食費を月5000円減らす!「ムリなく簡単!4大コツ」1,000万円貯めた3児の母の買い物術

  • 2021年10月25日公開

こんにちは。 貯金ゼロから2年で350万円、貯金1,000万円貯めた、子ども3人の母、ヨムーノライター あき(@aki_kakeibo) です。

食費は毎日のことだからできるだけ減らしたいけれど、なかなか食費を減らすのは難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。

普段から多くの節約主婦の方を見てきた私ですが、自分の体験談や、まわりで食費を減らすのが上手だなと思う人には共通点があります。

ここでは、食費を無理なく減らしている人がこっそりやっている無駄買いをしない方法を紹介します。

まずは月5,000円、食費を無理なく減らしたい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

【食費節約コツ1】値引きは買わないけど、目的のものが値引きされていたら買う

食費を無理なく減らしている人は、「本日限りの特売品」などにはあまり興味を持ちません。

なぜなら「本日限りの特売品」など、値引きに惑わされて買い物をしてしまうと、いつの間にか「買いすぎ」を引き起こしてしまうから。

食費を節約するために値段の安いものを買い求めているのに、特売品を買いすぎてしまい食費が高くなってしまっては本末転倒ですよね。

スーパーもあの手この手で購買意欲をくすぐってきますので、プロの戦略に踊らされてしまうと食費の節約にならないことを、食費を無理なく減らしている人はよく理解しているのです。

代わりに、欲しいと思ったものが値引きされていたら、迷わず値引きされているものを買います。

例えば、「今日は鶏もも肉を買おう」とスーパーに行ったときに、鶏もも肉に10%オフ、半額など値引きのシールがついていたら、迷わず買うといった具合です。

今日買う予定だったものに特売品を追加してしまうと無駄買いにつながりやすいですが、今日買う予定だったものが安く買えるのはお得と考えているからです。

【食費節約コツ2】季節の物を買う

食費を無理なく減らしている人は、季節の物を食卓に取り入れるのも上手です。

食材によっては年中安定した価格で提供されているものもありますが、基本的な食材には「旬」があることがほとんどです。

特に、鮮度の高い果物や野菜には季節による旬の時期がみられることが多いですよね。

そのため、同じ果物や野菜でも季節によって大きな値段の変動がみられます。

この季節による価格変動を、食費を無理なく減らしている人は見逃しません。

あと少し待てば旬になって安くなる食材は、旬になってから。

旬になっている果物や野菜が少ない時期は年中出回っていて価格が安定しているものから。

食費を無理なく減らしている人は、季節の旬を食卓に取り入れることで、自然に食費を減らすことに成功しているのです。

一般的に果物や野菜は旬の時期の方が栄養価も高いと言われることが多いので、健康面でも役立ちそうですね。

【食費節約コツ3】買い物をする時間が短い

スーパーに行くと、おいしそうなものや新商品など、魅力的な商品がたくさん目につきますよね。

スーパーをぐるりと一周する頃には、あれもこれも欲しくなっていて、どれから買おうか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。

じっくり買うものを吟味していたら、スーパーに30分、1時間と長い時間滞在してしまったという経験がある人も多いと思います。

一方、食費を無理なく減らしている人は、スーパーでの買い物に時間をかけません。

買い物をする時間が長くなればなるほど、あれもこれも欲しくなってしまい無駄なものもカゴにいれてしまうことをよく理解しているからです。

買い物をする時にはメモを活用するなど、買う予定の物だけをさっと買って帰るので、無駄な買い物をする機会も少なくすませられます。

買い物をする時間を短くすることで、家で過ごす自分の時間を増やすこともできますので、食費を無理なく減らしている人は、買い物だけでなく家事も効率的に進められる人が多いですよ。

【食費節約コツ4】お気に入りのいつも買いがある

食費がついつい高くなってしまう人は、特売品に惑わされたり、あれもこれも必要だからとカゴに入れてしまったり、なんでもダラダラ買ってしまう癖があります。

自分では大きな贅沢をしている感覚もなく、必要なものしか買っていないと思っているはずなのに、なぜか食費が平均より大幅に高いといった悩みをもっている人のほとんどは買い物に一貫性がありません。

よく言えば食材に対して好奇心が旺盛で、いろいろなものを試してみたくなる人が多いのですが、自分でもどうして食費がこんなに高いのか分からないという悩みにつながります。

一方、食費を無理なく減らしている人は、新しいものや珍しいものにはあまり手を出しません。

このスーパーでは卵がいつも安いから卵を買う、水曜日に行くと牛乳がいつも安いから牛乳を買うなど、お気に入りのスーパーでお気に入りのものを買います。

価格が安定しているものや、普段から安くなっているものを無意識に選択する習慣ができているので、目新しいものにチャレンジするより、いつものもので味付けだけ新しくするなど、食費を上げずに食卓を豊かにするのが上手な人も多いですよ。

食費を無理なく減らしている人がこっそりやっていること

食費を無理なく減らしている人は、食費を減らすための行動が習慣になっていることが多いものです。

難しい食費の節約術を徹底する人は少なく、自分なりの食費を減らすための行動を習慣化させ、いつも同じことをするだけすることで、食費を無理なく減らしています。

食費を無理に減らすことはしないので、食費を減らさなくてはいけないストレスを感じている人も少ないですよ。

食費を無理なく減らしたいと感じている人は、参考にしてみてくださいね。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事