから安心してください。

ここでは、そのスターバックスの「アイスコーヒー」をご紹介します。

スターバックスのアイスコーヒー

スターバックスのアイスコーヒー

コーヒーチェーンのスターバックスなのでコーヒーメニューが一番多いと思ってしまいますが、全店で取り扱っているコーヒーはそんなに多くありません。

全店取り扱いがあるコーヒー

  • ドリップコーヒー

  • カフェミスト

  • コールドブリューコーヒー

  • コーヒープレス

ほかにも「スターバックス® ナイトロ コールドブリュー コーヒー」などがありますが店舗限定メニューです。

また、コーヒー プレスもコーヒー豆選びから始めるので、ここでは手軽で美味しい「ドリップコーヒー」のアイスコーヒーをご紹介します。

ドリップコーヒーはホットとアイスがあります。

アイスコーヒーの表記はどこにもない?

スターバックスの店内やメニュー表にはアイスコーヒーという記載は見当たりませんが、どうしてもスターバックスの「アイスコーヒー」(文字)を見たいという方はMobile Order & Payを使ってみてください。

スターバックスのアイスコーヒー

スターバックスのMobile Order & Payでドリップコーヒー(アイス)を注文すると、注文履歴には「アイスコーヒー」と残ります。

記念にMobile Order & Payで注文もいかがでしょうか(笑)。

アイスコーヒー(ドリップコーヒー)の頼み方

スターバックスのアイスコーヒー

レジで「アイスコーヒーください」で伝わります。
ちょっとスタバ通(コーヒー通)な印象を与えるなら「本日のコーヒーをアイスで」とか!!

スターバックスのアイスコーヒーのサイズ

アイスコーヒーのサイズは定番の4サイズから。

  • ショートサイズ 319円
  • トールサイズ 363円
  • グランデサイズ 407円
  • ベンティサイズ® 451円

アイスコーヒーの氷抜きはできる?

スターバックスのアイスコーヒー ▲氷抜きのアイスコーヒー

できます。

アイスコーヒーの氷抜きは美味しいの?

美味しいです。

また、氷抜きと合わせて気になるのがコーヒーの量ですね。

スターバックスのアイスコーヒー ▲アイスコーヒーの氷抜き・液量多め

アイスコーヒーの氷を抜くと量が減るんじゃないか……と思ってしまいますが、スターバックスのアイスコーヒーは液量を選べます。

スターバックスの店内は時々めっちゃ冷える時があるので、氷無しでも十分楽しめます。

アイスコーヒーはディカフェ(カフェインレス)も対応

スターバックスのアイスコーヒー ▲アイスコーヒー ディカフェ(カフェインレス)に変更

ディカフェ(カフェインレス)に変更もできます。
店舗によってはディカフェの抽出に時間がかかる時があります。すぐ提供してくれる店舗もあれば、5分くらい待つ店舗もあるので、ディカフェ(カフェインレス)に変更する時は時間に余裕を持ちましょう。

アイスコーヒーのカスタマイズ

スターバックスのアイスコーヒー ▲【カスタマイズ料55円】ホイップクリーム追加(多め)・チョコレートソース・氷無し

アイスコーヒーにもカスタマイズが可能です。
ホイップクリームとチョコレートソースを足すとココアっぽくなります。ただ、そのまま飲むと上に乗っかているトッピングは口の中に入ってこないので、アイスコーヒーの味しかしません。よくかき混ぜる必要があります。

スターバックスのアイスコーヒー ▲【カスタマイズ料165円】シトラス果肉追加・氷無し・液量多め・ディカフェに変更

また、シトラス果肉を追加するともはやアイスコーヒーではなくフルーツティーの味わいになってしまいますが、気分によって味変が楽しめます。
アイスコーヒーはストローで飲まないので、シトラス果肉が底に沈んで残ってしまいます。よくかき混ぜながら飲みましょう。

ホイップクリーム

アイスコーヒーへのホイップクリームの追加

  • ホイップクリーム追加(多め)55円
  • ホイップクリーム追加(少なめ)55円
  • ホイップクリーム追加(通常量)55円

シロップ

シロップの追加

  • チョコレートシロップ追加 55円
  • ホワイトモカシロップ追加 55円
  • タゾチャイシロップ追加 55円
  • キャラメルフレーバーシロップ追加 55円
  • バニラフレーバーシロップ追加 55円

シトラス果肉

シトラス果肉の追加

  • シトラス果肉の追加 110円

氷の変更

氷の量の変更

  • 氷少なめ 無料
  • 氷無し 無料
  • 氷少なめ・液量多め 無料
  • 氷無し・液量多め 無料

エスプレッソショット

ショットの追加

  • ショット追加 55円
  • 2ショット追加 110円
  • 3ショット追加 165円

ディカフェドリップへの変更

受取時間5~10分ほど時間をいただく場合があります。

  • ディカフェドリップ変更 55円

ソース

ソースの追加

  • キャラメルソース追加 無料
  • チョコレートソース追加 無料
  • ハチミツ(ドリンクの上にトッピング) 無料

アイスコーヒーのおかわりは安くなる

スターバックスでは2杯目のお替りをOne More Coffeeといっています。

スターバックスのアイスコーヒー ▲One More Coffee(略してOMC)

ドリップコーヒー(カフェミストを含む)ご購入時のレシートを当日の営業終了までに持参すると、2杯目のドリップコーヒーを162円/165円(持ち帰り価格/店内価格)またはカフェミストを216円/220円(持ち帰り価格/店内価格)でお楽しみいただけるサービスです。

なお、1杯目のお会計をWeb登録済みのスターバックス カードでお支払いいただくと、2杯目のドリップコーヒーは108円/110円(持ち帰り価格/店内価格)、カフェミストは162円/165円(持ち帰り価格/店内価格)とお得になります。

2杯目は同じサイズかそれ以下のサイズに変更できる

お得なスターバックスの2杯目おかわり(当日のみ)は種類やサイズの変更ができます。

【例)種類が選べる】

1杯目:ドリップコーヒー

2杯目:ドリップコーヒーまたはカフェミスト

1杯目:カフェミスト

2杯目:ドリップコーヒーまたはカフェミスト

【例)アイスまたはホットに変更できる】

1杯目:アイスまたはホット

2杯目:アイスまたはホット

【例)サイズダウンができる】

1杯目:トールサイズ

2杯目:トールサイズかショートサイズ
※1杯目と同じサイズかそれ以下のサイズが選べます。2杯目でサイズアップはできません。

【例)当日中なら2杯目のお店は自由】

2杯目のおかわりは同じスターバックス店舗でも、移動して別のスターバックス店舗でも使えます。

※Mobile Order & Payでドリップコーヒー(カフェ ミストを含む)をご購入いただくと店舗およびアプリやWEBで使えるOne More Coffee eTicketが発行されます。

まとめ

スターバックスのアイスコーヒーは、プラスチックカップ削減のためペーパーカップとストロー不要のリッドで提供しています。

スターバックスのアイスコーヒー

また、結露しにくいペーパーカップで、プラスチック容器削減目指しています。
ホット・アイス双方に使用できるペーパーカップは、冷たい液体を注いでも結露の影響を受けにくく、耐久性を持たせるよう、カップの内側、外側共にラミネート加工を施しています。

スターバックスのアイスコーヒー

ペーパーカップでも結露で“ぐにゃ”っとなることはありません!

暑くても寒くても気軽に飲めるスターバックスのアイスコーヒー。
勉強や仕事のおともに1杯、いや2杯いかがでしょうか。

※表示価格は店内飲食価格(税込)です。TO GO(お持ち帰り)では税率が異なります。
※一部店舗では、価格が異なる場合、お取扱いのない場合がございます。
※「Venti」「フラペチーノ/FRAPPUCCINO」はスターバックス・コーポレイションの登録商標です。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事