【EXOスホ主演】胸キュンシーンが盛り沢山♡「宇宙と星の恋」マニアが見どころ紹介

  • 2021年09月14日公開

こんにちは、ドラマと映画のことならお任せ!ヨムーノライターのはるです。

今回は、2020年5月に社会服務要員として兵役の義務を遂行することになり、2022年2月に除隊予定のEXOスホ主演短編ドラマ「宇宙と星の恋」を紹介していきます。

韓国では3話で放送されていましたが、日本では全12話(1話16分程度)で配信中。気軽に視聴できる長さで、スホの歌声はもちろん可愛い演出など見どころがたくさんあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

韓国ドラマ「宇宙と星の恋」のあらすじ

死神のビョリ(ジウ)は、歌手のウジュ(スホ)の大ファン。生前から熱心なファンだったものの、死んで死神になってからも親友の浮遊霊「花嫁さん」と共に彼の追っかけをしていました。

そんなある日、ビョリは仲間の死神からウジュが今年中に死ぬと聞かされます。ウジュをこのまま見ていたいビョリは花嫁さんに説得され、彼が死なないようそばで見張ることに。

しかし彼の死を止めるのは死神の仕事ではないと所長に言われたビョリは、生き返ってウジュを助けることにします。今年の初雪まで生き残れば、ウジュは天寿を全う出来ると言われたビョリは必死で彼を助けますが、ビョリにも生き返りのルールがあって……。

韓国ドラマ「宇宙と星の恋」の見どころ

韓国ドラマ「三色のファンタジー」とは?

ドラマ「宇宙と星の恋」は、MBCとNAVER TVのコラボプロジェクトで制作されたミニドラマのひとつ。

他にユンシユン×チョスヒャン主演の「君の恋愛実験」、キムスルギ×アンヒョソプ主演の「恋する指輪」があり、1エピソード3話の合計9話からなるドラマ「三色のファンタジー」の中のひとつのエピソードです。

EXOスホの歌が楽しめる!弾き語りやライブシーンも

本作は、EXOスホの歌唱シーンが盛り沢山。単独ライブのシーンはもちろん、ピアノの弾き語りやレコーディングシーンもあり、スホの透明感のある澄んだ歌声が何度も楽しめます。

またスホが音楽監督のチョンジチャンとコラボしたOST「昼に浮かぶ星」は、MVも公開されているのでぜひそちらも併せてチェックしてみてくださいね。

可愛い恋愛シーンに胸キュン♡

これまで恋愛をせずに忙しく過ごしてきたウジュと、彼の大ファンで元死神のビョリの恋は、可愛い恋愛シーンが盛り沢山。

本作は、U-NEXTで配信中の人気短編ドラマ「ポンダンポンダン〜王様の恋〜」で脚本・演出を務めたキムジヒョンが脚本・監督を務めており、可愛い演出にがっちり心を掴まれます。

例えば初デートで遊園地に行き可愛いアトラクションに乗った際に、ふと指先が触れ合い、少し間を置いてからウジュがビョリの手に自分の手を重ねるシーンは、背景のポップさも相まって、とっても可愛いワンシーンに。

また、キスをされそうになってギュッと目を閉じるビョリに、鼻先を子犬のようにすりすりするウジュの仕草にはガッチリ心を掴まれます。

実は繋がっていた登場人物たち

ウジュとビョリの恋愛がメインの本作ですが、実はこれまで何気なく出てきた登場人物たちが終盤で一気に繋がり始めるんです。

その大部分が、まさかの繋がり方。全く気にしていなかったあの人が、あの人と?という予想外の繋がりがいくつもあるので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

最終話に出てくる7年前のウジュのやさしく純粋な笑顔は、完全に癒しでした。

やけに人間臭い死神たち

本作では、死んだ人間たちが死神として働いています。そのため(?)やけに人間臭い設定が盛り沢山。

例えば死神たちの移動手段は自前なんですが、浮遊霊をひとりも天界に連れて行ったことのないビョリは自転車移動。そして後輩ながらエースのヨンギ(イシオン)は、車で優雅に浮遊霊たちを運んでいくんです。そのため、ビョリのターゲットも「車が良い」とヨンギの方に行ってしまう始末。

そんなやけに人間味があふれる設定が盛り沢山の死神たちが、物語に良いスパイスを与えています。

気になるドラマを観て”Stay Home”を楽しみましょう

スホの歌声や、可愛い恋愛シーンが楽しめる韓国ドラマ「宇宙と星の恋」。1話が短く気軽に視聴できる本作を、ぜひこの機会にチェックしてみてくださいね。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事