550円で売っちゃダメ!【キャンドゥ】「2倍しても買う」「ド素人なのにプロ顔負け」超お得3選

  • 2021年12月05日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

最近は100円ショップでも100円以上の商品をよく見かけるようになりました。

100円ショップの中で見ると高く感じますが、その実力は本格派!実はコスパに優れたアイテムばかりなんです。

今回は、100均巡りと素敵なインテリア写真を見るのが好きな、ヨムーノライターのmochiさんに、【キャンドゥ】のおすすめ「550円アイテム」を教えてもらいました!

550円で売っちゃダメ!「ド素人なのにプロ顔負け」

まずは、キャンドゥで新発売された、話題のアイテム「ミニフォトスタジオ(撮影セット) 550円(税込)」をご紹介します。自宅にいながらプロ級の写真が撮影できるんです!

素人でもプロ級の仕上がり!?100均で買える写真撮影キット

キャンドゥの「ミニフォトスタジオ(撮影セット)」は、550円でキレイな写真が撮影できる夢のようなアイテム。相場は3,000円くらいするので、とてもお得です。

発売当初からSNSで「テクニックなしできれいに撮れる」「2倍しても買う」と、機能性と安さで話題になりました。

  • サイズ(約) 22×23×24cm
  • 主な材質 ポリプロピレン
  • 付属品 マイクロUSBケーブル(充電式ではありません)

パッケージには折りたたまれた状態で入っています。撮影する時だけ出せば収納も困りません。仕事や趣味はもちろん、たたんで外に持ち出しも可能です。

本体の撮影ボックスの他に、撮影用の背景スクリーンまで付いてくるんです!白と黒の2色が入っていて、撮影したいものに応じて色を変えられます。

撮影ボックスの上部にはLEDライトまで付いています!照明の準備は必要ありません♪

撮影準備は30秒で完了!

まずは撮影ボックスを組み立てます。本体左右にスナップボタンが付いているので、穴の開いた箇所を真ん中に入れ込んだら、はさむようにボタンを留めます。

撮影ボックスの奥の上部に、背景スクリーンを引っかけるツメがあります。背景スクリーンの穴をツメに通して引っかけます。

ただし1つだけ残念なポイントが!こちらの背景スクリーンは外れやすかったです。使うときはテープなどで軽く付けるか、撮影する物を置くなどして固定するのがおすすめです。

さらにボックスの右上にUSBケーブルを接続します。アダプターは付いていないので、手持ちのアダプターを使ってくださいね。

コンセントに差し込むと同時にLEDライトが点灯します。これで準備は完了です!

写真屋さん、100均で買ってすいません!

手持ちの小物を撮影してみました!まずは白の背景です。余計な反射がなく、めちゃくちゃキレイに撮影できましたー♪

こちらの小物は100均の商品ですが、高級感が凄いです!

続いては黒の背景で挑戦。ゴールドを引き立てて引き締まった写真になりました!

撮影ボックスの大きさには限りがあるので、アクセサリーや腕時計などの小さな物の撮影に適しています。横向きで撮影すると左右の壁が映り込むので、縦向きの撮影がおすすめです。

バズってバカ売れ!「今や必需品」550円家電

ここ数年でオンライン化が進んだこともあり、100円ショップにもスマートフォン関係のグッズが充実してきました。続いては、キャンドゥで見つけた、驚きのスマホグッズをご紹介します!

キャンドゥって家電量販店?100均のレベルを超えたスマホホルダー

キャンドゥで購入したのは、発売当初はSNSでも話題になった「LEDライト付きスマホホルダー 550円(税込)」です。

家電量販店で買うものが、100均で買える時代になりました!

クリップを挟んでテーブルや机にセットして、スマートフォンを固定させて使います。パッケージには商品がそのまま入っているので、難しい組み立ては必要ありません!

スマホホルダーのみ取り付けが必要ですが、先端の銀色の丸い部分にはめ込むだけと簡単です。

アームがフレキシブルに曲がるので、さまざまな角度からの撮影が可能。写真や動画の撮影はもちろん、リモート会議や動画配信、自撮りにもおすすめです。

  • サイズ(約):ライトの直径9cm、ライトのアーム40cm、ホルダーのアーム24cm、ケーブル150cm
  • 材質:スチール、ABS樹脂、ポリプロピレン
  • 定格入力電圧:DC5V
  • USB規格:5.0V/2.0A ※2.0Aを超える出力の使用はしないでください。

ふわふわクッションで挟み放題!

大きめのクリップを机の端などに挟んで使います。クリップの先はふわふわのクッション材付きで、机を傷つける心配は不要!固めなのでガッツリとはさんでくれます。

  • クリップ対応サイズ:20~40mm

スマートフォンを取り付けるホルダーは、先端が360度回転します。縦向き・横向きどちらの撮影もOK!さらに上向きや下向きの撮影もラクラク♪

  • ホルダーの耐荷重:300g
  • スマホ取り付け可能幅:58~85mm

ライトの明るさはまさかの"10段階"

ライトは3色の切り替えと10段階の明るさ調節が可能。ちなみに写真は白色で一番明るい照明です。LEDなので眩しいくらい明るいですよ。

  • ライトカラー:白色、暖色、白色+暖色

コードにはライトの調節ができるリモコン付き。配信中でも手元で切り替えができます。一番上から「明るくする」「ライトカラーの切り替え」「暗くする」「電源」となっています。

ちなみに接続はUSBコネクタです。アダプターは付いていないので、手持ちのアダプターを使用してくださいね。

今までの苦労は何だったの?リモート会議が本格的に

机の手前に付けてみましたが、フレキシブルなアームのおかげでベストポジションにセットができました!部屋の間取りや被写体の身長に合わせて、自由にセットして使えます。

今まではスマートフォンでリモート会議をするときに、スマホスタンドを使っていました。角度調節ができないのが不便でたまらなかったのですが、LEDライト付きスマホホルダーがあれば角度も明るさもバッチリですね。

キャンドゥに「カインズの話題作」いた!ズボラ感涙

最後に、今SNSで話題沸騰中の、キャンドゥの「卓上クリーナー」をご紹介します。

カインズにそっくり!乾電池式卓上卓上クリーナー

シンプルなデザインがおしゃれなキャンドゥの「乾電池式卓上クリーナー 550円(税込)」。これ、カインズの『卓上クリーナー 598円(税込)』に似てません?

カインズのクリーナーは、発売当初「小さなロボット掃除機が出た!」とSNSで話題をさらいました。そんな話題の商品が、なんとキャンドゥからも発売されました!

  • 材質 本体:ABS、ナイロン 付属ブラシ:PP、ナイロン
  • サイズ 約直径85×高さ55mm(ブラシ含まず)
  • 使用電池 単3アルカリ乾電池2本(別売)

裏側にはゴミをかき集めるブラシと、中央に吸い込み口があります。

とってもシンプルな作りですが、果たしてゴミをしっかりと吸い込んでくれるのでしょうか?結果が楽しみです。

使い方&お手入れ方法は超簡単!子どもの机の掃除にもおすすめ

下のブラシ付きのパーツ(ダストケース)は、左に回すと外れます。中には黒い内部ファンと、取り外し可能なフィルターが付いていました。

ダストケースを取り付けるときは、フィルターを取り付けてから本体にかぶせて右に回すと固定できます。

上のパーツ(乾電池カバー)を外すと、乾電池が入れられるようになっています。別売りの単3電池2本が必要です。

ちなみに、乾電池カバーはダストケースを外してからでないと外れないようになっています。

いざスイッチオン!ゴミをすいすい吸って楽しい~♪

スイッチを入れるときは、本体横の電源スイッチを押してオンとオフを切り替えます。操作も簡単ですね♪

仕事や勉強をした後は、机の上が汚れてしまうんですよね...。早速、机の上の消しゴムのカスを吸ってみましょう。

音は小さいけれど

スイッチを入れてみると、私の予想よりもかなり小さな音でスタートしました。

「音が小さいけどちゃんと吸ってくれるかな?」と心配でしたが、消しゴムのカスの上を滑らせてみるとグングン吸い取ってくれます!これはめちゃくちゃ楽しい!

なんと、10秒もかからず吸い取りが完了しました。ゴミの上を一度滑らせただけなのに、机の上が瞬く間にキレイに♪

今まではふきんや卓上ほうきでゴミを取っていましたが、手間も時間もかからず大満足です!これなら子どもの学習机の掃除にぴったり。

卓上クリーナーは置きっぱなしでも場所を取りません。汚れが気になったらすぐにお掃除できるのが嬉しいポイント。オフィスのデスクやリビングに置いておくのもいいですね。

550円でも買う価値アリ!

キャンドゥのおすすめ550円アイテムをご紹介しました。

家電量販店もびっくりなクオリティーとコスパのものばかり!ぜひキャンドゥでお得にゲットしてくださいね。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。
※記載の情報や価格については執筆当時のものであり、変動する場合があります。また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

⇒人気ショップの“買うべき”おすすめ【福袋2022】!早くも中身バレちゃってる系

⇒今日から視聴できる【韓国ドラマ一覧】!ラブコメ・恋愛・時代劇も大充実

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事