業務スーパー新作スイーツ「モンブランムースケーキ」に注目!クレープ生地アレンジは超おすすめ

  • 2021年09月22日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

スイーツの代表格「モンブランケーキ」。とくに季節関係なく味わうことができるスイーツですが、秋グルメ「マロン」を使った「モンブランムースケーキ」が業務スーパーで販売されていました。

早速ここでご紹介します。

モンブランムースケーキ 税込394円

購入した店舗では大総力祭開催中でいつもより安くなっている気がします。

業務スーパーモンブランムースケーキ

商品紹介

国内自社関連工場製造で安全・安心に自信あり!
マロンのほっくりとしたやさしい味わいと、なめらかな舌触りが特徴のムースケーキです。

なめらかで上品な風味のマロンムースと、ふわふわ食感のスポンジ生地を重ねました。お子さまのおやつとしてはもちろん、食後のデザートにもぴったりです。

凍ったままお好みのサイズに切って、紅茶やコーヒーと一緒にお楽しみください。

業務スーパーモンブランムースケーキ

内容量:1個
JAN:4942355186519
保存方法:マイナス10℃以下で保存してください。
製造国名:日本
栄養成分100g当たり:エネルギー291kcal/たんぱく質2.8g/脂質17.3g/炭水化物31.5g /食塩相当量0.1g

甘党さんは見逃せない甘さかも!

マロンとスポンジの2層でできていてマロンの部分が多めです。

業務スーパーモンブランムースケーキ

食べやすい大きさにカットしてみました。

業務スーパーモンブランムースケーキ

8等分にしてみました。1つ分あたり約110kcalになります。
これだと1つずつ食べられるのでぐっとカロリーを減らせますね。

カットするときの注意点は、冷たい間にカットしないと包丁にムースがくっついて切りにくくなることです。
あと室温が高いとすぐに溶けてきてムース部分が容器にくっついて取り出しづらくなります。

う〜ん、あま〜い!!

マロンペースト感が強めですが、スポンジ部分とのバランスがよく甘党の人は絶対食べてほしい一品です。

甘いのは苦手かも……という方はブラックコーヒーと一緒に食べると甘さが緩和されて食べやすいかと思います。

業務スーパー「モンブランムースケーキ」のアレンジメニュー(1)

用意したアイテム「明治デザートホイップ」。
生クリームがすでに出来上がっていて容器ごと絞るだけでカンタン♪

業務スーパーモンブランムースケーキ

スプレータイプや冷凍タイプの生クリームと比べて量が少ないので使いきりやすいです。
業務スーパーで買えます。

業務スーパーモンブランムースケーキ

次に「むき甘栗」。

皮をむかずに食べられるのでおやつとしても最適。栗好きなので我が家はストックしていました。 この2つをモンブランムースケーキにのせるだけ(笑)。

業務スーパーモンブランムースケーキ

ホイップと甘栗がアクセントになってムースのおいしさを引き立ててくれました。
もともとムースが甘いのでホイップは少なめにしました。甘いのは苦手な方はお砂糖なしのホイップでもいいかもしれません。

業務スーパー「モンブランムースケーキ」のアレンジメニュー(2)

業務スーパーモンブランムースケーキ

業務スーパーで買った「もっちりクレープ 10枚入り」です。レンチンやフライパンを使ってすぐに解凍できます。

こちらはよくリピ買いするので冷凍ストックしています。
賞味期限が1年以上で長持ちし、食べたいときに食べられてフルーツなどがあればすぐにクレープができるのでオススメです。

商品パッケージの通り、ハムやレタスなどを使って朝食としてでも◎。これを半分にカットして、モンブランムースケーキを包み込んでみました。

業務スーパーモンブランムースケーキ

めちゃくちゃおいしい(我ながら上出来)!!

スポンジだけで緩和されていた甘さがクレープで包むことで、もうワンクッション減らせるうえ、クレープとムースの相性が抜群。

温めたクレープ生地に冷凍したままのモンブランムースケーキを乗せると自然と溶けて、もうモンブランクレープになっていました!

また違ったモンブランムースケーキが堪能できました。

ちょっとオシャレな食べ方

業務スーパーモンブランムースケーキ

ピンチョスみたいにピックにさしてみるとプチパーティーにもってこいのメニューになります。

小さめカットにして何人かで食べるとパクパクいけてすぐなくなっちゃいそうです。

まとめ

この秋ならではの「モンブランムースケーキ」。
冷凍されているのでカットして食べたいときに食べられます。 冷凍のままだとアイスのような食感、解凍するとケーキになる変幻自在のスイーツ。

仕事や育児終わりに疲れた夜……冷凍庫にストックしておくのもアリです。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事