一つ星シェフ鳥羽さんが参戦!【スシロー】ネタが豪華すぎる“すき焼き”っていったい何者?

  • 2021年12月02日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部グルメ担当です。

一つ星シェフ鳥羽周作氏との『新ガチうまPROJECT』第二弾!
スシローは、一つ星レストラン「sio」のオーナーシェフ鳥羽周作氏との共同制作『新ガチうまPROJECT』第二弾の商品「すき焼き海鮮おせちらし」を12月15日(水)より、スシロー全店およびテイクアウト専門店『スシロー To Go』、『京樽・スシロー』にて販売します。
また、スシローにて現在予約を受け付けております。

ここでは、その概要をご紹介しています。

すき焼き海鮮おせちらし 税込1,890円

今回お持ち帰りの商品を皆様にもっとお楽しみいただきたいと考え、代々木上原にある一つ星レストラン「sio」のオーナーシェフ鳥羽周作氏と共に“冷めてもおいしい”新ジャンルのテイクアウト限定商品を開発しました。

年末年始にふさわしい期間限定の商品「すき焼き海鮮おせちらし」を販売します。
「すき焼き海鮮しゃり弁」からネタがより豪華になり、数の子一本羽、ボイル本ずわい蟹、蒸しあわび、うにが贅沢に盛り付けられており、年末の食卓をより一層華やかにする一品に仕上げました。

▲すき焼き海鮮おせちらし

「すき焼き海鮮おせちら」販売期間

2021年12月15日(水)~2022年1月3日(月)

「すき焼き海鮮しゃり弁」がさらにネタが豪華になって登場します!
数の子一本羽、ボイル本ずわい蟹、蒸しあわび、うにが贅沢に盛り付けられています。

すき焼き海鮮しゃり弁 税込1,100円

「すき焼き海鮮しゃり弁」は、鳥羽周作氏監修の甘じょっぱいすき焼きに、スシローこだわりのほどよい甘みのしゃりと自慢の海鮮をちりばめています。

これまでの概念をくつがえす“すき焼き”と“おすし”の新たな出会いをお楽しみいただけるテイクアウト限定の商品です。

開発のきっかけは、鳥羽周作氏から冷めてもおいしいものを作ろうという提案から始まり、スシローのしゃりは甘みが強いので海鮮とお肉が合う、ということで「すき焼き海鮮しゃり弁」が誕生しました。

悲報!自転車の振動で海鮮が偏る可能性大

▲すき焼き海鮮しゃり弁

「すき焼き海鮮しゃり弁」はテイクアウト限定メニューです。 自転車で持ち帰る時は、振動で具が偏らないように注意が必要です(食べる前に写真撮りたい人に限る)。

お正月気分も感じる「すき焼き海鮮しゃり弁」は確かに美味しい!

大半はよくある“海鮮ちらし”なのですが、甘じょっぱいすき焼きの存在が期待をいい感じで裏切る味わいで美味しい。

すき焼き肉を食べると、脳内変換で濃厚な甘いタレの味わいがくるイメージがあるのですが、「すき焼き海鮮しゃり弁」はそれがなく、さっぱりとしたシャリの味わいに新鮮さがあります。

質重視で税込1,100円なので、お腹いっぱいになるようなボリュームはありません。
ただ、機会があれば食べておいても損はしない味わい。

子どもよりも両親が喜ぶ味わいかもですね。

「すき焼き海鮮しゃり弁」発売日程

・~2021年12月14日(火) まで
・2022年1月4日(火)~

冷めてもおいしい”「すき焼き海鮮しゃり弁」「すき焼き海鮮おせちらし」のこだわり!

「すき焼き海鮮しゃり弁」、「すき焼き海鮮おせちらし」では、しゃりの上にまんべんなくすき焼き肉が敷かれ、鳥羽シェフのアイデアでお肉の脂を軽くするためになますも使用しております。

⇒人気ショップの“買うべき”おすすめ【福袋2022】!早くも中身バレちゃってる系

⇒今日から視聴できる【韓国ドラマ一覧】!ラブコメ・恋愛・時代劇も大充実

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事