年800万個バカ売れ【ヤオコー】「激安じゃないけどクオリティ高っ」「食べ応えヤバっ」推し3選

  • 2021年10月25日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

埼玉県を中心に店舗を展開する「ヤオコー」。テレビで特集されたりなど、地域の人気スーパーです。

今回は、そんな「ヤオコー」でおすすめの商品を、ヨムーノライター相場一花さんが紹介してくれました!

たびたびメディアに登場!800万個売れてるおはぎ

  • ヤオコー「あずき香る粒あんおはぎ(2個入り)」213円(税込)

「あずき香る粒あんおはぎ」は、ヒルナンデス!やソレダメ!など、たびたびメディアに取り上げられているヤオコーの人気商品です。

発売以来15年以上ヒットを飛ばしているのだとか。私は2個入りを買っていますが、1個パックもありました。

ソレダメ!によると、ヤオコー全店で年間800万個も売れている超ヒット商品なんです。

なお、おはぎのルーツは宮城県にあるスーパー「さいち商店」。
小豆は粒々感も残っていて、見ているだけでずっしり感が伝わります。甘さはかなり控えめなので、あまり甘ったるさを感じることなく完食できちゃいますよ。

おはぎって1個食べれば甘みいっぱいになって充分なことが多いんですが、ヤオコーのおはぎは、2個目に手を伸ばしそうになるほど。小豆の自然な甘みが活かされていて、心地よいおいしさなんです。

「粒あんとお米の比率は2:1」というのがヤオコー公式の情報。
お米についてはもっちりとしていて、弾力がありました。べっちょり系ではなく、やや固めの食感で食べ応えがあります。

粒あん・お米ともに単品でもおいしくて、ロングセラー商品な理由もわかります。ヤオコーのイチオシ和菓子ですね。

激安じゃないけどクオリティ高っ!ヤオコーオリジナルブランド品

  • ヤオコー・Yes! Premium「風味豊かな幌加内そば」267円(税込)

きらびやかなパッケージで目を引くYes! Premium「風味豊かな幌加内そば」。日本一の作付面積・収穫高の北海道幌加内(ほろかない)産のそば粉を使用した乾麺。乾麺なのに、産地限定って珍しいと思いますが、いかがでしょうか。

100gが3束入って267円(税込)ですので、お値段的には普通~やや高めですね。

舌触りなめらかでのどごしの良いそばです。ボソボソと切れることなく、(マナーはさておき)ずずず!っといけますよ。そばの風味はするものの、しつこくありません。

そば単体で食べるとちょっと物足りませんので、天ぷらそばにするといいかも。もしくは天かすを用意して食べてみても。シンプルだけど、おいしい。思わずリピしたくなる乾麺タイプのそばです。いいもの売ってますね。

店内揚げたて!分厚いカツサンド

  • ヤオコー「ピノの手仕込みロースかつサンド2切入」386円(税込)

ヤオコーのインストアベーカリー「ピノ」仕込みのヤオコー「ピノの手仕込みロースかつサンド2切入」386円(税込)。店内揚げたてとんかつを使用しているのだとか。ちなみに「ピノ」では、おいしそうなパンも並んでいます。

サックリと噛み切れるロースかつ。噛めば噛むほどかつの旨味を感じます。

ロースかつサンドといえば、マスタードのような辛みを感じるものもありますが、ヤオコーの「ピノの手仕込みロースかつサンド2切入」の味付けは甘め。

ソースたっぷりのロースかつがおいしい一品です。我が家の子ども達(6歳・3歳)にも好評でした。

作りたての時間帯で購入すれば、ロースかつの衣がサックサクという噂です。私はいつもタイミングを逃していますが、余裕のある方は、利用する店舗の作りたて時間を事前に調べ、作りたてホヤホヤのものをゲットしてみてくださいね。

まとめ

ヤオコーの商品は”激安!”というほどではないかもしれませんが、ボリュームもあるので、コスパにも大満足!

お近くに店舗のある方はぜひ一度、試してみてくださいね。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事