売切前に早い者勝ち!【久世福】どでかいロブスターが鎮座!「2022謹製おせち 三段重」最速レポ

  • 2021年10月18日更新

こんにちは!話題のショップには足を運びたいヨムーノライターの相場一花です。

2021年もバタバタと過ごしていたら、あっという間に2022年へと近づいてきました。2022年、家族でささやかにお正月を過ごすご家庭も多いのではないでしょうか。

お正月に欠かせないのが「おせち」。新年は豪華なおせちとともに明るい気持ちでむかえたいもの。今回は、久世福商店さんのご厚意で「久世福謹製おせち 三段重」を先行していただきましたので、紹介します。

久世福商店

久世福謹製おせち 三段重

21,384 円 (税込)

販売ページへ

※紹介している商品は、ヨムーノで販売しているのではなく、各サイトでの販売になります。各サイトで在庫状況などをご確認ください。 ※記載の情報や価格については執筆当時のものです。価格の変更の可能性、また、送料やキャンペーン、割引、クーポン等は考慮しておりませんので、ご了承ください。

久世福謹製おせち 三段重・開封の儀

「久世福謹製おせち 三段重」は、和の味わいをメインに洋の料理も盛り込んだ見た目も鮮やかなおせち。三段重には、全43品目入っており、分量的には3人前とのこと。販売価格は21,384円(税込)です。

久世福謹製おせち 三段重(販売ページ)

おせちダンボールに入っており、冷凍状態で届きます。ダンボールから取り出すと、ピンクの風呂敷におせちの三段重が包まれていました。

余談ですが、ピクニック用の重箱包みにできそうなので、捨てずに保管してます。

食べる前に・久世福謹製おせち 三段重の解凍方法

食べる前に、風呂敷を外して重箱ごとに分けて冷蔵庫で解凍しましょう。

【解凍時間の目安】

  • 約12時間(風呂敷を外して重箱ごとに分けて冷蔵庫で解凍)
  • 約24~30時間(外箱のままor風呂敷に包まれた状態で解凍)

今回、我が家では冷蔵庫スペースの関係上、風呂敷に包まれた状態で解凍しました。約24時間経過してから取り出してみると、まだ凍っている部分がありました。28時間後にちょうどいい感じに。

解凍時間には少々余裕を持った方がいいかも。※電子レンジ等を使用した解凍はNGです。

なお、解凍する時にはおせちを包んでいるフィルムを外さないように注意しましょう。

久世福謹製おせち 三段重はロブスターが逸材

解凍したおせちを確認。わあ、豪華!中央部分にみえているロブスターの存在感!テンションがあがりますね。

「ロブスターってどうやって処理するんだろう……」と思っていましたが、おせちと共に「ロブスターの調理方法」が添付されていたので、正月早々ロブスターで頭を抱えることはないでしょう。

読み込んでみると、色々な食べ方があるようですね。

  • お雑煮
  • おすまし
  • お味噌汁

我が家では、お味噌汁を作りました。

おせちだけでなく、まさか味噌汁まで用意できるとは思いませんでした。一石二鳥すぎます。ロブスターのお味噌汁は格別のおいしさ!

ロブスターの味噌がお味噌汁に溶け込んで、味わい深くなっています。急遽白米も追加しました。

夫が「もうロブスターのお味噌汁だけで満足した」と言い出す始末。あわてて、おせちも食べるようにうながしました(笑)。

久世福謹製おせち 三段重・家族好反応だった品を紹介

一般的におせちはクセの強い品目が多くなりがちですが、久世福謹製おせち 三段重は妙な甘みや味付けがなく、大満足でした。

6歳と4歳の子ども達もほとんど食べられて、保護者目線としてありがたいですね。

そんな久世福謹製おせち 三段重ですが、特に評判の良かった品目をピックアップしてお伝えします。

子ども人気No1「安納芋きんとん」

子ども達の反応がダントツで良かったのが「安納芋きんとん」。

おせちといえば、栗きんとんを思い浮かべますが、久世福商店の三段重は、安納芋ペーストのきんとんなんですね。素材へのこだわりが垣間見えます。

安納芋の甘みはそのままなのに、甘ったるくない!安納芋の風味がちゃんと活かされていますね。

私が知っている「口の中が甘ったるい栗きんとん」とは完全に別物です。上にのっている栗も素材の味そのまま。

我が家の子ども達にも大ヒット。「なんでもっと入ってないの?」と言われてしまいました。家族4人でシェアすると、1人あたり1~2口分程度なので、安納芋きんとんを追加で単品購入したいですね。

黒豆の旨味が出ている「丹波篠山産大粒黒豆」

表面の輝きも美しい、丹波篠山産の大粒黒豆。個人的に黒豆は大好きで、たまにスーパーで黒豆を買ってきては、朝食の一品として食べることもあります。

甘ったるさはなく、ひたすら黒豆そのもののおいしさを堪能できる一品。豆好きにはたまりません!お正月らしく金粉がかかっているのもいいですね。

冷凍品なのに水っぽくない!「爪付きカニしんじょう」

夫がトップクラスに気に入っていた「爪付きカニしんじょう」。魚肉やかに肉がカニの爪の周りを覆っています。一般的なカニ系の冷凍品は、解凍すると水っぽくなってしまうのが玉にきず……。

けれど、「爪付きカニしんじょう」は水っぽくなく、カニの身をそのまま堪能しているような、贅沢感のある逸品でした。お酒のアテにも良さそうで、お酒を飲みつつおせちを食べるご家庭にもぴったりじゃないかなと思います。

柔らかくてコリコリおいしい「甲州名産あわび旨煮」

蝦夷あわびの旨みがぎゅっと詰まった「甲州名産あわび旨煮」。あわびは当たりはずれがハッキリとしているタイプの食材ですが……。

柔らかいながらもコリコリとした食感。歯切れも良いので、あわびの旨みが心地よく吸い込まれていきました。

あわび初体験の息子(6歳)は「僕は貝類が苦手だけど、これなら食べられる。ちょっとしいたけみたいな雰囲気がある」とのことでした。しいたけよりはクセがなく、食べやすいあわびでした。

白米と一緒に食べたい「京鴨スモーク」

希少価値の高いブランド鴨「京鴨」を桜チップでスモークしたのだという「京鴨スモーク」。正月早々に貴重な食材を食べられるだなんて、嬉しいですよね。

「鴨肉ってこんなにジューシーだったっけ?」と、思わず自分の舌を疑いました。適度な歯ごたえもあり、嚙めば嚙むほど京鴨の旨味が広がっていき、夫は白米を挟んでパクリ。

私も夫の真似をして、京鴨スモーク×白米で食べましたが、相性抜群でおいしい!正式な食べ方ではないかもしれませんが、白米を別途用意しておくといいかも。

その他にも魅力的な品目がいっぱいで、家族全員満足しました。

一度で二度おいしい、久世福謹製おせち 三段重でお正月を迎えよう

久世福謹製おせち 三段重は、おせちの品目だけでなく、ロブスターはお雑煮やおすまし、お味噌汁などにアレンジしてもおいしくいただけます。まさに、一度で二度おいしい、得した気分になりますよ!

全体的に素材の味を活かしているおせちで、一言でいえば「上品さ溢れる味わい」に仕上がっていました。

このほかにも、少人数向けの「1段重」タイプのものや、とことん贅沢をしたい方にぴったりの「豪華な三段重」もあるようです!

今回紹介した久世福謹製おせち 三段重をはじめとして、久世福商店のおせちは公式オンラインショップで予約購入できます。気になる方は、ぜひともチェックを!

久世福商店

久世福謹製おせち 三段重

21,384 円 (税込)

販売ページへ

※紹介している商品は、ヨムーノで販売しているのではなく、各サイトでの販売になります。各サイトで在庫状況などをご確認ください。 ※記載の情報や価格については執筆当時のものです。価格の変更の可能性、また、送料やキャンペーン、割引、クーポン等は考慮しておりませんので、ご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事