続々と在庫切れ us(アンド・アス)【3COINS】最高傑作すぎて「翌日追加買い!」収納グッズ正直レポ

  • 2021年11月22日更新

こんにちは、おしゃれなものを見るとテンションが上がる、ヨムーノライター小林ちかです。

2021年から3COINS(スリーコインズ)で取扱いが始まったコスメ類。そして最近大注目ワードとなっているのが「and us」(アンド・アス)の美容シリーズです。

そこで今回は、アンド・アスシリーズの中でも絶大な人気を誇る「フラットバニティポーチ」と「コスメバスケット」を隅から隅までご紹介していきます!

細かい気遣いが◎「フラットバニティポーチ」

  • スリーコインズ「【and us】フラットバニティポーチ」330円(税込)

自宅や外出用どちらでも使える「フラットバニティポーチ」(330円 税込)。コスメだけじゃなく、ネイルシールなどを収納するのにも便利な多機能ポーチです。

・サイズ : 約幅25cm×縦12cm×高さ14cm
・材質 : 合成皮革・ポリエステル

ポーチを開けると、網目状のポケットが2つ付いています。中身が見やすくて◎!

ポケット①は、グロスやマスカラ、ブラシなどの収納に。ポケット②は、毛抜きやカットバサミなどの収納に便利です。

コンパクトのファンデーションも余裕で収まります。最低限必要なメイク道具は、このポーチだけで十分。ダブルファスナーなので開けやすく、中の作りもしっかりしていますよ♡

カラーはベージュもありますが、グレーの方が人気が高いんだとか。気になる方は早めにチェックしてくださいね♪

見つけたら即買い!「コスメバスケット」

こちらが、今スリコで大人気の「and us」シリーズのコスメボックス(880円 税込)。SNSでは、品切れで買えない!という声も増えてきています。

こちらは、ボックスティッシュと化粧ボトルなどが、一つにまとめて収納することができます。プラスチックや木など硬い素材ではなく、合成皮革なので柔らかくて高見え効果バツグン!

しかも、おしゃれ女子達が納得する、細かい細工が至る所に取り込まれているので驚きますよ♪

では早速組み立てから説明していきますね!

購入時は、こんな小さい状態で売られています。袋に入っているのは、本体と付属の仕切り板のみ。

組み立てる時は、本体を広げて中に仕切り板を入れるだけで完成です!中にマジックテープが付いていますので、向きは合わせてくださいね。

組み合わせると、3つの収納場所ができました。1~2分もあれば誰でも簡単に組み立てられます♪

それでは実際にどれくらいの収納力があるのか、使い方をご紹介していきます!

コスメボックスを使ってみた

化粧水や乳液などの収納に

こちらが、コスメボックスに入れているアイテム。朝の忙しい時間帯でも、このボックスのお陰でメイク時間も短縮されました!

ちなみに、箱ティッシュはきちんと隠すこともできます♡こういう細かい気遣い、女子はうれしいですよね。

さらに、ティッシュスペースを開けるだけで、大容量の収納スペースを確保することもできるんです。

中の仕切りも取り外せるので使い方は無限大!綿棒だって箱のままスッポリ収まりますよ。

リモコンや身だしなみセット入れに

また、耳かきや爪切り、リモコン類などの収納にもおすすめです。机の上にいろいろ物をついつい置きっぱなしにしてしまう癖も、このボックスのお陰で見た目もスッキリ解決!

ちなみに、中の仕切りにはセリアで購入した透明のケースがピッタリフィット!ボールペンや印鑑など無くしてしまいそうなものの収納としても便利です。

そして私の一番のお気に入りが、取り外しできるおしゃれな取っ手が付いているということ。

最初は無くてもいいかなと思っていましたが、これが意外に使えます。後ろに隠しておけば見えないのでとても便利!

「ここが惜しい」という所が1つくらいはあるかなと思っていましたが、想像を超える使いやすさで次の日に追加購入しちゃったほど。

買って大正解!スリコの「and us」シリーズ

スリコは、おしゃれなブランドに似ている商品に注目が集まる傾向が強かったですが、このコスメボックスに関しては、オリジナルのデザインと高見え術が上手く合わさった最高傑作です!

気になった方は品切れ前にぜひGETしてみてくださいね。

※2021年10月6日現在の情報です。本サイトで提供する情報、あるいはメンバーにより投稿された文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれることをあらかじめご了承ください。当社はその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いかねます。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事