やっぱり気になる「白髪」の存在!40歳からの【グレイヘア】で世界が広がった件

  • 2021年12月02日公開

こんにちは!ヨムーノライターのlovekuma_emilyです。

いつもは大好きな100円ショップのおススメ商品のご紹介が多いのですが、今回はアラフォーとなった私が悩みながらグレイヘアを目指したお話。

グレイヘアとは白髪を染めずに白髪を生かしたヘアスタイルのことです。大人の女性だからこそ楽しめるグレイヘアについて参考になれば幸いです。

ある日の脱白髪染め宣言

ある日インスタグラムにこの画像をpostしました。

もう白髪染めをしません! という宣言です。

実はこの宣言をする半年前、40歳になる月に、20歳から染めてきた白髪染めを辞めると決心し美容室の方に相談して白髪染めをせずに、おしゃれ染めと明るいメッシュをたくさん入れて、脱白髪染めを始めていました。

▲誕生月に白髪染め無しのヘアカラーをした時

よく見ると脇の辺りや頭部のあたりに白髪が混ざっていることがわかると思います。

白髪染めをしていた39歳と10ヶ月の頃

それまでは毎月白髪染めをしていたので月のうち2週間はこの色ですが、3週間目にもなると根元の白髪が目立ち始め、4週間目には根元の白髪が1cm近く伸びて、結局気になってしまい、また白髪染めをする……。

私はこの作業を約20年間繰り返してきました。

毎月染めていたとして単純計算で、240回も白髪染めをしてきたことになります。

40歳になる時ふと思ったこと

私は20年間白髪染めをしてきた……。また同じく20年間60歳になる時まで、白髪染めをしていくのかな……。

そもそも何故白髪染めをしているのだろう?……と。
そこで、今まで白髪を染めてきた理由を考えてみました。

白髪を染めてきた大きな理由は2つ

  1. 白髪があると老けて見えるから

  2. 同じ年頃で白髪の人がいないから

でした。
本心では白髪染めをしたくないのに、果たして白髪染めは自分のためになっているのだろうかと思った時、隠している自分に違和感を覚えました。

40歳という節目も私の背中を押してくれて、他人から見られた時のことばかり気にし過ぎる自分より、自分らしく白髪は私の一部として見せていこうと!

そう考えたら急に気持ちが楽になったのを覚えています。

グレイヘア入門にはおしゃれ染め&メッシュ

白髪を辞めて半年後、白髪部分が10センチ以上になり、また美容室で明るいメッシュを沢山入れてもらって、白髪とメッシュが自然と繋がるようにしてもらいました。

1ヶ月もすると白髪部分のおしゃれ染めの色も抜け、白髪とメッシュが混ざりはじめます。
※白髪染めをしていると白髪部分がこのように白くメッシュのようにはなりません。

メッシュやおしゃれ染めをしたことにより、急に白部分と黒い部分に分かれるわけではなかったので、徐々にグレイヘアの自分を受け入れていけるようになりました。

脱白髪染めをする場合、このメッシュやおしゃれ染めから始めると、グレイヘアに移行しやすいと思いますよ!

グレイヘアというポジティブな言葉

脱白髪染めを宣言した日から、同じような方々に沢山出会いました。
私の住む青森ではグレイヘアの方にはなかなか出会いませんが、インスタグラムでは素敵なグレイヘアやプラチナヘアの方々が沢山いることを知り、励ましの言葉や自分もグレイヘアを目指したい!と、脱白髪染め宣言をしてから日々勇気や希望、元気を貰うことができています。

今では脱白髪染めから一年も過ぎるとグレイヘアの部分も増え、メッシュも入れることなく自然な髪の色で過ごせるまでになりました。

↑お風呂上がりのグレイヘアです。
10年くらい前までは白髪とはネガティブなイメージでしたが、最近では自分らしく白髪も自分の一部として受け入れ、ファッションとして楽しむ女性が増えてきています。

大人だからこそ楽しめるのがグレイヘアなのです。

グレイヘア移行中はヘアバンドが伸び始めの白髪を隠すのに重宝します。
最近は隠すためのアイテムだったヘアバンドも、グレイヘアを見せながらファッションとして使えるようになりました。

もちろん年齢による髪質の変化と一緒に、白髪もうねったり広がりやすかったりとお手入れは必要です。

髪が白い分、乱れも目立ちますのでヘアケアは大切です。
まずは自分に合った美容室を見つけ、相談できる環境があると良いと思います。

グレイヘアで世界が広がった私のように、皆さんもグレイヘアで素敵な出会いがありますように。

最後までご覧頂きありがとうございました!

⇒人気ショップの“買うべき”おすすめ【福袋2022】!早くも中身バレちゃってる系

⇒今日から視聴できる【韓国ドラマ一覧】!ラブコメ・恋愛・時代劇も大充実

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事