【高視聴率韓国ドラマTOP3】最高視聴率41.6%!2021年大注目の韓国イケメン俳優も♡

  • 2021年11月05日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部韓国ドラマ担当です。

前回に引き続き、高視聴率で世の中を沸かせた韓国ドラマをピックアップ!

前回のモンスター級高視聴率ドラマTOP3▶︎

人気俳優の過去作品を探すなら、視聴率を軸に選んでみるのもおすすめ。その俳優さんのルーツや、他の顔も見られてさらに魅力に引き込まれること間違いなし。

今回は、ヨムーノでもご紹介した人気の「高視聴率韓国ドラマ」をまとめてみます。

※韓国国内地上波・非地上波を問わず、プレスリリース情報を参照しています。

高視聴率韓国ドラマ①最高視聴率41.6%!ソン・ジュンギ主演「太陽の末裔」

今年ヒットした韓国ドラマを振り返ってみると、美しさに目が眩むほどのあの人♡ソン・ジュンギの「ヴィンチェンツォ」が浮かぶ方が多いのではないでしょうか。

そんなソン・ジュンギが、放送後プライベートでも主演女優との結婚を発表し話題となった、あの作品「太陽の末裔」。

「太陽の末裔」は、軍人と女性医師の愛の物語。なんと最高視聴率41.6%!
軍人×恵まれた環境で生きる女性という、どこか「愛の不時着」を思わせるシチュエーションでもありますね。

除隊したばかりのソンジュンギが演じた本作。それまでは少年のようなイメージが強かった彼でしたが、本作のシジン役でそのイメージを払拭。特殊戦司令部の上尉として、大人の魅力を披露しました。

除隊後の魅力が炸裂した現場

また本作の撮影にあたっては、ロープ降下訓練やアクション訓練、射撃訓練や集団戦の訓練など、様々な訓練を行ったそうで、ソンジュンギは迫力のあるアクションを披露。加えて本作では隊員たちが裸の上半身を見せる場面も多く、ソンジュンギも見事に調整された肉体を披露してくれています。

過去記事はこちら

高視聴率韓国ドラマ②視聴率25.6%で2013年の最高作品となった「相続者たち」

2013年SBS韓国ドラマ大賞を総なめにした韓国での大ヒットドラマで、その年の秋に地上波最高の視聴率を記録したと言われています。

パク・シネ、イ・ミンホをメインに、キム・ウビンやZE:Aのパク・ヒョンシク、CNBLUEのカン・ミンヒョク、カン・ハヌルなどのトップ俳優も登場している豪華ドラマなのです。

タイトルに惑わされないで!期待を超えてくるスピード感やキュンの連続♡

「相続者たち」という名前から、韓国ドラマあるあるの御曹司とヒロインが徐々に歩み寄る......という話に見えがちですが、実はとってもコミカルで急展開が豊富なおもしろいストーリー。

2013年当時もすでに売れっ子だったイ・ミンホが「相続者たち」の出演を決めた理由は、まだ20代の今のうちに青春ものに出演したい、若者の気持ちを代弁するような作品に出たいという思いで出演を決めたそうです。

過去記事はこちら

高視聴率韓国ドラマ③最高視聴率23.8%!国民的女優×年下男子「椿の花咲く頃」

最終回の視聴率が23.8%を記録した、カン・ハヌルとコン・ヒョジンのあたたかいストーリー。

放送年の前後で、よく「トッケビ」の視聴率20%を基準に、トッケビ 超え”と比較されることが多いのですが、「椿の花咲く頃」は、見事にトッケビ超え(本国の視聴率基準での格付け)して話題になりました。

一般的に年上男性×年下女性のカップルが多いとされる韓国で「年下男子」の人気が爆あがりした年でもありました。

カン・ハヌルのキャラクターと役柄が完全シンクロ!

とにかく真っすぐで一途なヨンシクは、カン・ハヌルのはまり役です。報われなくてもただひたむきにヒロインを思い続けて、体を張って守るヨンシク。特にプロポーズのシーンは心に残りました。メイキングでは、キスシーンの緊張感で手汗が止まらないカン・ハヌルの姿も…「椿の花の咲く頃」はカン・ハヌルが除隊して初めてのキスシーンだそうです!

普段の姿からも、性別問わず「共演したい俳優」と業界からも人気のカン・ハヌル。元気でお茶目なキャラクターが役柄にもシンクロしています。

過去記事はこちら

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事