パクミニョン×キムジェウク主演!胸キュン炸裂の韓国ドラマ「彼女の私生活」見どころ紹介

  • 2021年11月26日更新

こんにちは、年間480本以上の作品を鑑賞している映画ライターの白河さなです。

ラブコメの女神といえば、最近ではパクミニョンさんが有名ですね。チャーミングながら色気あるビジュアルと演技に、女性からもファンが多い彼女。一方で、日本語ネイティブのキムジェウクさんもスター俳優です。

今回は、そんな二人の共演作品をご紹介。パクミニョンのオタクっぷりが楽しい本作は、キムジェウクの役柄の移り変わりも面白い作品に仕上がっています。

きっと、二人のトリコになること間違いなし!

「彼女の私生活」のあらすじ

美術館で有能なキュレーターとして働くドクミ(パク・ミニョン)の裏の顔は、アイドルグループ「ホワイト・オーシャン」のシアン(チョン・ジェウォン)を追っかけるオタ活女子。

コンサートに行くときは顔の半面を覆うマスクと帽子で偽装し、日常でも徹底した一般人のコスプレをしています。そんなある日、海外の競売場で最悪の出会い方をしたライアン(キム・ジェウク)が新館長として就任することになり…。

「彼女の私生活」の見どころ

①オタク全同意!パク・ミニョンのオタク姿が完璧すぎる

もしやパク・ミニョンもオタクなのでは?と思うほど完璧なオタクの日常を描いている「彼女の私生活」。落ち込んだら聖地巡礼をしたり、会社では一般人のフリをしたり、妄想が止まらなかったり…。何より、推しについてオタク友達と語り合う様子がオタクそのものなんですよね。

推しと仕事をするという全オタクの夢をかなえたドクミ。この時のドクミの表情がなんとも言えないんですよね。「もう死んでも悔いはない」というほどの嬉しさと、緊張と、トキメキと、感動が入り混じった顔をしています。「これがウワサのキュン死にか…。」とドクミの司法解剖が行われる妄想シーンが傑作でした!

「あんたはいいわね、毎日シアンをみられて」とシアン宅の鏡やシャワーヘッドに語り掛けて一人で照れてしまうドクミ。ドクミレベルのオタクになると、着眼点が一般人と違います。

そんな熱狂的なオタクのドクミが「現実の男なんかにほれたらダメ」だと思いつつもライアンに惹かれていく様子にキュンキュンしまくり。シアンの写真を編集するつもりが、ライアンの写真を編集していたシーンはドクミの心境の変化を表しているのかもしれません。

13話の勘違いから生まれたすれ違いは切ないですが、そんな時でもライアンを見つめて怒りながら「声も眼差しも素敵すぎる!イケメンでかわいいなんて、欲張りな人ね!」と思ってしまうドクミはライアンオタク重症。

ライアンの言動に一喜一憂し「記憶を映像化できたらな、何度も再生したい!キャプチャーもとるわ、補正してGIFアニメに」と愛情表現や喜び方がオタク特有なところも最高でした。

②~オタクの君が好き~ライアン演じるキム・ジェウクの色気炸裂

「追っかけをする君が可愛くて、キミを追っかけようかと」とライアンは言っていますが、実際ライアンがドクミのことを意識しはじめたのは、シアンに会うために気合が入っているドクミなんですよね。いつも以上に綺麗なドクミを見て目が点になるライアンが印象的です。

個人的には、お互い好きなのに付き合ってはいないという時期が一番キュンキュンしました。特に、6話の偽装恋愛の写真を取るシーンは必見です!ずっとぎこちなかったライアンが急にドクミの腰を引き寄せた時の2人の雰囲気が甘すぎて…。

8話でライアンがドクミの髪に絡まったスカーフをとってあげるシーンはキュン死に確定。ライアンのドクミを見つめる目が完璧に恋に落ちている目なんですよね。8話は、仕事の関係で外泊することになった二人の距離が急速に縮まる回でもあります。

離れて眠っていたはずのライアンが、起きたら近くに来ているシーンはドキドキ! 帰りの車で「外泊までさせて悪かった」と言われて思わず「むしろ良かったです」と言ってしまうドクミでした。

ずっとクールなライアンですが、ドクミに出会ってから徐々に表情が豊かになっていきます。ドクミにだけは、涙や弱みを見せたり子供みたいになったりと表情がコロコロ変わるライアンから目が離せません。

そして、「彼女の私生活」の見どころの一つはキスシーンの多さでしょう。社内恋愛ならではのトキメキがあるんですよね。

14話で「偽装恋愛ではなく本当の恋愛がしたい」とやっと二人が自分の気持ちに素直になりキスをするシーンはかなりインパクト抜群。宅配便が届こうが、木材が倒れようが構わずにキス、キス、キス。芸術家は恋愛も情熱的なのかもしれません。

③そう、「かわいい」は沼…アイドル・シアンの罪な笑顔!

「キラッ」笑顔になるたびにこの音が聞こえてくるようなアイドルスマイルを見せてくれるシアン。アイドルをしているときはもちろん、ライアンと一緒にいるときの弟キャラのシアンが可愛すぎる。控えめに言って天使。ドクミが推している理由がよく分かります。

あんな綺麗な瞳で見つめられたら、ファンはCD購入と言う名の貢ぎが止まらないでしょう。シアンの魅力は見た目だけでは留まらず、性格までアイドルになるために生まれてきたようでした。まさに「推してて良かった!」と思わせてくれるアイドルの鏡!

「かっこいい」、「キレイ」、も良いのですが中でも「かわいい」は最強。「かっこいい」は、かっこよくないところを見たら終わりですが、「かわいい」はどんなところを見てもかわいいになってしまうんですよね。この理論は、オタクの方なら分かってくれるはず…。

「彼女の私生活」見るしかない!

今回は「彼女の私生活」のあらすじと見どころをまとめました。いかがでしたか?

「ドクミの何をご存知で?」「親切心でドクミの心を揺さぶるのをやめてください」とライアンにライバル心をむき出しにするドクミの幼馴染ウンギにも注目です。

「いくら惨めでも、飾られた絵より私は立派です。こうして生きているんだから。」というドクミのセリフにも心を打たれました。

最後は意外なカップルの誕生も…。「彼女の私生活」ぜひ見てください!

「彼女の私生活」はNedflixでご覧になれます

※作品は予告なく配信終了となることがございます。
※2021年10月時点での情報です。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事