おうちでいっぱい遊ぼう♡子供と楽しめる「室内遊び」アイデア集

  • 2021年10月21日公開

外出したくない日はおうち遊びでたのしく

過ごしやすい季節になって、外出する機会も増えてきましたね。でも、子どもとの外遊びは大変。疲れた日や気が乗らない日は、おうち遊びで気楽に楽しみましょう。ご紹介する遊びは、おうちにあるものや100円ショップで揃うものばかりです。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

知育にもなる手先遊び10選

①バスボム作り

重曹、クエン酸、片栗粉で簡単に作れるバスボム。フードカラーで好きな色にできるので、お子様もきっと喜ぶはず。あとは、混ぜて型に入れて1日待つだけ。アロマや塩を入れて作ることもできるので、大人も楽しめますね。

②色・ひらがなのマッチング遊び

セリアの商品で作れるおもちゃです。材料費はたったの330円!「プールスティック」の穴が、「キッチンペーパースタンド」にピッタリ。均等にカットしたスティックにカラーシールを貼ってOPPテープで保護するだけ。

こちらはひらがなバージョン。文字を考えながら遊ぶことがでる知育玩具にも。年齢が上がっても長く遊ぶことができます。この他にも、文字の難易度を上げたり、英語バージョンにしたり、好きに変えることができます。

③レトルトカレーの箱で簡単パズル

キャラクターが描かれたパッケージがあれば、手作りパズルが作れます。

ダイソーの「立方体」、「ウッドボックス」がジャストフィット。立方体に合わせてカットしたパッケージを、1つずつカッターでカットするだけ。キャラクターものは、お子様も夢中になって遊んでくれるはず。

④口に入れても安心な絵の具

絵の具を使ってみたいけど、水をこぼしたり口に入ったら心配。という方にもおすすめなのが、小麦粉で作る絵の具。

小麦粉100g、水100ml、着色料で作れるので、もし口に入ってしまっても安心です。筆の代わりに綿棒を使うのおすすめです。描いた絵は、1日置いておくとぷっくりとした仕上がりに。

⑤ぷにぷにシール

シールはラップ、水性ペン、ボンドがあれば簡単に作れちゃいます。

まずは、ラップに好きな絵や模様を書いて、ボンドを上から薄く塗ります。後は乾かすだけでシールの出来上がり。貼った後もキレイに剥がせるので、ノリが残る心配なし。プニプニ触覚がクセになるシールです。

⑥絵本カバーでパズル

絵本のカバーもパズルに早変わり。セリアの「のり付きパネル」にパズルにしたいカバーを貼ってカッターで好きな形に切るだけ。すぐボロボロになってしまうカバーが再利用できるのは嬉しいですよね。

⑦ポリエチレン手袋で色遊び

全て100円ショップで揃うおもちゃ。ポリエチレン手袋の指先に数字を書いて、水、洗濯のり、ポンポンを入れて縛るだけ。感触を楽しんだり、色合わせや数遊びといった、年齢に合わせた遊びができます。

⑧思い立ったらすぐ作れる粘土

片栗粉と水さえあれば、簡単に粘土のような質感が完成!片栗粉100gと水100mlを混ぜてレンチンするだけです。フードカラーなどで色をつけると、もっと楽しむことができます。ベタベタしたら、薄力粉を軽く付けると長く遊べますよ。

⑨大人もハマるおもちゃ

セリアの園芸コーナーに売っている「ワイヤーネット」。こちらを使って、0歳からでも遊べるおもちゃをご紹介します。

材料は、ワイヤーネット、花はじき、ドリンクの蓋、ワイヤーなど。ワイヤーに花はじきを入れたこちらのおもちゃは、単調な動きがクセになります。

⑩おうちで砂時計作り

ドリンク容器が2つあれば、夢中になれるおもちゃに早変わり。

中身はお好みで、ビーズ、水、なんでもOK。あとはグルーガンで容器を繋げてガムテープで保護するだけ。砂時計にしたり、マラカスにしたり、小さなお子様でも遊ぶことができます。

※外出する際は混雑する時間を避けるなど、感染予防を心がけてください。
※価格は記事作成時のものです。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事