ウソ再入荷しないかも?『Nウォーム毛布』週3【ニトリ】通いマニア「ちょい奮発しても絶対買い」「家族で争奪戦(泣)」

  • 2021年12月02日更新

こんにちは、ニトリマニア歴5年、週3回のパトロールが日課の便利グッズ大好きなおちびです!

冬のニトリといえば...『Nウォーム』!!皆さんはもうゲットしました?

今回は、Nウォームの中でも「大人気の毛布」をご紹介します!12月あたりからどんどん品薄になっていくので、買い逃さないために今月中に買うことをおすすめします!

衝撃!Nウォームって「3種類」あるの知ってた?

先日、私のインスタグラム内でフォロワーさんに「Nウォームは3種類あることを知っているかどうか」アンケートを取ったところ、約半数の方が知らなかったんです!!

お店に行くと、3種類のNウォームを比較できるサンプルボードがありますので、ぜひ触ってみてくださいね!

簡単に説明すると、『Nウォーム』『Nウォームスーパー』『NウォームWスーパー』の3種類に分けられ、暖かさ・機能・値段が『NウォームWスーパー』にいくほど高くなっていきます。

Nウォームの暖かさの秘密は、体から発散される水分を熱に変える"吸湿発熱"素材にあります。糸や生地にもこだわって、静電気防止や制菌防臭加工など、私たちが感じる冬の悩みを解消してくれています。

「NウォームWスーパー」一度使ったら元には戻れない♡極上の肌触り

  • 商品名:NウォームWスーパー 2枚合わせ毛布 グレー Sサイズ 4,990円(税込)

今年は奮発して、一番人気の『NウォームWスーパー』の毛布を購入しました!!これがもうびっくりするほどよかったんです!

『NウォームWスーパー』が暖かいのはもちろんなのですが、一番の売りは「肌触りの良さ」です。

毛足が短く、ツルッとした肌触りのよさにうっとり。ずっと触っていたくなります。

静電気パチッに悩む方にも◎

特に女性は起毛素材で逆に乾燥してしまったり、静電気を起こしやすかったりしませんか?

『NウォームWスーパー』はなんと"アミノ酸配合"なので肌に優しく、しかも特殊な糸を使用しているので、静電気を軽減してくれるのですー!!

私の娘は冬になると、お布団に入った瞬間に静電気を発し、暗闇でぱちっと光っていたんですけれど(笑)、この毛布にしてから静電気をまだ発してないです!!

肌触りがいい上に、私たち女性の冬の悩みまで解決してくれるところが惚れる案件ですね!笑

気づいたら朝!快適温度で朝まで快眠!

もう一つ、皆さんにお伝えしたいことがあります。

"吸湿発熱"が暖かいのはわかるけど、だんだん暑くなって蒸れることもありますよね。それで逆に寝冷えしたり...。

『NウォームWスーパー』は中綿に"吸放湿わた"という特殊な綿を使用していて、湿度をコントールしてくれるので蒸れにくいんです!!これは男性にも嬉しいですよね。

私は睡眠が浅いので、夜中に3回くらい起きてしまうのですが、『NウォームWスーパー』を使ったら...

  • 布団に入った瞬間:「肌触りよくて気持ちいいな~」

  • 少し時間が経つと:「どんどんあったかくなってきた~スヤッ(入眠)」

  • 夜中~朝まで:快適温度で夜通し熟睡...「気づいたら朝!」

という感じで寒くもなく暑くもなく、快適に爆睡できてびっくりしました。

進化が止まらない!今年のNウォームはお値段そのままであったかさアップ

今年のNウォームは全シリーズ、2枚合わせ毛布で厚みがあってより暖かいです。

価格は昨年と変わらないのに、使い勝手がどんどん良くなっていますね。

そして家族全員分買わないと気持ち良すぎて毛布争奪戦になります!!私は娘に取られました(泣)。

買うなら今月中!完売アイテムも...

Nウォームシリーズは季節限定アイテムなので、ある程度売れてしまうと再入荷しません。特に大きいサイズ(クイーンサイズやダブルサイズ)は元々在庫が少ないので完売になるのが早いです!

12月あたりからどんどん品薄になっていくので、買い逃さないために今月中に買うことをおすすめします!

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

※2021年11月26日現在の情報です。本サイトで提供する情報、あるいはメンバーにより投稿された文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれることをあらかじめご了承ください。当社はその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いかねます。

⇒人気ショップの“買うべき”おすすめ【福袋2022】!早くも中身バレちゃってる系

⇒今日から視聴できる【韓国ドラマ一覧】!ラブコメ・恋愛・時代劇も大充実

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事