「真空保冷缶ホルダー」が超話題!【ワークマン】一年中活躍する「大注目アイテム」BEST3

  • 2021年09月10日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

機能性の高いアイテムがリーズナブルに買える!と今大人気の【ワークマン】。
これまで数々のヒットアイテムを生み出してきました。 今、何が売れているのかも気になります……!

そこで今回は、「ワークマンでみんなが買った!注目のアイテム」をご紹介します。 ぜひお買い物の参考にしてくださいね。

365日活躍!おしゃれで高機能「レイングッズ」

まずは、ヨムーノライターのはむさんが、秋雨の時期に大活躍のアイテムを紹介してくれました。

ひんやりレギンスと防水シューズで雨対策もバッチリ!

こちらは、「レディース ハイストレッチUVリラックスワンピース(1,780円)」に「レディースクールシールドネオレギンス(980円)」と「防水サファリシューズ(1,500円)」を合わせたモノトーンコーデ。

落ち着いた色味が素敵ですよね♪

吸汗速乾性&UVカット機能を備えているワンピースは、ストレッチ性もあり、ゆったりと着られます。外出時はもちろん、ルームウェアとしても活躍しそう。

レギンスは、ひんやりとした生地と吸汗速乾の機能を備えた優秀アイテム。UVカットもしてくれるので、脚の日焼け防止にも役立ちます。

シューズは、商品名の通り防水加工が施されているので雨の日にぴったり!どんなコーデにも合わせやすいシックなデザインなので、重宝すること間違いなしです。

憂鬱な雨の日もフーデッドロングレインでラクラク!

雨にも対応可能な「レディース高撥水フーデッドロングレイン(2,900円)」をチェック。
高撥水&防風はもちろん、従来品よりも防水性を強化してリニューアルしたアイテムです。

レインコートっぽくないデザインなので、羽織りものとしても活用できるこちらのアウター。デイリーコーデに取り入れやすいベージュやネイビーなどのカラー展開も人気の理由です。

ダブルファスナーでしっかり雨を除け、悪天候の日でも快適に過ごせそう♪

780円なのに驚異の保冷力!今超話題「神アイテム」

続いては、ヨムーノライターayanaさんが、キャンプでもおうちでも使えるアイテムを紹介してくれました。

コスパ最強の真空保冷缶ホルダー

  • 500ml専用 真空保冷缶ホルダー 780円(税込)

「キャンプで冷たいビールが飲みたい……。」

そんな思いをぽろっとこぼしたところ、友人におすすめされたのが、ワークマンの「500ml専用 真空保冷缶ホルダー」。500mlの缶を冷やせるホルダーです。

真空構造なので、周りに結露が付きにくいのが特徴。実際に使用した時も、缶が出ている部分は結露していたものの、フタから下の部分は全くありませんでした。

保冷だけでなく、保温にも使えるので、一年中使えるのが嬉しいところ◎

缶を入れた状態でそのまま飲めるので、アウトドアだけでなくおうちでの普段使いとしても、活躍してくれますよ。

インスタグラムでは、ステッカーを貼り付けてアレンジしている方もいらっしゃいました。

装着はカンタン3ステップ!

1:フタを外します

2:500mlの缶を真空保冷缶ホルダーに入れます
スルッとそのまま入るので、ストレスなく装着可能。

3:1で外したフタを取り付けます
開封前の缶でも取り付けられるので、いつでも使うことができますよ。

夏の外でも嬉しい「保冷力」

「上が開いているから、そこまで冷却効果はないのかな……」と思っていたのですが、実際に使用してみるとその保冷力に驚き!

冷蔵庫でキンキンに冷やした状態(3℃)から、30分後は3.5℃で1時間後は5℃。2時間後は、8.5℃でした。(29℃の日陰で検証。)

30分間も外に放置しておいて、0.5℃しか温度が上昇しないことに感動!1時間後でも1.5℃程度しか上昇していません。

ビールやジュースを飲む際に、1時間以上時間をかけて飲むこともなかなかないと思うので、アウトドアでも大活躍してくれること間違いなし◎

真空保冷缶ホルダーから缶を取り出せば、洗浄することなく、すぐに他の缶を入れられるので、友人や家族でもスムーズに使いまわせますよ。

ワークマンの人気アイテムは実力派!

ワークマンで今話題のアイテムをご紹介しました。

プチプラでありながらも機能性に妥協なし!のワークマンのアイテム。 人気が高いのも頷けます。

他にも様々なシーンにフィットするアイテムがありますので、ぜひお気に入りを見つけて下さいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。
※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事