安井ファームさんが教える「ブロッコリーの正しい洗い方」流水では不十分かも

  • 2021年10月22日公開

こんにちは!調理師免許をもつ、ヨムーノライターのmomoです♪

突然ですが、みなさんは「ブロッコリーの正しい洗い方」を知っていますか?

にんじんやピーマンは流水で洗うと、汚れが落ちているかどうかはっきりわかりますが、独特な形状をしているブロッコリーは洗えているかどうか、基準がなんだか曖昧ですよね。

そこで今回は、"ブロッコリーのプロ"直伝の「ブロッコリーの正しい洗い方」を実践したいと思います!

Twitterで話題!"ブロッコリーのプロ"安井ファームさん

今回の記事で参考にするのは、石川県白山市「有限会社安井ファーム」さんのブロッコリーの洗い方です。

安井ファームさんは年間約190万株ものブロッコリーを出荷している農業法人で、なんと令和元年の農林水産祭にて内閣総理大臣賞を受賞している、まさに"ブロッコリーのプロ"。

そんな安井ファームさんのTwitterを覗いてみると、投稿内容から写真までどこを見てもブロッコリーだらけ!頻繁に見かける「オッケーブロッコリー」のフレーズは、つい使いたくなってしまう面白さですよね!(笑)

ブロッコリーに関する豆知識や美味しいレシピなど、有益な情報をユーモアを交えて発信してくれているんです♡

今回試すブロッコリーの洗い方はこちら!

ツイートにもある通り、ブロッコリーは水を弾く性質があり、水で流すだけでは隅々まで洗うことは難しいのだそう。よって、振るようにして洗う方法がおすすめなんだそうです♪

こちらのツイートを参考に、ブロッコリーを洗っていきたいと思います!

ブロッコリーの洗い方①大きめのボウルに水を張る

ブロッコリー1株を入れても余裕のある、大きめのボウルを用意し、水をたっぷりと張っておきます。

ブロッコリーの洗い方②ツボミ部分を下にして水に入れる

ブロッコリーのツボミ部分を下に向け、茎を手で持って水に突っ込みます。

ブロッコリーの洗い方③軸を持って、振るように洗う

茎を持ったまま、水の中でツボミを左右に振りながら洗っていきます。

ゴシゴシこすらなくても、振る勢いでしっかりと洗えている感覚です。

ちゃんと洗えた?水の汚れ具合をチェック!

驚くほど簡単だったブロッコリーの正しい洗い方ですが、気になるのが洗った後の汚れ具合ですよね。

さっそく、ブロッコリーを洗った後のボウルの水をチェックしていきます!

パッと見では、ブロッコリーのツボミだけが一部取れているように見えますが近づいてみると…

何か浮いている...!

細かな白い点や黒い点が、ボウルの水一面に浮いているのがわかります…!

今回は幸い、目に見える虫などは出てきませんでしたが、中までしっかりと洗えるこの方法は、安心できるなと感じました。

ちなみに、今回浮いていた白い点を安井ファームさんに見てもらったところ、「ブルーム」と呼ばれる自然由来の物質(植物に備わったバリアのようなもの)なので、"ブロッコリー的には通常営業"だそう。ホッとしました。。

正しい"ブロッコリーの洗い方"、お試しあれ!

今回は、ブロッコリーのプロ直伝、「ブロッコリーの正しい洗い方」をレポしました♪

今まではほかの野菜と同じように流水にあてて洗っていましたが、きちんと洗えていなかった事実にビックリ…!

改めて野菜の性質を理解することが大切なんだなという気持ちと同時に、もっと早く知りたかった~(笑)。

水とボウルを用意するだけで手軽にできるので、皆さんもぜひ試してみてくださいね♪

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事