品切れ前に欲しい!【メンズ用着る毛布】激推し6選「全身フィットで極暖」「万能すぎて驚愕」

  • 2021年12月24日更新

男性にとっても冷えは万病のもと。外出先ではもちろん、室内でも暖かくして過ごしたいものです。全身を温めてくれる着る毛布があれば、エアコンの設定温度を低めに設定しても快適に過ごせます。

とはいえ、商品の種類が多く、どれを選べばいいのか迷いますよね。そこで今回は、メンズ用着る毛布の選び方のポイントとおすすめアイテムをご紹介します。ぜひ、お気に入りを見つけてみてください。

メンズ用着る毛布選びの3つのポイント

メンズ用の着る毛布を選ぶ際は、以下の3つのポイントに着目しましょう。

タイプで選ぶ

メンズ用の着る毛布には、主に下記のような種類があります。

・ガウンタイプ:サッと羽織ることができ、室内の温度に合わせて脱着しやすいところが特徴。ガウンベルト付きの商品なら丈の調整がしやすく、動きやすい長さをキープできます。

・ボタン・ファスナータイプ:全面をボタンやファスナーで閉めることができ、はだけにくいところが特徴。ガウンタイプよりもフィット感や温かさを求める人におすすめです。

・ポンチョタイプ:頭からすっぽりと被ることができ、脱着しやすいタイプ。他のタイプよりもゆとりがあり体を締め付けないので、リラックスムードのときにピッタリです。

・つなぎタイプ:全身をしっかりと包み込むことができ、冷気が侵入しにくいところが特徴。しっかりと寒さ対策をしたい人に向いています。

このように、タイプによって着心地や温かさが異なるので重視したいポイントと照らし合わせながら選んでみてください。

素材で選ぶ

ふわふわと柔らかいメンズ用の着る毛布には、主に下記のような素材が使用されています。

・フリース:ポリエステルから作られている軽くて保温性が高い起毛素材。速乾性も兼ね備えているため、自宅で洗濯しやすいところがポイントです。

・マイクロファイバー:ポリエステルやナイロンから作られている合成繊維。髪の毛の100分の1以下の細さが大きな特徴。極細繊維だからこそ生み出せる柔らかさが大きな魅力です。

・フランネル:羊毛を原料としている紡毛糸を使用した毛織物。ウールを使用しているので温かく、弾力のある独自な風合いが特徴です。

・ボア:もこもことしておりボリュームのあるボア素材。保温性が高いため、着る毛布の裏地に使用されることがあります。

素材によって着心地や温かさが異なるので、使用する場所や好みに合わせて選んでみてください。

プラスアルファの性能で選ぶ

メンズ用の着る毛布を選ぶときには、好みのデザインと併せて下記のようなプラスアルファの性能もチェックしておきましょう。

・ポケット付き:スマートフォンやテレビのリモコンなど、室内で傍に置いておきたいアイテムが収納できます。
・フード付き:被るだけでなく首周りにボリュームが出るので温かくなります。
・静電気防止機能付き:冬季に気になる静電気が起こりにくい加工が施されています。
・洗濯対応:自宅で手軽に洗濯ができるため、清潔に保ちやすくなります。

使用シーンに応じた機能が備わっていると断然使いやすくなるので、購入前に決めておくとよいでしょう。

寒い季節のルームウェアに!おすすめメンズ用着る毛布6選

ではさっそく編集部が厳選したメンズ用着る毛布を6つご紹介します。

ファスナー仕様で寒さをしっかりとガード

  • Honour Fashion「着る毛布 メンズ」
    参考価格:3,043円(税込)

網目模様のおしゃれなデザインが目を引くメンズ用着る毛布。大きめのフードとスマートフォンやリモコンを収納できるポケットが、アクセントとなっています。

ファスナー仕様なので冷気が入り込む隙間を作りにくく、寒さをしっかりとガード。脱着もしやすく、ルームウェアやバスローブ代わりに手軽に着用できます。デザインにこだわった着る毛布が欲しいと思っている人におすすめです。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天市場】販売ページを見る

ポンチョと毛布の2Wayで使えて便利

  • Catalonia「ポンチョにもなる2wayブランケット」
    参考価格:3,998円(税込)

襟元のボタンを閉めるとポンチョに、ボタンを外すと1枚布のブランドになるところが大きな魅力。室内の温度や使用する場所に合わせて2通りの使い方ができます。

表地は手触りのいいマイクロファイバーを使用し、裏地には温かみのあるボア素材を使用。2枚布にすることで保温性を高めて、寒さを感じさせないよう工夫しています。使い勝手のいい着る毛布を使いたい人は、ぜひチェックしてみてください。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天市場】販売ページを見る

ゆったりとしたシルエットで着心地抜群

  • Winthome「着る毛布 M、XLサイズ (ブルー, XL)」
    参考価格:4,299円(税込)

大きめのシルエットが印象的なポンチョタイプのメンズ用着る毛布。体を締め付け過ぎないので、窮屈さや重さを感じることがありません。

温かさを重視した2層生地となっており表地にはマイクロファイバー、裏地にはふわふわとしたシェルパ素材を採用。裏地に使用しているシェルパ素材は羊毛のように保温性が高く、温かく包み込んでくれます。

リラックスタイムに気軽に着用できるアイテムを探している人は要チェックです。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天市場】販売ページを見る

トレンチコートのような大きめの襟がアクセント

  • groony「着る毛布 ルームウェア 着丈135cm ツイードベージュ」
    参考価格:3,990円(税込)

トレンチコートのような大きな襟がアクセントのメンズ用着る毛布。首元は二重生地になっており、温かさとデザイン性を両立しています。

袖口にゴムを入れて作業をしやすくしたり、大きめのポケットを両側に配置し小物を携帯しやすくしたりと利便性も抜群。ルームウェアとして、大活躍すること間違いなしです。

毎日使いたくなるお気に入りのメンズ用ガウンを見つけたい人にピッタリです。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天市場】販売ページを見る

静電気抑制効果のあるカーボン糸を使用

  • ナイスデイ「mofua (モフア) 着る毛布 ブラック Lサイズ」
    参考価格:4,280円(税込)

寒い季節になると気になる静電気を抑制できるカーボン糸を使用。着る毛布を着用したときに、静電気が起きにくくなっています。

マイクロファイバー素材を使用しており、軽くて滑らかな肌触りを体感できるところもポイント。温かな空気を貯め込みやすい極細繊維なので、一度温まると冷えにくくなります。

機能性を重視して使いやすい着る毛布を選びたい人は、ぜひチェックしてみてください。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天市場】販売ページを見る

足先まで寒さをガードできるつなぎタイプ

  • nissen(ニッセン)「パジャマ・ルームウェア あったか着る毛布」
    参考価格:4,790円(税込)

体型に合わせて全身にフィットする足先まで暖かいつなぎタイプ。ガウンタイプやポンチョタイプは下半身が寒くなりやすいですが、つなぎタイプならパンツのように覆えるので寒さをしっかりとガードできます。

ファスナー仕様なので脱着しやすく、トイレ等にも行きやすいところも魅力的。部屋で過ごす時間は徹底的に温かくしたい人にピッタリです。

【Amazon】販売ページを見る

【楽天市場】販売ページを見る

愛用したいメンズ用の着る毛布を選んでみよう

メンズ用の着る毛布があれば、寒い季節のルームウェアやアウトドアのお供として活用することができます。今回ご紹介した選び方を参考に着る毛布のタイプや素材、プラスアルファの性能をチェックしながら選んでみてくださいね。

※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

【こちらもチェック】充電式カイロ おすすめ記事

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事