いま最強の韓国アイドル出身イケメン主演作品TOP3♡男性もなりたい顔No.1の「顔天才」も

  • 2021年10月24日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部エンタメ担当です。

今回は、人気韓国ドラマの中で、アイドル(ボーイズグループ)出身のイケメン俳優主演の作品をまとめてみました。

顔天才から除隊後の復帰で話題のあの人まで。歌もうまくて、演技力にも磨きがかかる若手のマルチ俳優さんの作品は、胸キュンの嵐です。

①「女神降臨」:チャ・ウヌ(ASTRO)

まずは、知る人ぞ知る、“顔天才”K-POPアイドルのチャ・ウヌ(ASTRO)の主演作品です。

顔面偏差値70オーバーと言われているチャ・ウヌは、ASTROのメンバーとしてデビューするや否や、「あの漫画の主人公のように美しいイケメンは一体誰?!」と世間の大注目を浴びました。

「女神降臨」は、大人気デジタルコミックを実写化したラブコメディです。メイクで変身した女神を2人のイケメン男子が奪い合う三角関係に、キュンキュンしっぱなし。

クールモテイケメンを演じたのがチャ・ウヌ。俳優陣の美しすぎるビジュアルも原作漫画とシンクロ率100%と大反響と呼んだ作品です。

過去記事はこちら

②「力の強い女 ト・ボンスン」:パク・ヒョンシク(ZE:A)

パク・ヒョンシクは、ボーイズグループZE:A(ゼア)のボーカルとして人気を博したアイドル出身の俳優です。2012年に「愛の贈りもの」でテレビドラマデビュー。

「力の強い女 ト・ボンスン」でパク・ヒョンシクが演じたのは、ゲーム会社のCEOミンヒョク。

その年に開催された「ザ・ソウル・アワード」では男性人気賞を受賞します。御曹司と怪力女のラブストーリーという今までにないジャンルです。

パク・ヒョンシク演じるミンヒョクと、ジス演じるボンスンの幼馴染で正義感あふれる刑事グクドゥの三角関係も必見!

過去記事はこちら

③「ヴィンチェンツォ」:オク・テギョン(2PM)

こちらも知る人ぞ知るボーイズグループ2PMのオク・テギョン。

テギョンは、歌や演技のほか、生まれ持った肉体と、アメリカ在住歴があり英語が堪能で「マルチ」という言葉がふさわしいアイドル。

ストーリーの肝は、マフィアの顧問を務める韓国系イタリア人の弁護士ヴィンチェンツォ・カサノ(ソン・ジュンギ)。彼は、莫大な富と利権を握る巨大企業バベルに正義の鉄槌を下すため、母国韓国で壮絶な戦いを繰り広げます。

このバベル側のキーパーソンがテギョンです。主演ソン・ジュンギのクールな存在感に、テギョンの悪党役がとっても引き立つドラマです。

過去記事はこちら

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事