再びラスボス襲来!【ファミマ】「黒船カステラプリン」食べなきゃ損「限定新作!人気店コラボ」ひと口で3倍お得

  • 2021年11月29日更新

こんにちは、近所のファミマに通いすぎて、店長とも友だちになったヨムーノライター別当です。

今回、ファミマよりあのカステラの名店「黒船」が監修を務めたプリンが2021年11月9日(火)に発売されました。その名も「黒船カステラプリン」!

さまざまなコラボやアレンジ品が登場しているコンビニスイーツの王道「プリン」。カステラとプリンという2大スイーツの出会いがどんな化学反応を生み出したのか、さっそく食べてみました!

黒を基調とした異色のパッケージ

今回ファミマスイーツの監修を務めた「黒船」は、老舗カステラ店・長崎堂が母体。東京・自由が丘に本店を置き、カステラやどら焼きを斬新な発想でアレンジした銘菓が人気を集めている名店です。

カラフルなパッケージが多いコンビニスイーツにあって、今回の商品のパッケージは黒をベースに白地で商品名が書かれただけのとてもシンプルなもの。その外観からも「黒船」らしさがにじんでいます。

カステラとプリンなのに3層仕立て?

パッケージの外側から中身を見てみると、3層に分かれているのがわかります。カステラとプリンはわかりますが、それでは2層のはずです。なぜ3層に見えるのか、ますます中身が気になりますね!

こちらが、パッケージを開けた時の状態です。一瞬「焼きプリンなのかな?」と思いましたが、食べてびっくり!カステラそのものがのせられているのです!

(写真はイメージです)

一般的なカステラは作る時に焦げてできる茶色の部分が上下にあります。そのため、全体では2色です。つまりカステラプリンを外側から見たときに3色に見えるのは、カステラの部分が2色になっているため。

ふたを開けた時に焼きプリンのように見えるのは、このカステラの表面にある焦げた茶色い部分があるためです。

「黒船」の看板商品である「黒船カステラ」を再現したカステラ生地は、ふんわり、しっとりとした食感で、甘味とコクのバランスも絶妙です。

しかし!あの名店・黒船のカステラを再現しているのですから、カステラが美味しいのは想定の範囲内です。

筆者が驚いたのは、実はプリンの美味しさでした!卵の風味、コク深さ、ほどよい甘味など、これぞ王道のプリン!という美味しさで、プリンだけでもお金を払う価値があるなと感じました。

そしてその王道プリンとカステラを一緒に食べてみると、それぞれの味わいが2倍、3倍にふくらみ、その上異なる食感が楽しめて最高の化学反応をみせてくれました。

幸せな出会いの味をぜひ!

2つの味を合わせることで、それぞれの味の良さを消してしまうスイーツも多い中、カステラとプリンは、まさに「幸せな出会い」という言葉がピッタリの美味しさでした。

【商品情報】
商品名:黒船カステラプリン
価格:178円(税込)
発売日:2021年11月9日(火)
取扱店:沖縄を除く全国のファミリーマートで発売

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

【厳選】売り切れ必須!魅惑のコンビニスイーツまとめ

⇒【実食レポ】毎日スイーツからお弁当まで!セブンイレブンおすすめまとめ

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事