え、包丁じゃないの?【梨の芯が一気にポロリ】スーパー青果部直伝「秋のフルーツ裏ワザ」3選

  • 2021年09月28日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

秋はおいしい果物がたくさん出回る季節ですよね。

今回は、その中でも人気の高い「梨」「ぶどう」を、美味しく無駄なくいただく裏ワザをご紹介します。

青果部マネージャーとしてスーパーで働く「青髪のテツ」さんがTwitterで発信して話題となった3つの裏ワザを、管理栄養士でヨムーノライターのmihoさんが実際に実践し、レポートしてくれました。

え、包丁じゃないの?【梨をラク〜にむく裏ワザ】

野菜のプロとして話題「青髪のテツ」さんの梨をラクに剥く方法

では早速、青髪のテツさんの裏ワザを試しながら、梨をむいていきたいと思います!

梨のむきかた➀梨を半分にカット

梨を洗ったら、半分に切ります。

梨のむきかた②スプーンで中心をくり抜く

半分に切ったら、種のある中心部分をスプーンでくり抜きます。ここが一番のポイント!

ティースプーンのような小さいものでなく、カレーを食べる時に使う大き目のスプーンを使った方がくり抜きやすいですよ。

梨のむきかた③くし形にカット

中心をくり抜いたら、くし形にカットします。

梨のむきかた④皮をむいて完成

あとは、いつも通りに皮を剥いたら完成です!

包丁が苦手な方にもおすすめ!

今回実践した方法はスプーンでくり抜くため、包丁が苦手な方でも余計な実を切ってしまうことなく、きれいに芯を落とすことができます!
小学生の息子にもやってもらいましたが、くるっと上手にくり抜くことができました。

たくさんの梨の皮を剥くときも、スプーンで一気に芯を取れるので、かなりの時短に繋がります。

たま~に、勢い余ってスプーンが実までいってしまうことがあるので、そこだけ要注意です。

早く知りたかった【ぶどうの皮をラクにむく裏ワザ】

野菜のプロとして話題「青髪のテツ」さんのぶどうの皮むき

では早速、青髪のテツさんの裏ワザを試しながら、ぶどうの皮を剥いていきたいと思います!

ぶどうの皮むき➀ぶどうを房から外し、よく洗う

まず、ぶどうを房から外し、水でよく洗います。

ぶどうの皮むき②お湯を沸かす

次に、ケトルややかんでお湯を沸かします。

ぶどうの皮むき③お湯に3秒つける

沸いたお湯をボウルに入れ、ぶどうを"3秒"つけます。

ぶどうの皮むき④冷水で冷やす

お湯からぶどうを取り出し、冷水で冷やしましょう。

お湯につける時間はたった3秒と一瞬なので、慌てないように、冷水は準備しておくのがおすすめです。

ぶどうの皮むき⑤皮を剥く

冷水につけたぶどうをむいていきます。 軸と反対の「頭側」から剥くのがポイント!

さて、裏技の結果はいかに...!?

つるんっと気持ちいい!ひと手間かける価値あり!

2回程皮を剥くと、ぶどうを押し出すだけで、ツルッと皮が取れました!感動!
デラウエアと同じような感覚で食べられるので、剥く手間も大幅にカットできます。

大きいぶどうだと、いつも子どもたちから『剥いて~』と言われていましたが、この方法なら簡単に剥けるので、手伝わなくても勝手に食べてくれました。ママも楽ちんです!

初めはぶどうの皮を剥くためにわざわざお湯を沸かすなんて大変...と思いました。しかし!そのひと手間をかけるだけで、ツルッと気持ちよく皮が剥け、ストレスゼロです!甘みもばっちり感じられます。

大量買い!【ぶどうの激ウマ!食べ方裏技】

野菜のプロとして話題「青髪のテツ」さんのぶどうシャーベットの作り方

食感や甘みがとても気になるぶどうシャーベット。早速、青髪のテツさんの方法で作っていきたいと思います。

ぶどうシャーベットの作り方①軸を少し残して、一粒ずつ分ける

ぶどうの軸を少し残して、房から1粒づつ取っていきます。

キッチンバサミを使うと、簡単にそしてスピーディーに取り分けることができました!

ぶどうシャーベットの作り方②洗って水気をふき取る

ぶどうを水で洗って汚れを落とし、キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取ります。

ぶどうシャーベットの作り方③保存袋へ入れて冷凍室へ

水気を拭き取ったぶどうは密閉式の保存袋に入れて、そのまま冷凍室へ入れます。
袋に入れる際、ぶどうが重ならないように、袋の大きさや入れる数に気を付けて下さい。

丸一日冷凍室に入れておいたところ、しっかり凍っていました。

ぶどうシャーベットの作り方④半解凍し、皮を剥いたら完成

凍らせたぶどうを食べる分だけ冷凍室から取り出し、水につけて半解凍させます。

皮を剥いたら、ぶどうシャーベットの完成です!

ぷりっシャリッ食感!絶品ぶどうシャーベット

皮を剥いたぶどうをいざ実食!
見た目は普通のぶどうと変わりないように見えましたが、一口食べると中心部分はシャリッとした食感が残り、シャーベットのようです。

みずみずしさや甘みもしっかり感じられ、冷凍させるだけでひんやりとした高級デザートに早変わり。

ぶどうは冷凍しても味や栄養価がほとんど変わらないので、安い時期にたくさん買ってきて長く楽しむ保存法としてもおすすめ!

秋の味覚を裏ワザで手軽に美味しく!

梨とぶどうを手軽に美味しく食べる裏ワザをご紹介しました。

どれもとても簡単なのでぜひ試してみて下さいね♪

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事