“お祝い”の相場ってどれくらい?「お祝いごと」に関する実態調査

  • 2019年08月25日更新

大人になるにつれ、お祝いごとの場に招かれることが多くなり、ご祝儀やお祝いの品を贈ることも増える。一般的に結婚や出産、引っ越しなどのお祝いの際はいくらくらいのお金や品物を渡しているのだろうか。

今回ヨムーノ編集部は、20歳~49歳の男女443名を対象に、「お祝いごと」に関するアンケート調査を実施。それによると93.4%の人が「ご祝儀」や「結婚祝い」を、88.1%の人が「出産祝い」を、69.7%の人が「新築祝い」や「引っ越し祝い」を贈っていることが分かった。

結婚祝いでは「20,001円~30,000円の現金」を贈る人が最も多く、出産祝いでは「3,001円~5,000円の品物」を贈ると答えた人が最も多かった。出産祝いについては、女性は後輩や知人などにも「3,001円~5,000円の品物」を贈る人が多かったが、男性は「何も贈らなかった」と回答した人が多く、女性と男性の出産に対する意識の違いが見られた。一方、新築祝いや引っ越し祝いでは仲の良い友人に対しても30.3%の人が何も贈っていないことが分かった。

絶対にすべらない人気の贈り物

「出産祝いの人気ギフト」お祝い金の相場やマナーも総まとめ

引っ越し祝いの最新トレンドは「国産うなぎ」!?本当に喜ばれるギフト&マナー

小学生・乳幼児におすすめの誕生日プレゼント!今年はこんなトレンドが人気です

「ご祝儀」や「結婚祝い」は「20,001円~30,000円」が相場!

はじめに、「『ご祝儀』や『結婚祝い』は、どれくらいの金額の現金や品物を贈っていますか?」と質問した。結果、仲の良い友人、先輩・上司、後輩、親戚へは「20,001円~30,000円の現金」を贈っている人がそれぞれ35.5%、28.3%、23.4%、22.1%と最も多かった。なお知人へは「10,000円以下の現金」を贈る人が22.6%で最も多かった。

男女別に見ると、仲の良い友人や上司・先輩へは相場と同じく「20,001円~30,000円の現金」を贈る人が一番多い結果だったが、男性の場合知人だけでなく後輩へのお祝いごとも「10,000円以下の現金」を贈る人が25.9%と最も多かった。

「出産祝い」は「3,001円~5,000円」が主流!女性は品物、男性は現金の傾向。

続いて「出産祝い」について質問したところ、仲の良い友人、先輩・上司、後輩へは「3,001円~5,000円の品物」を贈ると答えた人が最も多く、それぞれ22.8%、21.1%、18.8%だった。

また、男女別に結果を見ると、女性の場合は仲の良い友人、先輩・上司、後輩、知人へのお祝いでも「3,001円~5,000円の品物」を贈る人が一番多かったが、男性の場合は仲の良い友人や親戚以外には「何も贈らない」と答えた人が最も多かった。

親戚に対してのお祝いは男女ともに「20,001円~30,000円の現金」を贈った人が多かったが、さらに男性は仲の良い友人へのお祝いでも「20,001円~30,000円の現金」を贈った人が一番多く、男女でも出産祝いを贈るのか贈らないのか、そして品物か現金かに違いが現れた。

「新築祝い」「引っ越し祝い」は3割以上の人が「贈らない」

さらに、一戸建てやマンションを購入したり家を建てるなどした時に贈る「新築祝い」や「引っ越し祝い」について質問したところ、3割以上の人が「何も贈らなかった」と答えた。

2番目に多かったのは「5,000円以下の品物」だった。「新築祝い」や「引っ越し祝い」は何も贈らない人が多いようだ。

なお結婚祝い、出産祝い、新築祝いなど「お祝い」を贈らなかった理由について聞いたところ、34.4%の人が「そこまで仲が良くないから」と回答した。

また「余計気を使わせたらダメだと思った」など、相手との関係性への配慮も必要なようだ。「新築祝い」や「引っ越し祝い」については「知らなかった」「新築祝いはごく近い身内だけで贈るものだと思っているから」「考えていなかった」などの声も聞かれた。

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事