秋キャンプの味方【ダイソー】「2つ買った!」「専門店と同じレベル」超名品キャンプギアBEST6

  • 2021年09月21日更新

こんにちは、週2回は100均に通うヨムーノライター小林ちかです。

みなさん!いよいよ「秋キャンプ」を本格的に楽しむ季節になってきました。100均では、おうちキャンプコーナーがあったりと、専門店と変わらないレベルの話題のアイテムが続々と登場しています。

そこで今回は、驚きが連発!キャンプ名人達も買い占めるダイソーのキャンプグッズ6選をご紹介します。

SNSで爆発的人気!“ランタンスタンド”

「まさかこんな物まで?!」とSNSで話題沸騰中なのが、@camper_modeさんが購入した「2wayランタンスタンド」1,100円(税込)。

地面に直接打ち込んだり、テーブルに固定して使う事ができ、高さも調節できる優れものです!

・ポール3本、収納袋付き
・長さ(ペグ部分込) : 118.5cm
・重さ(収納袋込) : 300g
・テーブル固定 : 厚さ4.5cmまで
・素材 : アルミニウム、ステンレス

ランタンやLEDランプ、ポータブルスピーカーなど1kg以内の物なら何を掛けてOK。

また、カラーは写真のメタル系ブルーのみ。@camper_modeさんのコメント欄では、自分好みのカラーにDIYされている方もいましたよ♡

おしゃれさん必見!レザー風アイテム

肌触りバツグン“テーブル用マット”

100均キャンプグッズ大好き@unclepapa1967さんが購入したのは、使い勝手抜群のおしゃれな「キャンピングテーブル用マット」。

・小サイズ 220円(税込) 51×35cm
・大サイズ 330円(税込) 80×50cm

隙間があるテーブルも、このマットを被せるだけで一気に使いやすくなります!キャンプ以外でも、テーブルの汚れやキズ防止にもなるのでお家で使っても◎

高級感のあるレザー風素材なので、触り心地もよさそうですね。そして、袋とバンドがそれぞれ付いているので、持ち運びにも便利です!

一気におしゃれに“ガスカートリッジカバー”

こちらは、先程と同じレザー風シリーズの「ガスカートリッジカバー」。サイズも3種類と、充実したラインナップなのに全て110円(税込)とコスパ抜群です。

こちらは、キャンプで使うガス缶をおしゃれに変身させてしまうアイテム。無機質な缶も一気に高見えになりますね!キャンパーの方は、自作でカバーを作ったりする方もいるそう。

ちなみにこちらは、燃料時にはカバーを外して使う事をお忘れなく。インテリアの一部として楽しんでくださいね♡

コスパ最強“パワーワークライト”

こちらは、ダイソーから発売された新型の「パワーワークライト」550円(税込)。単3電池4本で最大500ルーメンの明るさになります。

使う時は、裏の赤いスイッチを押すと点灯し、再度押すとフラッシュライトにもなるんです!持ち手も180℃可動式で、吊るしたり置いたりと自由自在。

そして、強力なマグネット付きなので冷蔵庫にもピタッとくっ付きます。災害時にも役立つコスパ最強ライトです!

@camper_modeさんのコメント欄には、「2つ購入しました!」との声もありました。気になる方は早めにチェックしてみて下さい♡

見つけたら即買い“バーナー多目的ライター”

@unclepapa1967さんがおすすめしてくれたのが、再販されていてやっと購入できたという「バーナー多目的ライター」。

写真左から、スタンド付きで立てて置けるのが330円(税込)。持ち運びにも便利なミニサイズが220円(税込)と2種類あります。

どちらもガス注入式で繰り返し使える為、コスパ抜群です!

一時期は人気で買えなかったキャンプギア。出会ったら即買いがおすすめですよ♡

カッコよくてスマート“木工用 ノコギリ”

キャンプで盛り上がる時間といえば、焚き火!火をじっと眺めているだけでも、不思議と穏やかな気分になりますよね。

@camper_modeさんがおすすめしてくれたのが、焚火用の薪を切るときに便利な「木工用折込み式鋸(ノコギリ)」330円(税込)。

見た目がとにかくカッコよく、お値段以上の使い心地とのこと。ロック機能もしっかりついているので安心ですね。

コンパクトで持ち運びにも便利なので、1本常備しておけば何かと役立ちますよ。

コスパ最高の秋キャンプを楽しもう!

今回は、キャンプ名人達も買い占めている、驚きの機能とコスパ最高のダイソーキャンプギアをご紹介しました。使えるものばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

※記載の情報や価格・在庫状況については執筆当時のものであり、変動する場合があります。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事