マツコも絶賛【カップ麺が劇的にウマくなる裏ワザ】「言わなきゃバレない」衝撃の結末2選

  • 2021年10月19日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

ちょっとしたコツでいつもの料理が劇的に美味しくなる”裏ワザ”、簡単なものならぜひ試してみたいですよね。

今回は、テレビ番組『マツコの知らない世界』で紹介された2つの裏ワザを、調理師でライターのだいきさんが実際に試してみてくれました!果たして実際の効果はどれほどなのか!?忖度なしの正直レポです!

マツコも絶賛【カップ麺が劇的にウマくなる裏ワザ】

SNSで「カップうどんを劇的に美味しくさせる方法」が話題になっていました。たったひと手間なのに、見た目も麺の食感も劇的に変わるというのです。

実はその方法『マツコの知らない世界』で紹介されたものです。その効果は、マツコに「言われなかったら、カップうどんとは思わないと思う」と、発言させるほど。

早速試してみました!

マツコも絶賛「カップうどんを劇的に美味しく」する作り方

カップうどんを劇的に美味しくする裏ワザは、麺にお湯をかけるのではなく「麺を鍋に移し替えて煮る」だけ!

どんな違いがあるのかわかりやすく、比べるために

  • そのままお湯を注いだカップうどん
  • 鍋で煮たカップうどん

の2つを同時に用意して、食べ比べてみます。

下準備:麺とスープの袋を取り出し、スープの素を容器に出す

まずはカップうどんの容器から麺とスープの袋を取り出しておきましょう。

麺を取り出したら、空いた容器にスープの素だけ出しておきましょう。

カップうどんアレンジ①鍋で麺と具材を5分煮る

鍋でお湯を沸かし、麺と具材を入れて、5分煮ます。カップうどんのお揚げが茹でられているのは何とも不思議な光景..(笑)。

カップうどんアレンジ②煮汁と共にカップ容器に戻す

5分経ったら、麺と具材を煮汁ごとカップ容器に戻しましょう。

既定の量まで煮汁を入れ、あらかじめ入れていたスープの素と混ぜ合わせたら完成です。

食べ比べた結果「つるん」とした食感がいい!

(左:そのままお湯を注いだカップうどん 右:鍋で煮たカップうどん)

麺を煮たうどんは、お湯を注いだうどんと比べて、麺が透きとおっています。もっちり感も伝わってきて美味しそう!

麺を食べてみると「つるん」とした食感がたまりません!確かにカップうどんとは思えない食感に仕上がっています。すごく斬新ですね。味はやさしい味でした。

しかし!麵はよかったのですが...お揚げも一緒に鍋で煮たのは間違いなく失敗でした。お揚げの美味しさが煮汁に逃げてしまい、とても残念な味になってしまいました(泣)。

この裏ワザは賛否両論あると思います。私はジャンク感ただよう、ちょっと硬めのちぢれた麺が好きなので、鍋で煮る方法は"カップ麵らしさ"がなくなってしまったように感じました。

ただ、カップうどんとは思えない「つるん」とした食感を新しく楽しみたい方にはおすすめですね!

早く知りたかった!【パンがふわふわになる裏ワザ】

パン屋さんでカレーパンを買った時、そのままでも美味しいけれど「焼き立ての美味しさ」に戻れたらな...と思ったこと、ありませんか?

実は、焼き立てのあの「サクサク感」を簡単に再現する温め方があります。

この記事では、「マツコの知らない世界」で紹介された【カレーパンの温め方】を実践し、食べてみた感想を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

マツコの知らない世界で話題!カレーパンをサクサクに復活させる方法

「マツコの知らない世界」で紹介していたのは、毎日カレーパンを食べるという佐藤 絵里さん。今年の5月まで、日本カレーパン協会の会長も務めていました。

カレーパンが復活する温め方は、「霧吹き+オーブントースター」だけ!実際に食べたマツコさんは『こんなに変わるの!?』と驚いていました。

カレーパンの温め方①カレーパンの両面に霧吹きで水を吹きかける

カレーパンをお皿にのせ、霧吹きで3回水を吹きかけます。カレーパンの上下をひっくり返し、また3回水を吹きかけます。

カレーパンの温め方②予熱したオーブントースターで両面を1分焼く

180℃に予熱したオーブントースターにカレーパンを入れ、1分焼きます。

1分経ったら、上下をひっくり返し、もう1分焼いて完成です。

「裏ワザで温めたカレーパン」VS「何もしないカレーパン」食べ比べてみた

(左:霧吹き+オーブントースター 右:そのまま)

パン屋さんでカレーパンを2つテイクアウトして、ひとつは「霧吹き+オーブントースター」で温め、もうひとつはそのまま何もせず、食べ比べてみます!

何もしないカレーパンを食べてみた

わかりやすいようにカレーパンを切ってから食べてみます。

切ってみると、カレーパンの中はかなり空洞が多いことがわかります。パンの底にカレーがたまってしまい、パン生地は「キュッと」縮んでいる印象。

食べてみるとしっとりとやわらかく、少し時間が経ったカレーパンならではの食感。パン屋さんのカレーパンなので、冷めていてもとても美味しいです。

「霧吹き+オーブントースター」で温めたカレーパンを食べてみた

続いて「霧吹き+オーブントースター」で温めたカレーパンを食べていきます。

まず切ってみて思ったのが、パン断面の印象が違います。先ほどのカレーパンにあった空洞の面積がぐっと小さくなっていました。

見た目から「生地のふっくら感」が伝わってきますね。食べてみると、食感がふわっふわで美味しいです!

サクサクしているかというと...「ちょっとサクサクしているかな?」くらい。焼き時間が少し足りなかったかもしれません。サクサク食感が好きな方は、両面「2分ずつ」焼いてもいいかもしれないですね。

何もしないカレーパンと比べると、その差は一目瞭然です。間違いなく美味しくなりますよ。

裏ワザでいつもと違う美味しさに!

『マツコの知らない世界』で紹介された裏ワザをご紹介しました。

ちょっとしたひと手間で、カップうどんやパンが一味違う食感に! いつもの味に飽きたらぜひ一度、試してみてくださいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。
※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事