早くも1万個バカ売れ!【ワークマン】キャンプ女子が作った「ジョイントバックパック」アウトドアに超便利

  • 2021年10月20日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

秋の行楽シーズン、キャンプなどのアウトドアを予定している方も多いのではないでしょうか?

アウトドアグッズと言えば、機能性とコスパ抜群のワークマンは要チェック!

今回は、ワークマンの”中の人”こと広報の方に、キャンプ・登山初心者にもおすすめのアイテムを教えてもらいました!

※ワークマン店舗へのお問合せはお控えください。 

キャンプ女子が作った「ジョイントバックパック」

  • ジョイントバックパック スタンダードエディション 3,900円(税込)

容量/約18L
サイズ/縦約56cm×横約32cm×幅約9cm
カラー/カーキ、ブラック、ブラウン

発売からすでに約1万点販売しているという、大人気の「ジョイントバックパック」。

ソロキャンパーとして活躍中のワークマンアンバサダー、ねこまるさんが開発協力して作った大容量アウトドアリュックです。

アウトドアのわくわく感や使用環境を熟知したねこまるさんならではの視点を活かした機能が満載で、「こんなの欲しかった!」と今、女性にも注目されています!

【「ジョイントバックパック」ここがスゴイ①】高撥水加工で雨でも安心!通勤にもおすすめ

ねこまるさんの一番のこだわりだというのが、素材の撥水加工。

カーキ、ブラウンは「DIAMAGIC DIRECT®」、ブラックは「RIPELTEX」というそれぞれの素材に合わせた撥水加工が施されているので、急な雨でも安心。

アウトドアでは雨や水場のシーンも多いので、これは外せない機能ですよね!

こちら、ブラックはスタイリッシュな合皮生地!タウンユースでもカッコよくキマりますよ。

ノートパソコンや書類なども充分に入る容量で、撥水加工もされているので、「自転車通勤で愛用している」という声もありました。確かに、通勤バッグとしてもオフィスで浮くことなく活躍してくれそうです!

【「ジョイントバックパック」ここがスゴイ②】収納力がすごい!出し入れのしやすさも◎

容量は18Lと大容量!!!

メインのファスナーはL字型になっているので、ガバっと開いて荷物の出し入れも楽々♪

また、外側に大小4つのファスナーポケットがあるので、スマートフォンなどの小物が行方不明になりません! 両サイドのポケットには、ペットボトルや折り畳み傘を収納可能。

荷物が多いアウトドアでも頼もしい収納力です。

リュック下にはドローコードがついているので、テントや寝袋、マット、チェアなどをつぶれないように持っていくことができますよ!

ちなみにブラックにはこちらのドローコードは付属していませんので、用途に合わせてお好みのカラーを選んでくださいね。

【「ジョイントバックパック」ここがスゴイ③】使いやすく自分好みにカスタムできる!

さらに収納を増やしたい場合は、別売りの「ジョイントサコッシュ」「ジョイントチョークサコッシュ」が取り付けられるようになっています。

ジョイントサコッシュは背中側につけられるので、貴重品を入れても安心◎

カラーバリエーションも豊富なので、組み合わせで自分らしいカラーのバックパックにすることができますよ。

▲左:ジョイントバックパック スタンダードエディション(ブラウン)

カラビナループやDカンも付いているので、キャンプに必要なものは一通り装備できそうです。

便利な機能が満載で、使い方は無限大! アウトドアや旅行はもちろん、荷物の増える子どもとのお出かけにも大活躍してくれそうです。

これだけ本格的なバックパックが税込3,900円は、どう考えても破格…! 同機能のブランド品と比べると1/4~1/5の価格です。

すでに売切れの店舗も出ているようですので、気になる方はお早めにチェックして下さいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。
※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事