ラスボス降臨!【3COINS】全100均&300均の中でも超優秀「防寒BEST3」冬本番に大活躍!

  • 2021年11月25日更新

こんにちは。毎年冬になると寒さ対策に試行錯誤しているヨムーノライターのlittlehappyです。

私は重度の冷え性のため、冬はあったかグッズが欠かせません。
様々な商品を試した結果、最終的に3COINS(スリーコインズ)のあったかグッズに落ち着き、毎年寒くなるとスリーコインズに買いに行っています。

今回は寒さ&保湿対策のために購入したスリーコインズの商品を紹介します。

冬に欠かせない保湿用グローブ

  • 保湿用グローブ 330円(税込)

冬になるとハンドクリームを使用する方も多いと思いますが、塗った後はしばらく物に触れないのが不便ですよね。 そんな時に便利なのがこちらのグローブです。昨年はグレーとピンクのボーダー柄が販売されていましたが、今年はりぼんがついた可愛らしいデザインのグローブになりました。

素材はコットン100%で触心地も柔らかく、手首の部分は締め付けないゆったり仕様になっています。
洗濯をするたびに生地が柔らかくなっていくので使用するたびに使いやすくなります。 グローブをはめることで保湿効果も高まり、ハンドクリームの効果をより高めてくれます。 さらにハンドクリームが他の場所につく心配がないので、ハンドクリームをたっぷり塗ることができます。

グローブをつけたままでもタッチパネルの操作ができるように、両方の親指と人差し指の先端は導電性の生地になっています。
アルコール消毒の影響で例年より手荒れがひどくなってしまい、ハンドクリームと保湿用グローブが欠かせなくなりました。
手荒れに悩んでいる方の保湿ケアにおすすめです!

口元の保湿ケアにおすすめグッズ

  • おやすみ保湿用ネックカバー 330円(税込)

こちらは口元や首元の乾燥対策のためのネックカバーです。 昨年のネックカバーはリング状になっていてネックウォーマーのような作りでしたが、今年はゴムを耳にかけ顔だけを覆う形に変更になりました。

表面についているポケットに付属のガーゼを湿らせて入れることで乾燥対策ができます。
ネックカバー自体は通気性がよいので息苦しさは感じませんが、湿らせたガーゼをポケットに入れると少し息苦しく感じる場合もあります。
本来は乾燥対策のためのものですが、顔にぴったり密着するので鼻冷え性対策にもなります。
私は鼻だけが冷えることが多く、鼻が冷えてしまうとどんなに体を温めても「寒い」と感じてしまうので、冬場は鼻を覆うネックカバーが欠かせません!
鼻が冷えるという方におすすめのアイテムです。

触り心地抜群のヘアドライタオル

  • ヘアドライタオルキャップ 330円(税込)
    サイズ 65×25㎝

こちらは繊維が細く、ふんわりとした柔らかさが特徴の「サンゴマイヤー」が使用されたヘアドライタオルキャプです。
生地が厚めなので、ロングヘアーでもしっかり髪の水分をふきとることができます。

実際に触ってみるといつまでも触っていたいと思うほど触り心地がよいので手放せなくなります。
吸水性にも優れているので、こちらのタオルで髪の水分をしっかりふきとることでヘアドライヤーの時間を短縮することができます。
私は髪の量が多いので、冬場はしっかりタオルドライをしてもドライヤーを20分程かけなければ完全に乾きませんでした。
バスタオルで髪の水分をふきとった後にタオルキャップをかぶり、スキンケアを先にしてからヘアードライヤーをかけるといつもよりヘアードライヤー時間を短縮することができました! 髪の毛を乾かすのは毎日のことなので時間が短縮できるのはとても便利です。

ヘアドライタオルキャプはボタンがついているので、しっかり頭に巻くことができます。 バスタオルだと下を向いたときに巻いた部分が落ちてしまうことがありますが、こちらは落ちてくることがないのでわずらわしさがありません。

サンゴマイヤーを使用したヘアドライタオルはターバン・タオルキャップ・タオルの3種類が販売されています。
こちらはヘアドライタオルになります。

タオルはボタンなどがついていないので、タオルキャップのようにしっかり頭に巻くことができませんでした。 吸水性はよいのですが、使い勝手はタオルキャップの方がよいかなと思います。

今回紹介した商品以外にもスリーコインズではたくさんの保湿対策グッズが販売されているので是非チェックしてみて下さいね。

※2021年11月現在の情報です。記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがあります のでご了承ください。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事