全「デカ盛り」ファンひれ伏せ!人気店【パンチョ】「この量760円は神」「懐かし〜」デカ盛りナポリタン2選

  • 2021年11月11日更新

こんにちは!飲食チェーン店のお持ち帰りメニューを年間100食以上食べているヨムーノライター、相場一花です。

グルメ情報全般チェックしていますが、特に好物なのが「デカ盛り」というキーワード。デカ盛り品を買ってきて、家族全員で食べるのもブームです。

今回は、デカ盛りスパゲッティを食べるならぴったりの「ナポリタン専門店 スパゲッティーのパンチョ」のボリューム満点ナポリタンとミートソースを持ち帰りましたので、紹介します。

ナポリタン専門店 スパゲッティーのパンチョは昔懐かしいナポリタンがイチオシ

ナポリタン専門店 スパゲッティーのパンチョは、都市部を中心に店舗を構える飲食チェーン店。昔ながらのシンプルなナポリタンをひたすら推すお店です。

サイズは、小盛の300gを筆頭に、並盛400g・大盛500g ・メガ盛600gがあります。しかも、並盛~メガ盛は同一価格。たくさんスパゲッティを食べれば食べるほど、お得感が増します。

店内飲食はもちろん、お持ち帰りにも対応していますよ。通常時期は、お持ち帰りは大盛まで可(1商品あたり100円容器代がかかる)。

なお、2021年10月31日まではメガ盛もお持ち帰り対応しています。今回私は、ナポリタンのメガ盛とミートソースの大盛を持ち帰ってきました。

圧巻!パンチョ「ナポリタン(メガ盛)」760円(税込)の正直レポ

圧巻のパンチョ「ナポリタン(メガ盛)」760円(税込)を持ち帰ってきました。容器代を含めると860円(税込)。チーズもついていました。メガ盛は600gあるとのことですから、手に持った時の重量感がすんごい……!

容器と共に重量をはかってみたところ、897gもありました。重い荷物を持っている時の持ち運びはキツイですね。

持ち帰った時にはやや冷めていたので、温め直すことに。ふたを外してラップをし、電子レンジで温めれば良いとのことでした。

温め時間は明記されていませんでしたが、500W・3分でアツアツになりましたよ。冷め具合によって温め時間は適宜調節が必要ですね。

昔ながらのナポリタン

直径24cmの大皿に盛ってみましたが、いまにもあふれそうなナポリタン!

▲横から撮った写真。

とても私(30代女性)ひとりでは、食べきれそうにありません。わりと大食いの夫は「8割は食べられると思うけど……」と言っていました。

ゆでてから一日寝かしたのだという、やわらかい太麺。持ち帰りしたせいか、少々「ごわっ」とした食感はありますが、食べごたえ抜群。一口食べて「あ、懐かしい味!」と声をあげてしまいました。

昔どこかの喫茶店やレストランで食べた記憶がある、あの味。ケチャップとバターで味つけされたナポリタンですね。

私達夫婦にとっては懐かしく、幼い子ども達には「おいしい」と感じるようなナポリタンだったようです。家族全員、シェアした分はペロリと完食。

妙な味付けは一切ないので、好き嫌い多めの娘(4歳)も、文句なく食べ切っていました。

具材にはソーセージ・玉ねぎ・ピーマン。具材もシンプルでしたよ。

たっぷりかかったミートソース!パンチョ「ミートソース(大盛)」760円(税込)の正直レポ

つづいては、パンチョ「ミートソース(大盛)」760円(税込)。容器代も含めると860円(税込)。メガ盛よりは量が少ないながらも、ひとりで食べ切るのは難しそうな分量です。

▲左:大盛・右:メガ盛

メガ盛ナポリタンと並べてみました。大盛でも充分盛られていることがわかりますね。

ふたを開けてみると、ミートソースがこれでもかという位にかかっていました。肉肉しいにおいが漂ってきて、息子(6歳)は「ハンバーグのにおいがするね!」と言っていました。

パンチョのミートソースはひき肉の存在感強め

ひき肉の存在感強めのミートソースがやわらか太麺とよく絡み合っています。

麺に対してミートソースの量は適正で「ミートソーススパゲティって、途中で麺が余っちゃうんだよな……」という、ミートソーススパゲティあるある(?)が、パンチョのミートソーススパゲッティにはありません。最高ですね。

シンプルだけどおいしいパンチョのスパゲッティ

パンチョのスパゲッティは、昔ながらのシンプルな味わいのスパゲッティをたくさん食べたい人におすすめの飲食チェーン店です。もしくは、家族で大量にスパゲッティを食べたくなった時にもいいですね。

今回2品お持ち帰りしましたが、家族4人ともお腹パンパンになりました。2品+容器代で1,720円(税込)。ひとりあたり430円と考えると、中食としては安くおさえられましたよ。

スパゲッティが食べたくなったら、検討してみてくださいね。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事