もうマック行けない(泣)【ヤオコー】「800万個バカ売れ」「ぎゅうぎゅうでパン悲鳴」神4選

  • 2021年10月21日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

埼玉県を中心に店舗を展開する「ヤオコー」をご存知でしょうか? テレビで特集されることもある、地域の人気スーパーです。

今回は、そんな「ヤオコー」でぜひ買ってほしいおすすめ商品を、ヨムーノライター相場一花さんが紹介してくれました!

「ぎゅうぎゅうでパン悲鳴」「超破格」迫力バーガー

まずは、ヤオコーオリジナルのバーガー各種を紹介します。

安いのに豪華なヤオコーのバーガー

スーパー各所でも販売されていることの多い、バーガー。ハンバーガーチェーン店よりもお安い金額なので、値段の安さを重視したい時は、もっぱらスーパーのバーガーを買うことがあります。

ヤオコーのバーガーは1個あたり200円前後なのに、具材がしっかりとしていてかつ種類も多く、ハンバーガーチェーン店でにも負けないほどの豊富さ。

今回私がヤオコーへ行った時には3種類のみでしたが、時期やタイミングによっては、違った種類のバーガーも置いていました。

どのバーガーも具材が分厚くて、1個食べれば満足できそうなボリューム感。間違いなく、コストパフォーマンスに優れています。

今回購入したのは、

  • サクサク♪クリスピーチキンフィレ・・・213円(税込)
  • たっぷりタルタルフィッシュバーガー・・・213円(税込)
  • 【辛】ヤンニョムチキンバーガー・・・213円(税込)

の3種類。全部213円(税込)!まとめて2個買うと、410円(税込)となり、1個あたり205円(税込)とややお得に。

ちなみに、時間帯によっては半額シールが貼られてますよ。

ヤオコー「サクサク♪クリスピーチキンフィレ」213円(税込)の正直レポ

ヤオコー「サクサク♪クリスピーチキンフィレ」。パッケージの外からでも、ボリューム感が伝わってきますね。商品名に音符がついてしまうほど、ウキウキするような気持ちで名付けられたのかな?と想像してしまいました。

チキンフィレ大きい!これで213円(税込)とは驚きです。できたてではないため、衣のサクサク感はありませんでした。

できたてからさほど時間が経っていなければ、サクサクなのでしょうか。

「もしかしてチキンフィレは飛び出してる部分だけなのでは」と思い、パンをぺろっとめくってみたら、パン生地いっぱいにチキンフィレが入ってました。ハリボテ感はゼロ。すばらしいですね。

そして、パンは上下完全分離しているわけではないんですね。具材が分厚いのでその方が食べやすくて◎。

サクサク感はなかったものの、分厚くてジューシーなチキンフィレにサウザンソース。軽食ならば1個で充分な大きさのバーガーでコストパフォーマンス的にも優秀ではないかと思います。

もうハンバーガーチェーン店行かなくてもいいかも……?

ヤオコー「たっぷりタルタルフィッシュバーガー」213円(税込)の正直レポ

フィッシュフライがはみ出し過ぎ!と思わず手に取ってしまうことのある、ヤオコー「たっぷりタルタルフィッシュバーガー」。

パンが苦しそうなくらいに具材がぎゅうぎゅうにつまりすぎています。スーパーのバーガー、クオリティが高い!ハンバーガーチェーン店もうかうかできない時代ですね。

タルタルソースにソース、フィッシュフライの下にはチーズもみえています。そして、野菜類。こんなに詰め込んじゃっていいんでしょうか。

なぜか前述の「サクサク♪クリスピーチキンフィレ」よりも、サクサクとしていた衣。できたてから時間経過していなかったのでしょうか。

想像通りの味わいでありながら、フィッシュフライの身がしっかりとしている一品でした。ヤオコーのバーガー、すごい……と語彙力がなくなってしまいます。

年間800万個バカ売れ「食べ応え最強」神スイーツ

続いては、メディアで紹介された人気グルメをご紹介します。

たびたびメディアに登場!ヤオコー「あずき香る粒あんおはぎ(2個入り)」213円(税込)正直レポ

「あずき香る粒あんおはぎ」は、ヒルナンデス!やソレダメ!など、たびたびメディアに取り上げられているヤオコーの人気商品です。

発売以来15年以上ヒットを飛ばしているのだとか。私は2個入りを買っていますが、1個パックもありました。

ソレダメ!によると、ヤオコー全店で年間800万個も売れている超ヒット商品なんです。

なお、おはぎのルーツは宮城県にあるスーパー「さいち商店」。

1日に5000個も売れている「さいち商店」のおはぎの味わいに惚れ込んだ当時のヤオコーバイヤーがさいち商店にお願いをして味を学んだのだとか。こだわりの詰まったおはぎなんですね。

小豆は粒々感も残っていて、見ているだけでずっしり感が伝わります。甘さはかなり控えめなので、あまり甘ったるさを感じることなく完食できちゃいますよ。

おはぎって1個食べれば甘みいっぱいになって充分なことが多いんですが、ヤオコーのおはぎは、2個目に手を伸ばしそうになるほど。小豆の自然な甘みが活かされていて、心地よいおいしさなんです。

小豆は上にどどーんとのっかっているタイプのおはぎ

「小豆多すぎ!すごい!」とおはしで掴んでみると、底が軽いような……。ふとひっくり返してみると……

もち米がこんにちは。粒あんが覆いきれてはいなかったみたいです。ただし、この辺のディテールは、店舗により異なるとは思います。なぜなら、ヤオコーのおはぎはお店で手握りしているからです。

「粒あんとお米の比率は2:1」というのがヤオコー公式の情報。比率は守りつつも、小豆の覆い方は個体差があるかも。

お米についてはもっちりとしていて、弾力がありました。べっちょり系ではなく、やや固めの食感で食べ応えがあります。

お米はお米でおいしいので、このお米の製法を利用した赤飯があったらいいな、と妄想しました。すでにあったら申し訳ないですが、私が利用するヤオコーでは赤飯が見当たらず。

粒あん・お米ともに単品でもおいしくて、ロングセラー商品な理由もわかります。ヤオコーのイチオシ和菓子ですね。

1日4000個売れてる!ヤオコー「濃厚チーズタルト 1/4」270円(税込)正直レポ

つづいては、1日4000個売れてるのだというヤオコー「濃厚チーズタルト 1/4」270円(税込)。ちなみに、私が利用した店舗では1ホールでも売っていました。

ヤオコーの店内での手作り品。外注していないスイーツ品って、珍しいですよね。

チーズタルトはレーズン入り!

チーズの中にある黒い物体は何だろうと思ったら、レーズンでした。濃厚なチーズにときおり混ざるレーズンは良いアクセントですね。

チーズの味は海外のチーズのようなクセはないため、日本国内の一般的なチーズを食べられれば、口に合うはず。

個人的な推しポイントは「タルト」。タルトはカリふわとした食感で、香ばしいんです。タルトのみの販売でも買ってしまう、謎の自信があります。

ヤオコーのPBは買って損なし!

プライベートブランドというと、安くて味はそこそこ……なケースが多い中、ヤオコーのプライベートブランド(店内で製造)は、専門店もびっくりなクオリティに仕上がっています。

ボリュームもあるので、コスパにも大満足!

お近くに店舗のある方はぜひ一度、試してみて下さいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。
※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事